横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 外壁の塗装をする時は目地のコーキングも一緒に直しましょう|川崎市中原区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    外壁の塗装をする時は目地のコーキングも一緒に直しましょう|川崎市中原区

    更新日:2017年12月2日

    川崎市中原区で外壁塗装工事を検討中のお客様です。タイルやサイディングが外壁に貼ってある場合、必ず目地が設けられています。建物が動いた時に力を逃がす為の緩衝の役割を持っていますが、経年によってヒビ割れたり裂けたりしてしまうと、そこから雨水が入り込んでしまい、建物を傷めたり雨漏りの原因になったりします。新築の場合は、外壁材を貼ってから最後にコーキングを打ちますので、コーキングが剥き出しになっていて紫外線に曝されてしまうので劣化がどんどん進んでしまいます。劣化した状態から元に戻ることはありませんので、塗装工事を行うタイミングで打ち換えをする必要があります。

    タイルは長持ちしますが目地は劣化していきます

    タイル貼りの外壁です。新築から一度もメンテナンスをした事が無いそうですが、タイル自体は劣化もしていませんし浮いている部分もありません。

    しかし、建物が動いた時に外壁の力を緩衝する目地のコーキングは大分劣化していて、ヒビ割れだらけになっていました。この状態では雨水が隙間から入り込んでしまい、タイルの下地を腐らせてしまう事になりかねません。

    劣化したコーキングはそのままにしてはいけません

    サイディングは細長い板を貼っていくのですが、その繋ぎ目は隙間をあけて貼っていきます。この隙間はタイル目地と一緒で動きを緩衝する重要な役割があります。しかし、隙間が空いていれば雨水が入り込むので、それを防ぐ為にコーキングを打ちます。ゴムの様な弾力性をもっている事で、雨水を防いで動きを緩衝してくれます。劣化すると防水の効果がなくなってしまうので、傷んだ状態でそのまま放置は出来ません。

    ALCパネルの場合は、コーキングを打った後に塗装をしている事が多いのですが、動きについていけなくなってヒビ割れが出てきて、雨水が入り込んでしまうので劣化が進んでしまう悪循環におちいります。たかがコーキングと思うかもしれませんが、ちょっとした事で建物を劣化させてしまいます。その反面、コーキングを打ち直すだけで雨水の侵入を防いで建物の劣化の進行を止める事も出来ます。外壁塗装の時に気になる事は、『どんな色に仕上がるか』『綺麗に塗り替えしたい』という思いが強いかと思いますが、川崎市中原区の建物の様に外壁塗装と一緒に目地のコーキングも打ち換えて、雨水から建物を守る必要があります。

    ご質問やご不明な点などございましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      その他の施工事例一覧→

      川崎市中原区と近隣地区の施工事例のご紹介

      ページの先頭へ戻る