横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 外壁塗装で色見本を使って色を決める時に注意すること

    外壁塗装で色見本を使って色を決める時に注意すること

    更新日:2017年3月29日

    外壁塗装で色を決める際に使う色見本や塗り板はとても便利ですよね。
    ご自身の中である程度色を決めながら、色見本で確認しつつ決めていくかと思います。しかし色見本で色を決める際には注意することがあります。
    塗装中
    パレット
    外壁塗装で使う色見本は3種類あります。
    日本塗料工業会が販売していてすべての色のサンプルを確認できる色見本や塗料メーカーのカタログにある色見本、こちらは実際の塗料を塗ったときに出る発色に近くなるように作ってあるため、カタログに有効期限があります。また、実際に使う予定の塗料を指定した色で、A4サイズに試し塗りしてもらう塗り板の色見本。カタログよりも大きい面積に塗っているのでより本物に近くなります。

    空といえ
    そら
    そこで色見本を参考にする場合、色見本のサンプルが小さいため実際に大きな面積に塗るときに色見本よりも色が明るくなりやすいです。なので、明るい色の場合は少し暗めの色を選び、暗い色は少し明るめの色を選ぶことをお勧めします。また、室内と屋外で見るのでは、色の見え方が違うので注意が必要です。塗り板などを外で見て確認してみるのが良いでしょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る