横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁がタイルの場合でもメンテナンスは大切です

    外壁がタイルの場合でもメンテナンスは大切です

    更新日:2017年10月11日

    外壁は365日、雨や風などに晒されているため、汚れやすい箇所です。そのため、外壁の塗り替えやメンテナンスは定期的に行わなければなりません。
    外壁がタイルの場合も同様です。外壁がタイルの場合はメンテナンスがフリーだと勘違いされる方も多いかと思いますが、実際には塗り替えは必要ありませんが、メンテナンスは必要です。
    外壁がタイルの場合は、タイル一つ一つが独立しているため、部分的にはがれやすかったり、浮きやすかったりと不具合が出てくることもあります。
    また、タイルの欠損だけでなく、その破片によって周囲の人や物にも被害を与えてしまう可能性もありますので注意が必要です。
    外壁

    タイル欠落の原因とは?

    タイルが欠損してしまう原因には、日射と放冷による表面温度変化で起こる膨張や収縮の繰り返しとその重さにより不具合が起こってしまうとされています。
    他にも、タイルの圧着不足、不純物の付着などの施工上の問題もあります。
    外壁のタイルに不具合が出てきた場合は、他の個所でも同じような症状が起きている可能性があるため、何故不具合が出たのか原因を調べる必要があります。
    ちなみに、最近ではインターネットでタイルの補修方法を掲載していることが多いのですが、実際にDIYで行うには難しい箇所ですので、できるだけ業者にお願いすることをお勧めします。

    タイル
    欠損

    症状別タイルの補修方法

    湿式方法と乾式方法がありますが、悪くなったタイルを補修したり交換するのは同じです。
    ●ひび割れが発見された場合
    タイルを取り外し、新しいタイルに貼り替えます。些細なひび割れであれば、タイルの色に合わせたエポキシ樹脂を使用し補修します。
    ●目地のひび割れが発見された場合
    壁面に生じたひび割れは、エポキシ樹脂で割れ目をふせぎ、壁面に馴染むようにモルタルで仕上げます。
    ●タイルの浮き
    浮いたタイルを壁面から剥がし、モルタルまたは接着剤で貼り直しをします。
    外壁がタイルの場合は、上記でも説明したように、タイルの欠損で2次被害を引き起こす可能性もあります。外壁タイルはメンテナンスフリーではないことを理解し、お住まいのタイルが気になる方は、業者に打診調査を依頼し、症状を見てもらうことがお勧めです。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る