横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 屋根塗装で節電も可能?遮熱塗料などの様々な塗料をご紹介

    屋根塗装で節電も可能?遮熱塗料などの様々な塗料をご紹介

    更新日:2017年12月6日

    屋根の塗り替えに使われる塗料は、さまざまな種類があります。
    その中でも主に使われている塗料が、シリコン塗料とフッ素塗料です。
    塗料のグレードは費用と比例していて、耐用年数が高いほど費用も高くなります。
    外壁で使われる塗料も同様ですが、実は、外壁と屋根に同じ種類の塗料を使用すると、屋根の方が先に劣化してしまうのをご存知でしたでしょうか?
    外壁で使用した塗料が良かったからといって、屋根にも同じ塗料を使用しても同じ効果が得られない可能性があるのです。
    本日は、屋根の塗料の種類や特徴をご紹介したいと思います。
    7a8c80bb04dd8532d73ff3fdd963c2ba

    屋根塗料の種類

    ・シリコン塗料
    耐久性に優れており、紫外線や防カビなどに強い塗料です。約10年ほどの耐用性があります。

    ・フッ素塗料
    耐熱性や耐寒性に優れており、耐久性も15年ほどと高く、ビルなどにも使用されています。

    ・遮熱塗料
    太陽光の熱を吸収しにくく、反射で室内の温度の上昇を防ぎます。特に夏は、省エネや節電が期待できる塗料になります。自治体によっては、施工費用の負担補助もあります。

    ・断熱塗料
    断熱、遮熱機能を持っており、冬は暖かく夏は涼しい理想の環境を作ることが出来ます。耐用年数も高く、自治体による施工費用の負担補助もありますが、費用は高めです。
    102b48282882cf2dba4f6734f54f2ff6
    e6a45e93c7a5bdf9eb72a6c74b174729

    最近はフッ素塗料や遮熱、断熱塗料が人気?

    上記のように屋根塗料の種類をご紹介しましたが、外壁に使用される塗料と同じく、さらに水性や油性、1液型や2液型などに細かく分かれていきます。
    また、最近では耐久性の高い、フッ素塗料や遮熱性塗料、断熱性塗料を使用する方も増えてきました。
    価格が高い塗料でも、施工費用の補助や次回までのメンテナンスサイクルを考えてみると、トータル的にお得にもなります。
    お家を守ってくれる大切な屋根、塗料や業者選びは慎重に選ぶようにしましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る