横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市泉区で屋根塗装、鉄部への塗装の前にはケレン・下地処理が重要です

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市泉区で屋根塗装、鉄部への塗装の前にはケレン・下地処理が重要です

    更新日:2018年8月30日

    本日は横浜市泉区の屋根塗装の現場より、下塗り前の鉄部へのケレン(下地処理)の様子をお伝えいたします。ケレンとは、ヤスリを使って棟板金(むねばんきん)や隅棟(すみむね)の「鉄部」の汚れやサビ、古い塗料を削り取る作業の事を言います。また塗料がよく食いつき、仕上がりがよくなるようあえて表面を傷つける目粗しもケレンに含まれます。鉄部に塗装をする時はケレンがしっかりしていませんと、まだ塗って2~3年なのに塗装が剥げてきた・・・となる場合もありますので、塗装においてかなり重要な工程になります。

    【ケレンを怠ると仕上がりに違いが出ます】

    このように手作業で鉄部分を削ってケレンをしていきます。地道な作業ですが、これをしませんとこの後の仕上がりに影響が出ますのでじっくりケレンします。

    今回写真に写っているのは、寄棟屋根にあります隅棟と呼ばれる屋根の一番高い所から四方に伸びて下っている板金部分です。ケレン後はサビ止めを鉄部分に塗っていきます。

    ちょうど赤く見える部分がサビ止めを塗っている箇所になります。ローラーを使ってたっぷりと塗りこみます。

    こちらは屋根の一番高い所にあります棟板金に塗っている様子ですね。こちらも端までしっかりサビ止めを塗ります。

    屋根の上のサビ止めはこれで終了です。これからようやく下塗りに入れます。

    最近はホームセンターやネットなどで工具や塗料が気軽に手に入るようになったおかげでご自分で塗装をする方も増えていますが、実はいい塗料を使う事や、塗る回数よりもケレンをするしないのほうが重要なことはあまり知られていません。

    ケレンが塗装をして作られる塗膜(とまく)に及ぼす影響は全体の実に半分近くに及ぶとのデータもあるくらい、ケレンは実はとても重要なのです。お料理も下ごしらえが肝心!とよく言われますが塗装はケレンが肝心!なのです。

    塗装はいい塗料を選んでも、工程ごとにしっかりと作業をしませんと期待通りの働きをしてくれません。

    塗料選びをする前には、現在の屋根や外壁の状態を詳しく知る必要があります。街の外壁塗装やさんではその段階から先を見据えご提案ができるように現場調査から徹底して現在の状態を調べ上げてお客様にご報告致しております。

     

    屋根や外壁塗装で仕上がりや、施工中しっかりやってくれてるかなどの心配が御座いましたらこのように後でも確認できるよう現場写真も収める街の外壁塗装やさんにお任せください。

    実際に屋根には慣れておりませんと上がれませんが、それに近い形で着工前から竣工までのご報告ができます。

    (フリーダイヤル0120-948-355)

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る