横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市西区霞ヶ丘で日本ペイントさんのパーフェクトトップとサーモアイ4Fを使った外.....

    横浜西区の施工事例

    横浜市西区霞ヶ丘で日本ペイントさんのパーフェクトトップとサーモアイ4Fを使った外壁塗装と屋根塗装

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    築20年が経過して以前にも屋根塗装と外壁塗装を行っておりましたが、コーキングや塗膜の劣化が目立つようになったとのことで調査のご依頼がありました。調査ではコーキングや塗膜の劣化以外にもサイディングの反りや傷みが確認され、早めのメンテナンスが必要な状態でした。日本ペイントさんのパーフェクトトップとサーモアイ4Fで綺麗に仕上げます!!

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,サーモアイ4F,ファインSi
    施工期間
    18日間
    築年数
    築20年
    平米数
    屋根78.6 外壁113.4
    お施主様
    I様
    保証
    8年間
    足場アイコン火災保険アイコン外壁塗装屋根塗装
    IMG_8206-2
    IMG_8157
    前回の工事ではサイディングの継ぎ目にあるコーキングを打ち替えていなかったそうで、コーキングの表面に塗られている塗料の剥がれが目立ちます。また、コーナーの塗膜も剥がれているとことが散見されました。
    IMG_8180-1
    IMG_8258-1
    霧除けの破風に塗られた塗膜も剥がれ出しており、メンテナンスが必要な状態です。屋根は化粧スレート屋根で所々で黒く見える部分がありますが、化粧スレートに塗られている塗膜も色褪せており粉状になっております。これはチョーキング現象と呼ばれ塗料が寿命をむかえているシグナルです。
    IMG_3170-1
    IMG_3168
    屋根塗装や外壁塗装を行う際にまず初めに行うのは、建物表面を綺麗にすることからです。高圧な水を当てて洗浄していきます。高圧洗浄と呼ばれております。建物全体を洗浄することで、塗装した際の塗膜の密着を向上させる役割があります。
    IMG_3148-1
    IMG_3142-1
    サイディングとサイディングの継ぎ目に打たれている既存のコーキング材は全て撤去します。撤去して新しいコーキング材に打ち替える作業です。横浜市西区I様のお宅にあるサイディングとサイディングの継ぎ目は全部で92.4mありましたので、92.4m分全て打ち替えます。
    IMG_3141-1
    IMG_3136-1
    撤去して溝を綺麗にしてからプライマーと呼ばれる密着剤を塗り、それから新しいコーキング材を打ちます。打ち込んだコーキング材を専用のヘラで均します。マスキングテープを使用して両側に真っ直ぐ貼ることで綺麗なラインが出来ます。
    IMG_3067-1
    IMG_3049-2
    屋根や外壁以外の付帯部も塗装するための準備を進めていきます。破風板や鼻隠し板、雨樋やスリムダクト、霧除けや雨戸などの金属部に対してケレンを行っていきます。これらは塗装したときの塗膜の付着を向上させるために行う作業です。
    IMG_3130-1
    IMG_3157
    サイディングとサイディングの継ぎ目以外にもコーキングを使用するところがあります。サッシまわりやベントキャップまわりに関しては、既存のコーキング材の上から打ち増す作業を行います。また、小さなひび割れやコーナーのに出来た隙間もコーキング材を使用して埋めていきます。
    IMG_3127-1
    IMG_3123-1
    屋根塗装を行う際は、棟板金などの金属を先にケレンします。付帯部に行うケレンと同様に、塗装したときの塗膜の付着を向上させるために行う作業です。ケレンが終わると下塗り材を使用して下塗りを行います。白い塗料が下塗り材です。既存の屋根の色が見えなくなるまで塗っていきます。

