横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 屋根塗装と外壁塗装でのメンテナンスは綺麗な色合いで|横浜市緑区

横浜市緑区の施工事例

屋根塗装と外壁塗装でのメンテナンスは綺麗な色合いで|横浜市緑区

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
横浜市緑区S様は、築12年ということで「そろそろかな」と思ったそうです。調査の結果、コロニアルにはひび割れが発生しており、外壁のコーキングは劣化が見つかりました。窯業系サイディングのコーナー材も隙間が発生しており、屋根塗装と外壁塗装を行う運びとなりました。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
サーモアイ4F,パーフェクトトップ,ファインSi
施工期間
14日間
築年数
12年
平米数
屋根65.1㎡ 外壁173.3㎡
お施主様
S様
保証
10年間
IMG_2838
IMG_2842-1
横浜市緑区S様のお宅の調査は真冬の午前中に行いました。屋根はコロニアルで画像を見ると分かりますが、表面が濡れているところと濡れていないところがあります。北側は太陽の日差しが当たりづらいので乾くのが遅いのですが、実はこの濡れは凍結が融け始めた状態なのです。要は冬場はコロニアルも凍ることがあるということです。表面の劣化したコロニアルは普段から雨水を吸ってしまうのですが、冬場はそれが凍ります。凍ると劣化の進行はさらに加速しますので、ひび割れや亀裂が発生しやすくなります。
IMG_2794
IMG_2850-1
コーキングが縦にひび割れて、コーキング付近の窯業系サイディングも剥がれ始めております。横浜市緑区S様のお宅の外壁には、帯状の幕板が取り付けられております。幕板の上端は雨水が溜まりやすいので、初めから金属製の水切りが設置されていることもありますが、水切りが設置されていない建物もあります。横浜市緑区S様のお宅は幕板に水切りが設置されておりませんので、幕板の上端にダイレクトに雨水が溜まりますので、剥がれが起きております。
IMG_2817-1
IMG_2821
劣化した窯業系サイディングでよく見かけるのが、コーナー材の割れです。コーナー材は角に使用される材料のことです。もともと平場の材料を直角に合わせて接着して造られているので、一つのサイディングが割れるというよりは、それが離れてしまうイメージです。この縦割れはいずれ隙間となって、雨水を窯業系サイディングの裏側へ浸入させてしまいますので、塗装前にピンポイントでメンテナンスが必要です。
IMG_8569
IMG_8577-1
屋根塗装や外壁塗装を行う場合は、まず建物全体の表面を綺麗に洗浄します。洗浄も高圧に噴射した水を当てて本格的に洗浄していきます。屋根や外壁はもちろんのこと、軒天や外部天井、シャッターBOXや水切りなどの金属部、雨樋やスリムダクトなどの硬質塩ビ部などの付帯部も同様に洗浄します。
IMG_8616-1
IMG_8618
付帯部に付着した汚れは、洗浄しても落ちないところもあります。手作業で擦って落とすことも必要な場合があります。また手作業で行うことで脆弱部分を先に落として、塗料の食い付きを向上させることも可能となります。このような作業をケレンと呼ぶことがあります。ケレンは金属部に対しては必ず行う作業です。
IMG_8588-1
IMG_8595-1
洗浄やケレンなど塗り出す前に必要な作業があるとお分かりになられたと思います。コーキング作業も塗り出す前に行う作業です。窯業系サイディングを使用されている外壁では、継ぎ目の打ち替えとサッシまわりの打ち増しは必要な作業です。また、破風板や鼻隠し板の継ぎ目や幕板があるお宅では幕板の継ぎ目なども打ち替えが必要となります。
IMG_8602
IMG_8603
窯業系サイディングのコーナー(角)は経年劣化により、亀裂のように縦に開いて隙間が出来やすいところです。すでに隙間が出来てしまっているところは、塗り出す前にコーキングで埋めておくと美観を保ちやすくなります。
IMG_8578
IMG_8583-1
スリットの入った化粧スレートにタスペーサーが必要ないという声がありますが、状態によっては必要なときがあります。屋根は下塗り材を使用して下塗りを行います。既存の色が見なくなるまで塗り込んでいきます。
IMG_8586
IMG_8591
下塗りが終わると、上塗り材を使用して中塗り・上塗りと行っていきます。上塗り材は2回塗ることになります。スリット部分だけ先に塗ったあとで中塗りを始めます。中塗りは下塗り材の白色が見えなくなるまで塗っていきます。中塗りの塗料が乾燥して硬化してから上塗りを始めます。上塗り材を2回塗ることで塗料の効果が適正に発揮されます。屋根の上塗り材にはサーモアイ4Fを使用しました。
IMG_8621
IMG_8604
幕板や破風板、鼻隠し板はファインSiを2回塗りしていきます。洗浄やケレンで剥がれてしまう脆弱な部分に関しては、カチオンシーラーを使用して付着性を向上させてから、ファインSiを2回塗りしていきます。窯業系サイディングも屋根同様に、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗っていきます。上塗り材にパーフェクトトップを使用しますので、下塗り材はパーフェクトサーフを使用します。
IMG_8613
IMG_8615
中塗りと上塗りには上塗り材のパーフェクトトップを使用します。パーフェクトサーフの白色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。中塗りの乾燥を待ってから上塗りを行っていきます。上塗りした塗料が乾燥をしたあとは、色ムラのチェックをします。微調整を経て外壁塗装は完了します。
IMG_8630
IMG_8631
フードや水切り、シャッターBOX、霧除けなどの金属部は、錆び止め塗料を先に塗ってからファインSiを2回塗りします。赤色に見えているのが、ハイポンファインプライマーⅡという錆び止め塗料です。ファインSiを使用して金属部を塗る材は、このハイポンファインプライマーⅡを下塗りします。
IMG_9492
横浜市緑区S様のお宅の屋根塗装と外壁塗装が終わりました。以前と比べると落ち着いたイメージで、シックな装いに様変わりしましたね。屋根のサーモアイ4Fの色はクールジェノバブラウン。パーフェクトトップの色は上段にND-375、下段がND-102。付帯部のファインSiの色は23-255を使用しております。この度はご利用頂きまして、まことに有難う御座いました。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-06-17 11:58:29 幕板や付柱が傷み放置すると交換が必要になる|横浜市港南区

