横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ベランダの劣化は雨漏りの原因に?

    ベランダの劣化は雨漏りの原因に?

    更新日:2017年10月12日

    ベランダは劣化を放置しておくと雨漏りの原因になってしまうのをご存じでしたでしょうか?ベランダは雨漏りの原因になりやすい箇所のため、防水工事が必要です。
    ベランダの防水塗装をする場合は、表面のトップコートが劣化しているのか、それともトップコートの下の防水層から劣化しているのか、というところをまず確認します。
    ほとんどのお住まいでは、表面だけのトップコートのみを塗装してメンテナンスすることが多いです。
    ed7259d6602cc6eb1d300205cf731cbc1

    防水工事の種類

    防水工法の種類には、ウレタン防水・FRP防水・アスファルト防水・シート防水(塩ビ、ゴム)などがあります。戸建ての場合はほとんどが、ベランダやバルコニーの場合は、ウレタン防水かFRP防水です。特に多く使用されているのは、FRP防水です。
    ちなみに、多く使用されているというFRP防水とは、樹脂に補強材として繊維に組み合わせて作る繊維強化プラスチックです。軽量で、丈夫という特徴があります。耐水・耐蝕・耐候性のある被覆防水層を作り上げることが可能です。
    ウレタン防水工法では、液体状のウレタン樹脂を塗りつけ、化学反応により防水の膜を生成します。軽くて弾力性のある防水層を作ることができます。
    39615e5014a7c510a9842d26296e48b81
    928e2321446c065c98ba8564fd15bca24

    ウレタン防水・FRP防水の特徴

    ウレタン防水は、軽量で弾力性があり、成形性が高く繋ぎ目の無いシームレスな床面になります。しかし、デメリットとして、乾燥期間が長いことと、FRP防水よりも劣化が早いことがあげられます。
    FRP防水は、軽量で耐水性、耐久性に優れています。デメリットは、ウレタンよりも費用が高いこと、施工時に臭いが強いことなどがあげられます。
    また、ベランダに水が溜まってしまっている場合は、屋内へ浸入してしまう可能性もあり、雨漏りの原因に繋がりやすいので注意しましょう。
    排水溝の詰まりが原因で水が溜まってしまう場合は、ご自身で掃除するなどで対処するとができます。
    雨の季節になる前にベランダの排水溝をきれいにすることがお勧めです。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る