横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市都筑区見花山で塀と擁壁の塗装工事、通行人も気分が良くなる綺麗な仕上りでお施.....

    横浜市都筑区の施工事例

    横浜市都筑区見花山で塀と擁壁の塗装工事、通行人も気分が良くなる綺麗な仕上りでお施主様も大満足

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    山坂の多い横浜市では斜面に建てられている建物が多く存在します。斜面に建てられているということは、塀や擁壁が敷地の外縁部に必要となるケースが自然と発生することになります。通行人の目線の高さはそこまで高くありませんので、「道を歩いていて建物は見えないけど、塀や擁壁だけが目に入るお宅」もあります。通行人にとっては塀や擁壁がビューポイントとなることもあるということです。横浜市都筑区見花山にお住いのF様も、「以前までは色が変わってきたなくらいにしか思っていなかったけど、最近は剥がれ出してきちゃって見栄えが悪くなってきた」とのことで塀と擁壁の塗装工事のご依頼がございました。剥がれてきている既存の塗膜は可能な限り削り落としてから塗装を行います。使用する塗料はインターナショナルペイントさんのIPヨウヘキコート。塀や擁壁以外にも基礎などの湿気の影響をもろに受けるものに対して効果を発揮する塗料です。インターナショナルペイントさんのIPヨウヘキコートは、色も常備色以外に調色が可能で色々な色に塗り替えが可能なので、目立ちづらい白系の色やアイボリー系の色や建物に合わせ色、建物を引き立たせる色など色選びも楽しめます。 塀・擁壁塗装工事

    【工事内容】
    その他の工事 塀・擁壁塗装工事
    【工事詳細】
    使用材料
    IPヨウヘキコート
    施工期間
    4日間
    築年数
    22年
    平米数
    38.6㎡
    お施主様
    M様
    IMG_6246-1
    IMG_6243
    横浜市都筑区見花山にF様のお宅の塀と擁壁は、途中まで塀で途中から擁壁になります。天端からは黒い染みが滴るような模様となって表れておりました。そしてところどころ既に塗膜が剥がれているところがあり、塀と擁壁の色はクリーム色なのに対して剥がれているところは白色になっておりました。
    IMG_6260-2
    IMG_6249-1
    近くで見てみると、剥がれているところはより鮮明に分かります。塀と擁壁は凹凸のある模様をしておりますが、その凹凸くっきりと出ていない部分があります。凹凸くっきりと出ていない部分は塗膜が浮いているところであり、剥がれる手前の状態です。右上の写真は塗膜の剥がれた白色の部分に汚れが付着した状態です。剥がれてからかなり経過しているようです。
    IMG_8421-3
    IMG_8412-1
    脆弱な塗膜の上に塗装すると、脆弱な塗膜と一緒に剥がれてしまいます。まずは剥がれているところの周りや塗膜が浮いているところを重点的に削って落としていきます。その上で高圧洗浄機を使用して既存の汚れを落としていきます。使用している高圧洗浄機はガソリンを燃料にしておりますので、ご家庭用とは威力が違います。より強力な圧力の水を当てることで細かい汚れも落としやすいです。
    IMG_8347-1
    IMG_8339
    高圧洗浄が終わり乾燥させて、別な日に再び作業を始めます。前回水圧を当てたことにより、その影響で浮いた塗膜が出てきます。軽く叩いて確認しながら塗膜が浮いている部分をチェックして、再度削り落としていきます。高圧洗浄前に1回、高圧洗浄後に1回と脆弱な塗膜落としを行うことで白い部分が増えてきました。
    IMG_8406-1
    IMG_8404-1
    高圧洗浄や塗膜落としが終わると、今度は亀裂の補修を行っていきます。亀裂の縁を削ってコーキング材が入り込みやすい状態にしてから、プライマーを塗ってコーキングを打ち込んでいきます。
    IMG_8402-1
    IMG_8400-2
    打ち込んだコーキングはヘラで均して、縁をカットして造った溝に対して押し込んでいきます。コーキング材が乾燥してからいよいよ塗装の工程に入っていきます。横浜市都筑区見花山F様のお宅の塀・擁壁塗装には、上塗り材としてインターナショナルペイントさんのIPヨウヘキコート(J19-85B)を使用しますので、下塗り材は、IPヨウヘキコート(J19-85B)の専用下塗り材であるIP含侵シーラーを使用します。
    IMG_8397-1
    IMG_8390-2
    IPヨウヘキコート(J19-85B)の専用下塗り材であるIP含侵シーラーを塀と擁壁全体に塗り終えたら、上塗り材であるIPヨウヘキコート(J19-85B)を2回塗りしていきます。IP含侵シーラーの乾燥時間は2時間以上、IPヨウヘキコート(J19-85B)の乾燥時間は3時間以上となっておりますので、それぞれ規定時間以上の間隔をあけて、さらに乾燥していることを確認してから次に工程へと移ります。
    IMG_9043-1
    横浜市都筑区見花山F様のお宅の塀・擁壁塗装が終わりました。今回使用したIPヨウヘキコート(J19-85B)は通湿性や透湿性が高く、塀や擁壁、住宅基礎などに対して優れた密着性を発揮することの出来る塗料です。素地に対して塗装する方がより効果を発揮します。使用した色はJ19-85Bという白色に少しだけ黄色を混ぜたような色です。この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-05-11 08:47:22 川崎市麻生区百合丘にて窓枠からの雨漏り対策にコーキング工事を行いました

      IMG_8524

      本日は川崎市麻生区で行いました、窓枠(サッシ廻り)のコーキング工事の様子をお伝えいたします。今回工事を行ったのは、半円形のガラス張りの建物です。そのガラス部分(開閉部分)からの雨漏りのご相談を頂き、事前に調査を行いました。雨の漏り方や位置から、窓枠上部に設置されている小さな庇が雨漏りの原因の可能性が高いとの判断に至りました。 ...続きを読む

      2019-03-11 22:36:28 横浜市瀬谷区阿久和東で調査したコーキングは、傷みすぎて打ち替えが必要な状態でした

      IMG_8524

      建物にはコーキング材が使用されております。隙間を埋めるために使用されており、外壁を近くで見まわすと色々なところに使用されているのが分かります。特に外壁に窯業系サイディングを使用されている場合は、継ぎ目に必ずコーキンングが打ってあります。屋根外壁塗装を行う際は、このコーキング部分もメンテナンスが必要になります。横浜市瀬谷区阿久和東...続きを読む

      2019-02-13 19:48:58 横浜市金沢区柴町で外壁が落下、落下の原因を特定して対策を講じます

      IMG_8524

      「急に外壁が落下してきた」とご不安のご相談がございましたのは、横浜市金沢区柴町のお住いのH様からでした。幸い誰も怪我は無かったそうですがとても恐い出来事です。街の屋根やさんではご相談をいただいたあと、すぐに調査にお伺いして原因の特定とその後の対策を講じました。     【落下したのはバルコニーに...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る