    IMG_3080-2
    IMG_3083-2
    下塗り材が硬化・乾燥すると縁切りやタスペーサーの差し込みを行います。化粧スレート屋根の塗装においては重要な作業となります。化粧スレートの上下の重なりに隙間を設けることで雨水が抜けるようにしておく作業です。
    IMG_3079-1
    IMG_3180-1
    上塗り材を使用して中塗りと上塗りを行っていきます。中塗りのあとも硬化・乾燥を確認してから上塗りを行います。横浜市西区霞ヶ丘I様のお宅で使用した屋根用塗料は日本ペイントさんのサーモアイ4F。色はクールダークグレーを使用しております。
    IMG_3120-1
    IMG_3116-1
    外壁にも下塗り材を使用して下塗りを行っていきます。外壁用の下塗り材も白いのですがムラの内容に塗っていきます。外壁は一度全体的に白くなります。中塗りと上塗りを行うことでご希望の色へと変わっていきます。
    IMG_8174-1
    IMG_3091
    横浜市西区霞ヶ丘I様のお宅ではサイディングが反っている箇所がありました。仕上がる前にビスで固定することで、反ってことで浮いてしまった隙間が無くなり奥に引っ込みます。反りがある場合は、このようにビスで固定してから最終的に仕上げます。
    IMG_3095
    IMG_3085-1
    上塗り材を使用して中塗りと上塗りを行っていきます。中塗りのあとも硬化・乾燥を確認してから上塗りを行います。横浜市西区霞ヶ丘I様のお宅で使用した外壁用塗料は日本ペイントさんのパーフェクトトップ。色はND-281を使用しております。
    IMG_3047
    IMG_3029
    付帯部のなかの金属部にはケレンしたあとに、錆び止め塗料を塗っていきます。使用する上塗り材が日本ペイントさんのファインSiなので、使用する錆び止め塗料も日本ペイントさんにハイポンファインプライマーⅡを使用します。グレーの塗料がハイポンファインプライマーⅡです。ハイポンファインプライマーⅡが硬化・乾燥したあとにファインSiのブラックで中塗りを行います。
    IMG_3027
    IMG_3037-1
    中塗りと上塗りは同じ上塗り材のファインSiのブラックを使用しておりますが、中塗り乾燥時と上塗り乾燥時では、塗り重ねている回数が違う分、上塗り乾燥時のほうが艶もしっかり出ていて、どこか潤いの様な感じすら覚えます。横浜市西区霞ヶ丘I様のお宅の付帯部のなかの金属部は、霧除け、バルコニー水切り、基礎水切り、フード、雨戸・戸袋、シャッターBOXなどがありました。
    IMG_3055
    IMG_3052-1
    破風板や鼻隠し板、雨樋やスリムダクトに関してもファインSiのブラックを使用して2回塗りしていきます。付帯部の色を1色でまとめると、統一感が出て外観の見栄えもすっきりとした印象になりやすいです。
    IMG_1251-1
    横浜市西区霞ヶ丘I様のお宅の屋根塗装と外壁塗装が終わりました。以前と比べてスッキリとした印象に変わりました。外壁の色がちょっと美味しそうに感じます。おさらいですが、屋根は日本ペイントさんの4フッ化フッ素樹脂を使用した遮熱塗料のサーモアイ4Fで、色はクールダークグレーです。外壁は日本ペイントさんのラジカル制御形ハイブリッド高耐候塗料のパーフェクトトップで、色はND-281を使用しております。この度はご利用いただきまして、誠に有難うございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-09-18 16:31:06 大井町金子にて外壁塗装の調査、築30年が経過し破風や戸袋など木部の塗膜が剥離してきています

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 16:30:02 中井町北田にて外壁メンテナンス調査、台風の影響で外壁にひび割れが発生!雨樋も破損していました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 09:30:38 横浜市磯子区中原にてサッシ廻りからの雨漏り、原因は外壁の亀裂か

      IMG_8524

      本日は横浜市磯子区中原F様宅にて行いました、雨漏り調査の様子をお伝えいたします。F様宅は築50年程の賃貸アパートです。数年前より角部屋(壁際)の一室のサッシ廻りから雨漏りが確認される様になったとのことです。 できる範囲で簡易的な補修を行っているそうですが、雨漏りの解消にはつながらず、こちらのお部屋は空き家のままと...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る