横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港南区でスレート屋根とサイディングの外壁塗装を検討中

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港南区でスレート屋根とサイディングの外壁塗装を検討中

    更新日:2016年9月11日

    横浜市港南区で建物の調査をおこないました。築13年の建物で初めてのメンテナンスを検討中のお客様です。屋根と外壁の傷みが出ているので、塗装工事で元の通りに直していきます。傷みの状態をさっそくみてみましょう。

    屋根はスレート葺きです。新築の時から一度も塗装などのメンテナンスをおこなっていないので、表面が劣化してガサガサになっていました。表面の塗膜が劣化すると雨水を弾く効果が無くなって、雨が降ると雨水を吸ってしまい劣化がどんどん進行していきます。オレンジ色したのは付着した花粉です。

    近くで見てみると、黒い色だった表面が剥がれて白くスレートの基盤が見えています。棟板金部分ではスレートが欠けたりしていました。小さなヒビ割れは数箇所ありましたが、塗装前の補修で問題ありません。

    棟板金の一部では、釘が打ち替えているところがありました。重なり部分で浮いているのですが、釘はしっかりと効いているので飛んでいってしまうことは無いでしょう。釘の場合は経年によって抜けてきたりしますので、ビスで固定した方が良いでしょう。

    外壁はサイディングで仕上げてありますが、ジョイント部分で反ってしまい浮いている部分がありました。その様になる原因のひとつ、コーキングの劣化です。サイディングのつなぎ部分に打ってあるコーキングですが、動きの緩衝の意味と防水の為に打ちます。コーキングが切れるとサイディングの切り口から雨水を吸ってしまいボソボソになって反ったりします。コーキングの劣化は直接的な雨漏りに繋がるわけではありませんが、放置できる症状ではありません。

    釘で固定した祭の施工不良で釘穴からヒビ割れしていました。コーキングは硬くなって性能を発揮できておりませんので、打ち換え工事が必須になります。サイディングも若干チョーキング(白亜化)が出てきているので、塗装工事で撥水性を取り戻してあげましょう。コーキングやクラック補修などの下地処理をしっかりとおこないます。

    ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-08-12 22:04:06 横浜市緑区で外壁塗装仕上げはパーフェクトトップ、色は日塗工のJ09-60L

      IMG_8524

      本日は横浜市緑区での屋根外壁塗装の現場より、外壁塗装の仕上げに入る様子をお伝えいたします。 お色決めの段階から、今はグレーで統一されて気に入ってはいるが、塗り替えるなら温かい感じの暖色系、オレンジとピンクが合わさったような色でガラっと変えたいとのイメージをお持ちだったので、何度もカラーシミュレーションを重ねて決めたものです...続きを読む

      2018-08-08 16:23:44 秦野市で外壁のツタやコケにお困りの方へ、外壁塗装で綺麗なお住まいに

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-08-07 09:55:18 相模原市緑区のお客様からのご相談「軒天の塗装やメンテナンスについて」

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る