横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市港南区で塗装工事中の建物がそろそろ完成です

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市港南区で塗装工事中の建物がそろそろ完成です

更新日:2017年5月17日

横浜市港南区で屋根葺き替えと外壁塗装工事中の現場です。

工事が最後に残ったのは、バルコニーの防水です。元々は床に脱着式のデッキ材が敷いてありましたが、高圧洗浄の時に全て剥がしてあります。バルコニーは結構大きなサイズで、元々シート防水が施工してありました。これといった膨らみなどは何処にもありませんでした。

シート防水に浮きや亀裂はありませんでしたので、紫外線保護の為にトップコートだけを床に塗っていきます。傷みが殆どありませんので、剥がしたりして防水をやり直す工事は必要無さそうです。

外壁や屋根の塗装工事と同じように、シーラー(下塗り剤)を高圧洗浄の後にしっかりと行う必要があります。そうしないと、防水をおこなっても簡単に浮いてしまう事になりかねません。

仕上がりの様子です。以前の状況に比べると、格段に見やすくなったのでは無いでしょうか。横浜市港南区のこちらのお客様は塗装工事をおこなっており、途中天候不良になんどか遭遇して悩まされましたが、塗装とあわせて防水工事をおこなう事で、今後の雨漏りの可能性が大幅に改善されました。防水の一番最後に塗るトップコートは、防水層が紫外線によってボロボロになることを防いでくれます。もともとは脱着式の床パネルが敷いてありましたので、同じように復旧して紫外線から防水を守りましょう。その際には一つ注意が必要で、床に敷くパネルなどはガタツキが無い様に納めないと、擦れて防水層に亀裂が入ったりするのでビタっと納まるようにしてください。

防水工事についてご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2017-10-15 20:17:11 FRP防水の立上りとサッシの取合いは雨漏りしやすい|横浜市栄区

      IMG_8524

      FRP防水は、ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて、強度を向上させた複合材料を使用した防水です。他の防水材を使用したものと比べれば、そのままの状態であれば強度が髙いのですが、1度割れてしまうと元に戻すことができません。特にFRP防水の立上りとサッシの取合いは、亀裂が入り雨漏りしやすいようです。横浜市栄区O様より、「バル...続きを読む

      2017-10-07 02:37:35 屋上防水からの雨漏りの原因は排水口回りの可能性が高いです|横浜市保土ケ谷区

      IMG_8524

      横浜市保土ケ谷区で雨漏りにお困りのお客様です。最近の雨の降り方は短時間に大量の雨が降ったりして、今まで雨漏りした事がなかった建物でも急に雨漏りして困ってしまう事があると思います。お住まいの皆様が雨漏りに気付くのは、壁に染みが出来たり天井からポタポタと雨水が垂れてきた時だと思いますが、目に見える部分に症状が現れる前に実は雨漏りして...続きを読む

      2017-05-17 01:20:00 横浜市港南区で塗装工事中の建物がそろそろ完成です

      IMG_8524

      横浜市港南区で屋根葺き替えと外壁塗装工事中の現場です。 工事が最後に残ったのは、バルコニーの防水です。元々は床に脱着式のデッキ材が敷いてありましたが、高圧洗浄の時に全て剥がしてあります。バルコニーは結構大きなサイズで、元々シート防水が施工してありました。これといった膨らみなどは何処にもありませんでした。 ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る