横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市保土ヶ谷区のアパートの外壁調査シールの経年劣化

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市保土ヶ谷区のアパートの外壁調査シールの経年劣化

    更新日:2015年12月2日

    横浜市保土ヶ谷区のアパートの外壁調査へ伺いました。

    外観

    築24年で1度塗装工事を行っているアパートです。今回は2回目の塗装工事を計画中とのことで調査のご依頼を受けました。それでは調査を始めます。

    チョーキング① チョーキング②

    壁面を触ってみると指に白い粉が付着します。これはチョーキング(白亜化)というもので塗膜の劣化が始まっている証拠です。

    塗膜劣化① 塗膜劣化②

    シールの表面も塗装をしていたようですが、シール部分の塗膜だけ著しく変色しております。雨が降った際は雨水が浸入している可能性が極めて高いです。

    取合い① 取合い②

    サッシ枠と外壁の取合いに隙間が出来ております。このような隙間も雨水が浸入します。外壁の材の裏側にまわると外壁の劣化が急速に早まりますので要注意です。

    塗膜剥がれ① 塗膜剥がれ②

    塗膜剥がれ③ 塗膜剥がれ④

    シール表面の塗膜が剥がれてしまいシール自体が露出しております。この状態は雨水がダイレクトに浸入するためシールの劣化が早まります。シールのみならず外壁材まで亀裂が起こる可能性がありますので、シールの打ち替えと塗装が必要です。亀裂が起きてからでは外液材の補修をしなくてはならないので余計にコストがかかります。外壁材に亀裂が起こる前に早めのメンテナンスをご提案致します。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2018/05/19 外壁の塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えましょう|横浜市旭区

         塗膜の剥がれに気づくことは外壁にとってとても大切なことです。前回の外壁塗装から年数が経っていても、経っていなくても、塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えが必要です。被害を最小限に抑えることの出来る手段です。それは費用面でも同じことが言えます。本日は横浜市旭区のアパートで外壁調査を行いました。    ...続きを読む

      2016/02/2 横浜市港北区にあるアパートの外部全体の劣化状況を調査

         横浜市港北区にあるアパートの外部全体の劣化状況を調査を行いました。 入居者募集のために外部リニューアルをお考えとのことで、外壁や鉄部,基礎など建物全体を見ていきます。 まずは外壁を見ていきます。建物4面をぐるっと見ましたが、東西南北で外壁の色が違います。元々がピンクのだったのはそれぞれ分かりますが、...続きを読む

      2016/01/13 横浜市旭区の住宅で外壁タイルの目地劣化を点検

         横浜市旭区の住宅へ外壁タイルの目地点検へお伺い致しました。 約60坪と大きめの建物です。外壁は全面タイル張りです。タイルは、メンテナンスとして定期的に目地の打ち替えが必要です。目地の打ち替えは地道な作業でコストが非常にかかります。しかし現在、早期発見により目地打ち替えを回避し、コストを半分程度に抑えることができるよ...続きを読む

      2015/12/18 横浜市港北区のアパートで外壁とジョイントパッキンの劣化

         横浜市港北区で築18年のアパートの外壁点検に伺いました。外壁は窯業系サイディングです。 築18年ということもあり、そろそろメンテナンスの時期ではないかとの事でオーナー様よりご依頼をうけました。それでは点検を始めます。 窯業系サイディングは全体的に汚れが目立ち、色褪せや剥がれが散見されます。築18年と...続きを読む

      2015/12/2 横浜市保土ヶ谷区のアパートの外壁調査シールの経年劣化 【現在閲覧中!】

         横浜市保土ヶ谷区のアパートの外壁調査へ伺いました。 築24年で1度塗装工事を行っているアパートです。今回は2回目の塗装工事を計画中とのことで調査のご依頼を受けました。それでは調査を始めます。 壁面を触ってみると指に白い粉が付着します。これはチョーキング(白亜化)というもので塗膜の劣化が始まっている証...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      2018-09-15 20:02:23 横浜市西区の窯業系サイディングの住宅調査、コーキングの劣化やコーナーに隙間は外壁塗装すべき目安です

      IMG_8524

      外壁も屋根も普段から陽当りの良い方角に面しているところは、色褪せが早くて劣化の進行も先に進むことが多いです。また、ご自宅の周囲を取り巻く環境によっても違いが出ます。同じ建築材料で造らている建売住宅でも、陽当りや日陰によったり、風や湿気によったりと周囲の環境によって劣化や傷みなどの進行に差が出ます。横浜市西区W様のお宅も建売住宅を...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る