横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市神奈川区|一つひとつの工程を丁寧に進めていきます・屋根外壁塗装

横浜市神奈川区の施工事例

横浜市神奈川区|一つひとつの工程を丁寧に進めていきます・屋根外壁塗装

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
横浜市神奈川区のI様宅は築10年程で、今まで雨漏りなどの不具合はなかったそうですが、強風の伴った雨が降った際などに出窓付近から雨染みが確認され、「出窓付近からの雨漏り調査」がお問い合わせのきっかけになります。まず、似た状況を想定しての散水試験を行い、原因(雨漏り箇所)を特定いたしました。結果、出窓の庇部分に水があたると漏れの兆候を確認。また、出窓周辺の外壁部分に強く散水を行っても水が染みていく様子がうかがえます。原因は外壁面の塗膜の劣化と、経年による外壁への微妙な隙間(亀裂)からの雨水の浸入と判断できました。築10年程ですと、全体的にメンテナンスを行う時期でもあります。そこで今回、出窓周辺の補修を含め、建物全体の塗装を行うことになりました。初めての塗装との事もあり、色選びには時間をかけ、しっかり打ち合わせを行っていきました。今回は奥様のご要望で、今の雰囲気から全体的にやや明るめにしたイメージで、との事でカラーシミュレーションを活用し、今回の色にたどり着きました。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
サーモアイSi・パーフェクトトップ
施工期間
14日間
築年数
10年
平米数
屋根76.0㎡・外壁220.0㎡
お施主様
I様
保証
10年間

「工事前の様子」

まずは塗装を行うための足場の仮設ですが、I様宅の北側は崖の様に絶壁になっておりました。一番下から足場を組もうにも安定する場所もなく、壁から飛び出たバルコニーの周りに足場を組むには難しい状況です。外壁面に関しては狭い隙間を利用して組むことは出来ましたが、飛び出たバルコニー部分は、空中で組むしかない状況。

しかし、そこは職人技、見事に飛び出たバルコニー周りに足場を組みました。傾いて倒れてしまわない様、屋根の上でパイプをつなぎ合わせ、引っ張るかたちで固定しております。これで安心して作業に集中できる環境が整いました。

「施工の様子」

始めに行う作業は、高圧洗浄機を用いて塗装を行う場所の洗浄を行います。洗浄は塗装を行う上で重要な工程です。塗料をしっかり接着させる為に旧塗膜を落とします。また、カビや藻、コケなどの様々な汚れも合わせて洗い落します。洗浄をせず、そのまま塗ってしまうと粘着力がなくなっている古い塗膜と一緒に剥がれてしまいます。どんなに良い塗料を使っても、古い塗膜やほこりなどの上からでは壁面に塗料が付着しない為、半年や1年余りで剥がれてしまう事もあります。そういった事を防ぐ為に、圧力のある高圧洗浄機で旧塗膜、汚れをしっかりと落とすのです。洗浄を行った後は養生です。塗装を行わない場所を保護したり、塗り分けが必要な部分にテープやマスカーなどを貼ったりします。

塗装の工程は基本的に下塗りを行い、中塗り、上塗りと3度塗りの工程になります。まずは屋根の下塗りの様子です。今回I様宅で使用する屋根塗料は「日本ペイント・サーモアイSi」です。サーモアイSiは、日本ペイントが開発した屋根用の遮熱塗料です。一般的な遮熱塗料は、中塗りや上塗りのみに遮熱塗料を使うものでしたが、サーモアイは、下塗りにも遮熱機能を持ったサーモアイ専用の下塗り材を使用します。

下地調整、下塗り作業をしっかり行い、中塗り、上塗り作業へと進みます。I様宅が選んだ色は「クールミラノグリーン」です。屋根の色にしては、少し明るめで鮮やかな印象を与えます。薄い色は濃い色の塗料に比べて汚れが目立ちやすいですが、熱の反射率が高く遮熱効果は高くなる特徴があります。サーモアイの場合は赤外線の反射率が良く、熱対策も有効ですので、ある程度、好みに近い色を選択することも可能です。せっかく塗装をするなら多少のこだわりを入れてみるのも、気分が変わるきっかけになったりもします。

「外壁塗装」

続いて外壁塗装の様子です。I様宅の外壁はモルタル仕上げになっております。モルタル仕上げの場合は(特に新築から10年程は)細かいひび割れが発生しやすい事でも知られております。それを塗装時の下塗りで使用する「微弾性フィラー」で埋めてあげます。微弾性フィラーは塗膜に弾性を持たせる働きがあり、ひび割れなどに追従する働きがあります。特に初塗りでは、塗料の吸い込みが激しいという点があります。塗料の吸い込みを抑える為にもフィラーやシーラー等の下塗りをしっかりと行うことが重要になります。

下塗りをしっかり行ったら中塗り・上塗りと工程を進めていきます。I様のお宅で使用する外壁材は、日本ペイントのパーフェクトトップです。紫外線による塗膜の劣化対策として「ラジカル制御」技術により、シリコンを超える耐久性があります。色はメインカラーに「J29-92B」。アクセントカラーとしては「J05-40D」を使用いたします。白に薄い黄と緑が合わさった独特の色合いです。

今回I様宅の屋根はグリーン調で仕上げております。その屋根にもマッチする絶妙な色合いで調合をいたしました。外壁塗装で選ばれることの多いクリーム色ではなく、独自性も持たせた色合いです。屋根のグリーンと外壁のカラーが絶妙にマッチしております。そこにアクセントの茶系も映え、一挙に明るくなりました。

明るくきれいになった建物とともに、I様も家族揃って気分が明るくなったと大変喜んでいただけました。横浜外壁塗装工房では、塗装後の耐久性をより長く保持していける様、それぞれの素材にあった下地調整を行い、丁寧に工程を進めていく事を徹底しております。これからもアフターメンテナンスと、末永くお付き合いをさせて頂きたいと思います。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-04-24 07:45:29 横浜市都筑区|中古住宅購入から外壁塗装の調査依頼

      IMG_8524

      本日は横浜市都筑区にある住宅の外壁調査に伺ってまいりました。築13年の建物で、S様がご購入された物件になります。引っ越しなどの準備を整える前に、建物全体のメンテナンスを行うとの事で、外壁の調査依頼を頂きました。 新築当時から塗装などのメンテナンスは行われていなかった様で、全体的に汚れや色あせが目立つ印象です。こち...続きを読む

      2018-04-21 21:42:01 外壁塗装はどんな工程で進むのか|川崎市川崎区のお客様からのご質問

      IMG_8524

      今日は川崎市川崎区にお住いの方からのご質問です。『外壁塗装の工程はどのように進むのか?』という内容です。確かに塗装工事は何日くらいかかるのか気になりますよね?洗濯物が外に干せなくなるし、雨が降ったらその分工事は長くなるのか?などなど、気になる所がいくつもあると思います。建物の大きさや工事の内容などによって工程は変わっていきますが...続きを読む

      2018-04-17 08:08:42 横浜市南区|築16年、初めての塗装メンテナンス

      IMG_8524

      本日は横浜市南区にお住いのB様宅より、塗装の為の調査依頼を頂きました。B様宅は築16年、今回が初めてのメンテナンスになります。まずは屋根の調査からですが、B様宅は3階建ての為、外から梯子を掛けるのではなく、バルコニー部分をお借りして、屋根へ上ります。 今まで一度もメンテナンスをしてきていなこともあり、屋根材表面の...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る