横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > スレート屋根の下塗りの後は仕上げの塗装の1回目|横浜市神奈川区

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

スレート屋根の下塗りの後は仕上げの塗装の1回目|横浜市神奈川区

更新日:2018年1月20日

屋根と外壁の塗装工事をおこなっている横浜市神奈川区の建物です。スレート屋根とサイディングの外壁塗装をおこなっていて、屋根の下塗りが終わったので仕上げの塗装に取り掛かりました。屋根に塗る塗料は遮熱塗料のサーモアイです。下塗り材と合わせて太陽からの熱を反射する性能があり、色によって反射率が変わってきます。薄い色の方が反射率が高く濃くなると反射率が低くなります。今回は、外壁の色と一緒にカラーシミュレーションを作成して、お好みの色と遮熱性能の考えながら決定しました。色はクールミラノグリーンで、比較的濃いめのグリーンに仕上げます。まだ仕上げの1回目、中塗りの状態なので色はしっかりと出ていませんが、もう一度塗ってくると綺麗に仕上がります。塗装工事は天気に左右される工事ですので天気の良い内に工事を進めていきたいのですが、次から次へと進められる訳ではなく、決められた乾燥時間を守らなければなりませんので、屋根を塗装して乾燥させている間に外壁や雨樋などの塗装をおこなって無駄なく工事を進めていきます。

仕上げの塗装の一回目、中塗りです

スレート屋根は下塗りが終わったので仕上げの塗装に取り掛かりました。仕上げの塗装は2回塗りをおこなうのですが、今の状態は仕上げの1回目『中塗り』です。下塗りから入れて3回塗って塗装はしあがりますので、中塗りで色を付けてもう一度塗装をする事で塗料が持つ性能を最大限に発揮してくれます。

色は付いていますが、まだちゃんと色が出ていませんので、乾燥させた後上塗りでしっかりと仕上げていきます。

使ったのは日本ペイントのサーモアイSⅰという遮熱塗料で、クールミラノグリーンで落ち着いたグリーンの屋根に仕上ります。カラーシミュレーションで外壁と一緒に色のイメージを見て頂き、お好みの色に決まりました。

塗装の前にコーキングを打ち換えます

画像は屋根の側面部分の破風板です。長い部分だと1本の破風板では届かないので必ず繋ぎ部分が出来ます。外壁のサイディングと同じようにこのジョイントにもコーキングが打ってありますが、経年によってヒビ割れなどの劣化が起こりますので、塗装の前にここもコーキングを打ち換えます。屋根の中塗りを乾燥させている間に外壁の下塗りを進めていきます。外壁に色が付いてくると建物のイメージが大分変りますので、外壁塗装の様子はまた次回アップ致します。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る