横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

三浦郡葉山町の施工事例

三浦郡葉山町でモニエル瓦をハイルーフマイルドシリコンで鮮やかに

【施工前】
施工前外観

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
三浦郡葉山町で屋根と外壁の塗装工事です。以前に数件隣のお客様の屋根と外壁の塗装をさせて頂いており、その仕上がりを見てご連絡頂きました。屋根にはモニエル瓦というセメント瓦が葺いてあります。モニエル瓦の特徴は、表面に塗膜の層のスラリー層という非常に脆い層がある事です。普通に屋根の塗装をしてもスラリー層毎剥がれてしまうので、スラリー層を剥がすことがモニエル瓦の塗装で重要になってきます。コケが生えて汚れも付着した屋根がとっても鮮やかになりました。外壁のモルタル部分は吹き付け塗装がしてありましたが、下塗りをちゃんと塗って吸い込みムラを無くす事で綺麗に仕上がります。使った塗料はパーフェクトトップで、汚れの原因になるラジカルを抑える性質があり、汚れも付きにくく耐久性が高い塗料です。屋根も外壁も美しい艶でとっても鮮やかに変わって、お客様に非常に喜んで頂けました。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
ハイルーフマイルドシリコン,パーフェクトトップ
施工期間
17日間
築年数
15年
平米数
120㎡
お施主様
H様邸
保証
10年間
20161007_12691
屋根にはモニエル瓦というセメント瓦が葺いてあります。モニエル瓦の特徴は、表面に塗膜の層のスラリー層という非常に脆い層がある事です。
20161007_5485
普通に屋根の塗装をしてもスラリー層毎剥がれてしまうので、スラリー層を剥がすことがモニエル瓦の塗装で重要になってきます。
20161007_1151
元々はエンジ色だったところに、コケとカビが付着して色が全く変わってしまっています。スラリー層を剥がすことがネックになってあまり塗装されることが少ない屋根材です。
20161007_18621
モニエル瓦の特徴は切り口がガタガタになっている事です。コンクリート瓦と似ています。
20161007_9582
外壁は吹き付けでしあげてあります。南面でもコケの付着が結構見られました。
20161007_4892
北面は特に黒カビの発生です。それ程深く入り込んではいないので、高圧洗浄で落ちるレベルです。
20161007_5720
天気が良すぎて丁度影と重なってしまいましたが、クラックが入っています。この程度の細いクラックであれば雨水が浸入することはありませんが、広がってくると雨水が入り込んでしまい、内側から傷めてしまうことになります。
20161007_5823
竪樋の打ち込み金具回りも少し穴があいてきていますので、塗装前の下地調整で穴埋めします。
20161118_1825
さて、塗装工事開始です。高圧洗浄で念入りに表面を洗っていきます。
20161118_5220
モニエル瓦の洗浄では、汚れを落とすというよりも、スラリー層をしっかり剥がす事に重点をおいて洗浄します。
20161118_66121
スラリー層が剥がれていくので雨樋に溜まる水も真っ赤です。
20161203_6421
この状態ではまだ完全に剥がれてはいない状態です。軍手などで表面をこすった時に色が全くつかない状態にもっていかなければ、塗装をしてもスラリー層毎剥がれてしまうからです。
20161203_6112
使用する塗料は、大同塗料の『ハイルーフマイルドシリコン』です。特徴としては、下塗りが要らず2回塗りで仕上げられる所と、モニエル瓦やかわらUなどの屋根材にも塗装が可能で、耐久性も確保できる事です。
20161203_4724
スラリー層をしっかり剥がせましたので、ハイルーフマイルドシリコンの1回目の塗装を始めます。鮮やかですよね!
20161203_87191
下塗りしていませんが、しっかりと食いついてくれます。通常下塗りをしないと、塗料の付着性が弱いので剥がれてしまうのですが、下塗りを入れずにちゃんと付着しています。
20161203_5400
2回目です。1回目よりも色合いが濃く出てきてとても鮮やかになっています。
20161203_5301
屋根の塗装が仕上がりました。もともとの色と比べるととても明るくなりました。
20161203_6231
仕上げ色は沢山ありますので、お好みの色に塗り替えが可能です。
20161203_3032
外壁の塗装にかかります。外壁の塗装は下塗りをしっかり入れていきます。初めての塗装の場合は結構塗料の吸い込みが激しいので、下塗りで吸い込みムラを無くします。
20161125-1_9687
外壁の仕上げ塗料は日本ペイントのパーフェクトトップです。汚れの原因になるラジカルを抑える性質があり、価格帯はシリコンと同程度ですが、耐久性がシリコンとフッ素の中間位ありますので、コストパフォーマンスが非常に高い塗料です。
20161203_5495
下塗りをしっかり塗っているので、仕上げの塗装が塗りやすいです。今までと色の系統は似ていますが、濃くすることで建物を明るい印象に変えていきます。
20161203_5261
屋根もそうですが、2回塗ることで色がしっかりと出てきます。1回しか塗らない場合とでは仕上がりに雲泥の差が出ます。
20161203_1956
軒裏の塗装もしっかりと。湿気がこもり易い部分なので、湿気を通す透湿性のある塗料を使用します。
20161203_2114
破風は白い色にする事で明るくてスッキリとした印象になります。
20161213_781
お庭側の写真です。南に面していて非あたりは最高です。午前中の10時頃に撮影したのですが、暖かな日差しに包まれて屋根と外壁の色が映えます。
20161213_8335
石は今までのままなのですが、回りの色合いとマッチしていて明るい印象に変わりました。お客様にもイメージ通りになったと喜んで頂けました。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る