横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 綾瀬市で外壁塗装を機にお家を大きくイメージチェンジ

    綾瀬市の施工事例

    綾瀬市で外壁塗装を機にお家を大きくイメージチェンジ

    【施工前】
    屋根塗装。外壁塗装施工前

    【施工後】
    屋根塗装。外壁塗装施工後

    【お問い合わせのきっかけ】
    ツートンに塗装されたモルタル外壁に正面の1階はレンガの外壁という建物がお施主様のお家です。築十数年で外壁も汚れやすくなってきたことから、そろそろ建物全体のメンテナンスをということで屋根塗装と外壁塗装をご依頼いただきました。塗り替えるならイメージチェンジをということで、外壁の色が大きく変わることになりました。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    外壁:ナノコンポジットW 屋根:サーモアイSi
    お施主様
    N様邸
    保証
    外壁:10年 屋根:10年
    点検開始
    P1080670-e1536661998823
    玄関周りにはレンガが使われているとてもお洒落な造りのお家です。この部分の色は変えられないということが、今回の外壁塗装のポイントです。それでは早速、お家を点検して行きましょう。
    モルタル外壁
    クラック
    新築時からツートンという彩りのお家です。遠目から見ると綺麗なのですが、こちらの方角の外壁は汚れていました。堆積した汚れで白い外壁がくすんで見えます。モルタル外壁は凹凸が多く、汚れが溜まりやすい外壁の一つです。窓枠からモルタル外壁の宿命とも言える構造クラックが発生していました。外壁塗装時にはしっかりと補修をいたします。
    スレート屋根
    錆びた雪止め
    屋根はスレート屋根でした。初めてのメンテナンスで築10年以上ということです。屋根は色褪せがはじまっていました。この程度の築年数なら、こういった色褪せは自然なことです。ここでメンテナンスして上げられるかどうかで、その後の貸与合う年数が大きく違ってきます。
    スレートの割れ
    棟板金の釘の浮き
    スレートが何枚か割れていました。こちらは塗る前に接着してあげれば問題ないでしょう。棟板金の釘が浮いています。こちらも、塗る前に打ち込んであげる必要があります。釘が効かないようなら追加でビスを打ち、棟板金の固定力を確保します。
    足場の運搬
    足場の仮設
    外装工事と足場は切っても切り離せないものです。高い所でも安全に、なおかつ確実に作業してもらうためには足場絶対に必要な物なのです。仮設と撤去を含めたレンタル費が意外と高いので、足場を組んだらさまざまな工事をまとめてやってしまうのがお得です。
    高圧洗浄
    外壁の高圧洗浄
    カラーシミュレーションベージュ
    カラーシミュレーションピンク
    バルコニー薄めのカラーシミュレーション
    バルコニーの濃い目のカラーシミュレーション
    玄関側とその反対側では1階部分の外壁に違うものが使われているため、今回は玄関側とその反対側のカラーシミュレーションを作成しました。玄関側のポイントはバルコニーを1階のレンガと同じ色にするかどうかです。その反対側の壁面は奥様の意見を取り入れてピンク色でシミュレーションを作成してみました。
    サーモアイシーラー
    下塗り完了
    今回、屋根塗装に使用した塗料は遮熱塗料のサーモアイSiです。サーモアイシリーズには専用の下塗り塗料があり、こちらでも日光を反射します。上塗りでも反射しますので反射率が高く、暑さを低減します。
    中塗り
    DSCF3325
    中塗り、上塗りと重ね塗りをして仕上げていきます。色はクールブラックです。白に較べれば遮熱性能は落ちるのですが、屋根というといぶし瓦のギングロのイメージが強いのか、遮熱塗料でも黒をお選びなる方は多くいらっしゃいます。
    タスペーサー
    屋根塗装完了
    屋根塗装が完了しました。スレート屋根の塗装に必須のタスペーサーも使用しています。スレート屋根の塗装には縁切りという工程が必要です。これはスレートとスレートの重なっている部分の隙間を塗料が埋めてしまうことを防ぐために行うものです。昔はカッターなどで切れ目を入れることで隙間を確保しましたが、現在はタスペーサーというポリカーボネイト製の小片を挿入することによって隙間を確保しています。
    クラック補修
    クラック補修
    外壁塗装の前にモルタル外壁にできたクラックを補修します。シーリング材で補修するか、UカットやVカットをして直すかはクラックの隙間と深さで判断します。この程度であれば、シーリングで充分です。
    シーラー塗布
    シーラー塗布
    いよいよ外壁塗装です。まずは下塗り用塗料であるシーラーを塗っていきます。仕上げに塗る中塗り・上塗りを密着させるはたらきのある塗料です。半透明の微妙な色なので不安を覚える方もいらっしゃると思いますが、塗りを重ねて仕上げていくのでご安心ください。
    中塗り
    DSCF3342
    下塗りのシーラーが乾きましたら、中塗りを行います。ここから、ご依頼いただいた色で塗っていきます。お家が色付いていく様子を見ると、外壁塗装をしている実感も湧きますよね。塗り替えで一番、ダイナミックな工程です。
    中塗り
    DSCF3348
    いろいろと検討した結果、バルコニーはレンガに合わせて濃い目の茶となりました。バルコニーは日がよく当たるため、実際の色よりも明るめに見えるので、レンガよりも濃い茶色を選びました。日中はこれで明るさの差がなくなって見えるでしょう。
    2階部分塗装完了
    1階部分塗装完了
    二階部分は白というよりクリーム、バニラに仕上げました。1階は濃い茶色です。白い窓枠や格子、雨樋の映える色合いです。塗料が乾いたところから養生を撤去しながら撮影を行っています。
    屋根塗装・外壁塗装完成
    1階とバルコニー部分を焦げ茶、2回をクリーム色と大きくイメージチェンジしました。お施主様もご納得される仕上りになり、こちらも一安心です。正面はレンガとモルタル外壁、横はツートン仕上げのモルタル外壁ととても表情豊かなお家となりました。白い幕板と雨樋もお家を引き立てています。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      2018-09-15 20:02:23 横浜市西区の窯業系サイディングの住宅調査、コーキングの劣化やコーナーに隙間は外壁塗装すべき目安です

      IMG_8524

      外壁も屋根も普段から陽当りの良い方角に面しているところは、色褪せが早くて劣化の進行も先に進むことが多いです。また、ご自宅の周囲を取り巻く環境によっても違いが出ます。同じ建築材料で造らている建売住宅でも、陽当りや日陰によったり、風や湿気によったりと周囲の環境によって劣化や傷みなどの進行に差が出ます。横浜市西区W様のお宅も建売住宅を...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る