横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 大量の雨漏りの原因はバルコニーの排水口にあります|横浜市瀬谷区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    大量の雨漏りの原因はバルコニーの排水口にあります|横浜市瀬谷区

    更新日:2017年12月11日

    10月に二週連続で上陸した台風の影響で、その後も雨漏りでお困りの方からの問い合わせが非常に多くなっています。横浜市瀬谷区の建物も雨漏りでお困りになっていた方でした。多少の雨でも大量の雨漏りをしてしまうそうで、原因を突き止めて補修工事をおこなう必要があります。雨漏りしている真上はバルコニーになっていて、そのどこかに原因があるのは明らかでした。雨漏りの量が非常の多い場合、原因の場所は雨水が集まってくる排水口回りにある事が殆どで、横浜市瀬谷区の建物もここに原因がありました。構造上、どうしても不具合が出やすいので、補修工事をおこなうときにはこの部分をしっかりと直さないと雨漏りを止める事が出来ません。排水口回りの処理と一緒に防水をやり直して、雨漏りを完全に止めていきましょう。

    バルコニーなどの排水口は要注意

    バルコニーは毎日見る機会があるかと思いますが、屋根がかかっているのではなく、屋上防水になっている場合はなかなか見る事が無いかもしれません。雨漏りしているので屋上に上がってみると、画像のように排水口が詰まっていた、なんて事が結構あります。

    排水口はバルコニーや屋上の雨水を集めて排水管で排出する部分ですから、ここに雨水が集まる様に角度がつけられています。雨水が集められて普通に排水管に流れていけば良いのですが、防水が劣化していた場合は集まった雨水が雨漏りとして建物内に出てしまうので非常にやっかいです。

    まず排水口を疑ってみる

    雨水が集まれば、そのぶん雨漏りの量も非常に多くなりますから、台風などで大量に雨が降らなくても雨漏りしている場合などは、排水口を疑ってみると原因追及には非常に役立つと思います。横浜市瀬谷区の建物も、大量の雨漏りの原因は排水口にありましたので、バルコニーの防水と排水口が一体になる様に防水工事をやりなおす事になりました。建物に悪影響が出る前に、しっかりと直したいですね。

    ご質問や御不明な点等ございましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る