横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 施工事例 > 相模原市泉区でエラストコートで外壁塗装し、モルタル壁の雨染みを解消

    横浜市泉区の施工事例

    相模原市泉区でエラストコートで外壁塗装し、モルタル壁の雨染みを解消

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    エラストコート、スタッコラースト、ファインウレタン、漆喰
    施工期間
    15日
    築年数
    25年
    平米数
    170㎡
    お施主様
    H様邸
    保証
    8年
    足場アイコン外壁塗装
    現調
    現調
    お客様のお家の外壁はモルタルでリシンのかき落とし仕上げでした。

    お客様が心配されていた2階のベランダ部分です。画像では分かりにくいのですが、ベランダの腰壁が下地から浮いて剥がれかけています。ちょうど、雨が降った次の日に訪問しましたので、外壁の色が変わっている部分を確認できました。これは剥がれかけている部分から雨水が染み込んでことが原因で、色が変わってしまっています。
    360755bb434ca7d2de3c3578c11bb1d3
    141ed97c904955e65c474fcd32a0cc8f1
    雨の後、外壁の色が変わるのは一部分で、他のところは問題なさそうです。お客様にお聞きしたところ、「外壁の色が変わる部分はだんだんと大きくなっている気がする」とのことでした。早めに雨水が入り込まないよう、対処しなければなりません。
    洗浄
    高圧洗浄軒天
    外壁塗装と言えばまずは高圧洗浄でする。外壁の苔やほこりを吹き飛ばします。軒天や破風なども水圧を弱めて洗浄しています。
    下塗り材ブラックキャップ
    エラストコート
    モルタル外壁に使用する塗料です。下塗りにはブライトン社のブラックキャップを使用し、中塗りと上塗りは同じブライトン社のエラストコートを使用します。360%の伸びる弾性塗料ですのでクラックに追従し、ひび割れが表に出ることはありません。
    fc0d0394034a9a8cbdc29890b2bad9e2
    f7f771b5c4ee7c3fb82332bd94dd8728
    ブラックキャップはエラストコート専用の下塗り材になります。その後、エラストコートで中塗りと上塗りと重ね塗りを行います。一度、エラストコートで外壁塗装し、次の外壁塗装でもエラストコートを使用する場合、下塗り材は不要となります。ある意味、経済的な塗料です。
    910e73cb96df2f9e9aca7d4b1500a2e7
    ca3c69aab6469a3eb7c1a98cdf10ae67
    雨樋にケレン(汚れや古い塗膜を落とし、塗料が密着しやすいよう下地をつくること)を施し、作業を進めていきます。雨樋はファインウレタンで2回塗りで仕上げました。
    軒天塗装
    c189175434e1e63dcab73f1aa027d4c3
    画像では分かりにくいと思いますが、こちらは軒天を塗装しているところです。軒天はパーフェクトトップを使用しました。真っ白ではなく、少し黄味がかかった色です。
    9980f2c12500ac970bfb89f0c89d3f5b
    cddce122d17ef30b03f598240f4b74a51
    雨戸も塗装しました。細かい化粧板などを塗り終えたら、外壁塗装は完成です。外壁はエラストコートで塗装しておりますので高耐久で透湿性にも優れており、超弾性なのでクラックなどにも追従します。

    玄関は引き戸
    和洋折衷の立派なお家でした。エラストコートで塗装を行ったことにより、外壁に雨水が染み込み、雨染みができることもなくなりました。万が一、雨水が染み込んでもエラストコートは透湿性の高い塗料なので染みが残ることはありません。雨漏りとは無縁になりましたので、安心してお過ごしください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2021-01-24 17:26:26 横浜市保土ヶ谷区川島町で過去に塗られた外壁の塗膜を調査、塗膜が劣化すると雨水を弾かなくなります

      IMG_8524

      建物にメンテナンスが必須なことはかなり認知されておりますが、メンテナンスした建物が再びメンテナンスが必要となるときが来ることを知っている方はまだ少ないようです。横浜市保土ヶ谷区川島町にお住いになられているH様のお宅は、築24年の建物で12年前に外壁塗装を行ったそうです。それからはメンテナンスというメンテナンスは行っていないそうで...続きを読む

      2021-01-23 13:07:01 横浜市都筑区大熊町にて築16年になるお住まいの外壁点検調査、リシン仕上げのモルタル外壁には多く藻が繁殖しており塗装でのメンテナンスが必要です

      IMG_8524

       横浜市都筑区大熊町にお住まいのY様より、築が10年以上経過しそろそろ外装のリフォームを検討しているとの事で、街の外壁塗装やさんへお問合せを頂きました。  築16年程で、外観は特に目立った汚れがないようだとのお話でしたが、まずは現地を拝見し状態を確認させて頂き必要な工事のご提案となりますのでさっそく現地調査にお伺いさせて頂...続きを読む

      2021-01-22 21:31:07 横浜市港北区日吉で過去に塗装している建物を調査、外壁の傷みや雨樋に塗られた塗膜が剥がれておりました

      IMG_8524

         横浜市港北区日吉にお住いになられているF様より「自宅の外壁が傷み出してきた」とお困りのご相談がございましたのでお伺いいたしました。横浜市港北区日吉F様のお宅は、鎧張りやドイツ張りなどともラップサイディングの外壁でした。これまでにも塗装でのメンテナンスを行っており、最近になって外壁に傷んでいる箇所を見つけたそ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る