横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装のさまざまな塗料のご紹介

    外壁塗装のさまざまな塗料のご紹介

    更新日:2017年7月21日

    外壁塗装の塗料選びは、外壁塗装の金額や耐久年数が決まる重要な工程の1つです。塗料についての知識がないと、業者さんが提案してきた塗料が本当に良いものなのか判断がしにくいかと思います。
    そのようなことにならない為にも、塗料の種類、耐久年数、特徴、価格などを知っておくと良いのではないでしょうか。
    本日は、外壁塗装に使用されているさまざまな塗料についてご紹介したいと思います。
    お住まい
    まず、外壁塗装に使われている塗料といえば、アクリル系塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、遮熱塗料、光触媒塗料があります。

    ▼アクリル系塗料…耐用年数は約4年と他の塗料と比べると短く、価格は安いが耐久性が低いため、こまめにメンテナンスが必要になります。

    ▼ウレタン系塗料…耐用年数は約6年、密着性に優れているため、塗装の剥がれが気になる箇所に使用できます。

    ▼シリコン系塗料…耐用年数は約13年、最も主流となっている塗料で、価格と耐久性もちょうどいいことから人気な塗料となってきています。

    ▼フッ素系塗料…耐用年数は約18年、価格は高くなるが耐久性が長いため、1年あたりの価格で考えてみれば安いと言えます。

    ▼遮熱塗料…耐用年数は約13~18年と言われ、樹脂がシリコンかフッ素かによって変わってきます。基本的に樹脂がシリコンなら上記のシリコン塗料とフッ素なら上記のフッ素塗料と同じ耐用年数が期待できます。太陽熱をはじく力があり、外壁や屋根の表面温度を下げることが出来るため、室内の温度が下がり省エネにも繋がります。

    ▼光触媒塗料…耐用年数は約20年、太陽光で汚れを浮かして、雨で洗い流すことができ、汚れが付きにくいのが特徴です。また、空気を浄化する効果も持っているそうです。
    さまざまな塗料
    塗料
    どうでしょうか?外壁塗装の塗料にはさまざまな特徴を持った塗料がありますが、この中から選ぶのはとても悩みますよね。
    しかし、どんなに良い塗料を選んでも、しっかりと施工しなければ、塗料は持つ耐用年数を発揮することはできませんので気を付けましょう。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、皆様のお住まいの外壁の材質・立地状況に応じて最適な塗料をご提案致しております。お気軽にご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る