横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > トタン外壁の特徴、メンテナンスの方法をご紹介します

    トタン外壁の特徴、メンテナンスの方法をご紹介します

    更新日:2017年11月25日

    最近のほとんどのお家の外壁と言えば、窯業系サイディングやモルタル壁が主流となっていますよね。
    しかし、一昔のお家の外壁では、トタン外壁というのがあったのをご存知でしたでしょうか。
    トタンというと古いイメージを浮かべる方も中にはいらっしゃるかと思います。
    トタンを使用した建築は、明治から始まっているそうです。屋根や外壁、工場などの外壁に使用されてきました。
    そこで、本日は外壁材の種類の1つ、トタンについてご紹介したいと思います。
    トタン外壁劣化

    トタンとは?トタンの特徴

    亜鉛メッキ鋼板のうち、主に建築材として使用されているものです。
    平らなトタンと凹凸のある波トタンが存在します。
    トタンのメリットには、費用の安さや防水性が挙げられており、また、波トタンの場合には、湿気も滞留しにくいといわれております。
    反対に、トタンのデメリットには、金属製であることから錆びやすいというデメリットがあります。また、平トタンの場合には、打ちつけた外壁に影響が出てしまい、木材が腐るという事もあります。
    費用が他の外壁材に比べて安いという事もあり、その分デメリットも大きいようです。
    そのため、最近ではあまりトタンを使用している方は少ないのではないでしょうか。
    トタン
    工場

    トタン外壁のメンテナンス

    トタン外壁のメンテナンスには、塗装を行うか、トタンを交換するか、他の外壁材に張り替えるかなどの方法があります。
    まず、塗装によるメンテナンスを行うのであれば、トタン外壁の劣化状況にもよりますが、メンテナンスはお家を立ててから6年~10年ほどといわれております。
    トタンの劣化症状が深刻で、トタン自体に穴が空いてしまっているなどの塗装では解決ができない場合には、トタンを交換する方法があります。
    ですので、トタン外壁をずっと長持ちさせたいと思っている方には、なるべくチョーキングの症状が出た時点で塗装を行う事が一番おすすめかもしれません。
    また、トタン外壁を別の外壁材に張り替えたい、と思われている方には、リフォームに適しているサイディングボードがおすすめです。
    サイディングボードについては「今最も人気な外壁材、サイディングとは」を参考にしてみてください。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、外壁、屋根の点検、調査、ご相談、お見積り、全て無料で承っております。
    現在、ご自宅がトタン外壁という方、メンテナンスが必要な方はお気軽に街の外壁塗装やさん横浜店までご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る