横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市緑区|外壁の汚れが気になるお住まいは低汚染塗料で綺麗長持ち

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市緑区|外壁の汚れが気になるお住まいは低汚染塗料で綺麗長持ち

    更新日:2016年4月1日

    本日ご紹介いたしますのは横浜市緑区で行った外装リフォーム事前調査です。以前から外壁の汚れが気になっていたそうで、ご自分で洗浄機を購入して洗っていたこともあるそうですが、すぐに汚れが付着してしまうということです。ホームセンターなどでも今は高圧洗浄機が購入できますが、お住まいの弱い部分などを行う場合は注意しなければ破損させてしまう危険があります。また、塗膜が傷んできていると、高圧洗浄によって塗膜が剥がれてしまいます。塗装工事を行う前に高圧洗浄をして、古い塗膜が剥がれてしまってもその後塗装をするので問題ありませんが、高圧洗浄だけ行って塗膜が剥がれたままで放置すると下地が傷んでしまいます。ですので、ご自分で高圧洗浄を行う時は特に注意が必要です。
    ホームページで低汚染塗料の存在をお知りになって弊社にお問合せをいただいたのですが、まずはお住まいを点検させていただき最適な工事をご提案させていただきたいと思います。

    横浜市緑区 低汚染塗料を使った外壁塗装 事前点検 横浜市緑区 低汚染塗料を使った外壁塗装 塗膜が剥がれている

    これから調査を行うお住まいです。白で統一された素敵なお住まいですが、全体的にうっすらと汚れており、さらに色褪せからくすんだ色に見えます。
    お住まいをさらに近くで確認すると、塗膜が剥がれかかっている箇所がありました(右写真)。これは塗膜が劣化した証拠です。古くなった塗膜はこのようにひび割れを起こしやすくなり、剥がれて下地が露出すれば内部までもが劣化してしまいます。また、手で触れた時に塗料が粉化したチョーキング(白亜化)という現象が見られることがありますが、これらはすべて外壁塗装を行う時期であるサインです。

    横浜市緑区 低汚染塗料を使った外壁塗装 事前点検 コーキングがひび割れしている 横浜市緑区 低汚染塗料を使った外壁塗装 事前点検 塗膜が剥がれている

    サイディングの目地コーキングにひび割れがありました(左写真)。コーキングは本来弾力があり、外壁材の伸縮に追従するものです。しかし、年数が経ってコーキング自体の耐用年数が過ぎると弾力は失われひび割れを起こします。また、痩せも発生してくると目地に隙間ができてそこから雨漏りしてしまう場合もあります。
    右写真は帯板部分ですが、ここの塗膜も剥がれています(右写真)。早めに塗装で保護しなければ紫外線や水分の悪影響を受けて傷んでしまいます。

    横浜市緑区 低汚染塗料を使った外壁塗装 事前点検 軒天のひび割れ 横浜市緑区 低汚染塗料を使った外壁塗装 事前点検 軒天が汚れている
    軒天にもひび割れがあり(左写真)、さらに有孔 ボードも汚れが付着していました(右写真)。何度かご自分で高圧洗浄をしたというお話でしたが、このような箇所までは手が出なかったのでしょう。
    汚れが付着するのはお住まいであれば仕方がないと思われるかもしれませんが、塗料に汚れが付着しにくい低汚染塗料というものがあります。また、たとえ汚れがついても降雨により洗い流してくれるので長期に渡って綺麗な景観を保つことができるのです。他にも光触媒塗料というものもあり、太陽からの紫外線で汚れを浮かせ雨で洗い流すことで綺麗な状態を保つことができます。(詳しくは専用ページをご覧ください)
    現在ご自宅の汚れにお困りな方はこのような塗料を検討してみてはいかがでしょうか?

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-01-13 08:06:19 横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘で日本ペイントパーフェクトトップND-503を使用しての外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市保土ヶ谷区T様宅で行われました、外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。T様宅は築35年、先10年程は安心して暮らせるメンテナンスを、との事で今回屋根・外壁の塗装を行う事になります。もともとは屋根の劣化が顕著になり、屋根のみのメンテナンスをお考えでしたが、足場の有効活用も考慮に入れ、外壁の塗装も併せて行うことになりまし...続きを読む

      2019-01-11 15:02:58 横浜市青葉区美しが丘で行った外壁調査、ALCを使用した外壁は水を吸いやすいので早めに塗装でメンテナンス

      IMG_8524

      近年外壁に使用される材料はいくつか種類があります。大手の住宅メーカーで使用されるケースが多いのはALCという材料です。軽量気泡コンクリートを短縮してALCと呼んでおります。コンクリートなのに軽く、断熱性や耐震性、耐火性、耐久性に優れており、多くの新築建物に使用されております。メリットやデメリットと言ってしまうと「良い」とか「悪い...続きを読む

      2018-12-28 13:02:51 横浜市港北区新吉田東にて屋根・外壁塗装が竣工、その前後の外観を比較

      IMG_8524

      横浜市港北区新吉田東にて屋根外壁塗装が完工し、足場が解体になりその全貌が見れるようになりました。 調査時の塗装前の外観と、塗装後まだ間もない外観を写真を使って見比べてみます。今回使いました塗料は外壁のメイン部分は日本ペイントさんのパーフェクトトップ、ラジカル制御型塗料にて綺麗に仕上がりました。   狙った...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る