横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 万能で高耐久な弾性塗料のエラストコートで外壁塗装|横浜市神奈川区

    横浜市神奈川区の施工事例

    万能で高耐久な弾性塗料のエラストコートで外壁塗装|横浜市神奈川区

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    お隣さんの屋根外壁塗装をしていたところ、弊社の足場職人と塗装職人の作業姿勢や仕上りを気に入って頂いたことで、息子様のお宅と一緒に工事のご依頼を承りました。「どうせやるなら良い塗料がいい」とのご要望に沿って、調査したうえで適正な塗料をご提案させて頂きました。万能で高耐久な弾性塗料のエラストコートを使用しました。

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    エラストコート,ファインSi
    施工期間
    10日間
    築年数
    20年
    平米数
    122.4㎡
    お施主様
    M様
    保証
    10年間
    足場アイコン外壁塗装
    IMG_3625-1
    IMG_3682-1
    外壁を指で触ってみると、指には粉状のものが付着しました。これはチョーキングという現象で、塗膜の防水性能が低下していることを意味しております。防水性能が低下した塗膜は雨水が浸透しますので、下地の亀裂やひび割れを発生させる危険性があります。見回って行くとやはり亀裂がすでに出来ておりました。
    IMG_3650-1
    IMG_3656-1
    サッシと外壁との取合いに隙間が出来ておりました。このような隙間も雨水が浸入しますので、塗るだけではなく埋める作業が必要となります。塗膜をよく見ていくと、塗膜自体のひび割れが見つかりました。特に軒天や鼻隠しに塗られた塗膜にひび割れが見つかりました。塗膜の状態や亀裂、隙間などがあることを考えると、塗装をして10年経過していることもあり、メンテナンスが必要な時期に差し掛かっております。
    IMG_9716
    IMG_9766-1
    まずは水圧を当てて、表面に付着した汚れや苔などを落して塗料がしっかり付着出来る状態にします。足場を建てたこの機に金属部や雨樋などの付帯部も塗装します。サンドペーパーなどを使用して、頑固な汚れや塗料の食い付きを向上させるために、このような塗装前の下地処理を行います。
    IMG_9723
    IMG_9736
    塗装する際にはご自宅の状態により、やっておかなくてはならないこともあります。横浜市神奈川区M様のお宅では、サッシと外壁の間に出来た隙間をコーキング材で埋めました。また亀裂に関しては、サンダーで亀裂の縁をカットして幅を広くして、広くなったところにモルタルを埋めて補修しました。
    IMG_9753
    IMG_9754-1
    隙間や亀裂を埋め終わると、塗り分けが必要なところや塗らないところに養生をして塗装の工程に入っていきます。外壁には、下塗り、中塗り、上塗りと最低3回は塗ります。下塗り作業は、既存の色が見えなくなるまで塗っていきます。下塗り材が乾燥して硬化を確認した後に、エラストコートを中塗り・上塗りとして2回塗っていきます。中塗りは下塗り材の白色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。
    IMG_9757-1
    IMG_9764-1
    中塗りから上塗りに移る間も乾燥して硬化を確認してから移ります。中塗りした塗料が乾燥して硬化を確認してから上塗りに入ります。中塗りのみの部分と上塗りをした部分では色や艶の出方に明らかな違いがあります。上塗りは最後の仕上げではありますが、上塗りを行ったあとには色ムラが出ていないかを確認しながら全体を見て回ります。必要なところは再度塗って調整します。
    IMG_9779-1
    IMG_9772-1
    外壁や軒天、破風、鼻隠しに関してはエラストコートを使用して塗装しましたが、フードや笠木などの鉄部と雨樋やスリムダクトなどの塩ビ部は上塗り材にファインSiを使用しました。ファインSiは2回塗りです。鉄部には下塗り材として、錆び止め塗料のハイポンファインプライマーⅡを先に塗ります。
    IMG_0717
    「色調的には今と変わらない感じがいい」とのご要望で、外壁にはエラストコートのB-967 SteepleGray、軒天や破風、鼻隠しにはB-0 Whiteを使用しました。鉄部や塩ビ部のファインSiは、サッシの白色に近いND-105を使用しております。「前よりもスッキリした感じがしてとても良い」とご満足なご様子でした。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-06-09 18:53:55 川崎市麻生区高石にて築10年目で初めての外壁塗装、モルタル外壁の凹凸には汚れや水分が留まりやすく苔や藻も発生しやすい

      IMG_8524

      築10年経ち、そろそろ家のメンテナンスをと考えはじめたのがきっかけで外壁塗装調査のご依頼を頂きました川崎市麻生区高石にあるお宅へ調査に伺った時の様子を紹介します。 現地に到着し、外観を見たところモルタル外壁で意匠性が高い建物でした。 モルタルを塗る職人さんの腕や考えでデザインが変わる味のある外壁が多いのがモルタルが使...続きを読む

      2019-06-07 08:29:52 横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区篠原町のマンションにて、ALCパネルの外壁塗装の為の調査にうかがってまいりました。 こちらの建物は築15年程で今回が初めてのメンテナンスになります。ALCは軽量気泡コンクリートと呼ばれる建材で住宅やマンションなどの外壁に広く用いられております。サイディングやモルタルを使用した外壁よりも断熱性や耐火...続きを読む

      2019-05-25 08:42:48 横浜市港北区綱島西にて築15年目で初めての外壁塗装のための点検調査、サイディングの目地コーキングの打ち替えは必須です

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区綱島西S様宅にて、築15年目で初めての外壁塗装を行うための点検調査を行いました。きっかけは屋根のアンテナの撤去のご相談で屋根の調査を行ったことです。屋根は棟板金の浮きや釘浮きが見受けられ、屋根材表面も傷みが見受けれたため、棟板金の交換と屋根塗装を行う方向でお話が進んでおりました。外壁は見た目ではまだ大丈夫では、...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る