      IMG_8524

      ご自宅の外壁に、幕板や付柱といった装飾が取り付けられているところも多いと思います。幕板は建物に対して横方向に帯状に取付けられている装飾で、主に1階と2階の中間に取付けられております。付柱は縦方向にコーナーや窓と窓の間に取付けられております。幕板も付柱も造られている材質は同じことが多く、繊維混入セメントケイ酸カルシウム板を使用して...続きを読む

      2018-06-13 18:23:16 屋根調査で普段あまり見ることのないドーマーも調査|横浜市都筑区

      IMG_8524

      横浜市都筑区のF様より、「屋根の色が以前と比べて変わってきた」とのことで調査にお伺いしました。以前に屋根塗装をしている横浜市都筑区F様のお宅の屋根は、塗膜が剥がれておりメンテナンスが必要な状態でしたが、屋根にはドーマーが造られている屋根でした。ドーマーは採光やデザインの目的で造られることが多く、外から見ると「屋根に設けられた小さ...続きを読む

      2018-06-12 08:15:21 横浜市都筑区|ひとつひとつの工程を丁寧に・外壁塗装工事

      IMG_8524

      本日は横浜市都筑区のS様宅で行われました、外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。S様宅は築15年ほどで、今回、中古で購入をしたばかりの建物になります。外壁のメンテナンスを行うのは今回が初めての様で、場所によっては黒ずみやコケの繁殖が酷く、大分劣化が進んでいるのが見受けられておりました。塗装を行う前に、その様な汚れや旧塗膜は高圧洗...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る