横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市青葉区奈良にて築17年経ったコロニアル屋根を塗り替えに備えて調査しました

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市青葉区奈良にて築17年経ったコロニアル屋根を塗り替えに備えて調査しました

    更新日:2019年4月13日

    本日はお住まいになられてから屋根に関してそういえば何もリフォームしていないなと、考え始めた事がきっかけで弊社に屋根の点検調査のご依頼を頂きました。

    事前の情報では屋根材がカラーベストと図面に書いてあったとの事でした。化粧スレート・コロニアルとも呼ばれる屋根材で塗装で保護が必要な屋根材です。

    現地にて不具合はなにかなどの打合せ後にさっそく屋根にあがりました。

     

    6寸勾配の屋根は塗膜が薄れ苔や藻などの発生が多く見てとれます

    切妻屋根のコロニアル屋根は北面に汚れが多く見受けられます 苔や藻、カビの付着は塗装のサインでもあります。水はけが悪い所に発生します

     

    隣地と近い事、写真左の様にベランダが設置されていて材料はポリカ。梯子を架けた時の負荷で割れてしまう事を回避するために。ベランダに脚立を立てて何とか屋根に上がりました。

    こちらの建物は切妻屋根で6寸ほどの急勾配でした。屋根は塗膜がない状態に近くズルズルとふんばりがきかない状態で歩くのも困難です。その証拠に北面には苔や藻の発生が多く見てとれ、屋根表面の撥水効果がなくなっているのが分かります。では軒先の方まで下りて特に汚れが多い箇所を見てみます。

     

    屋根材の重なる小口にカビには大きなカビも確認できます

    小口にあった大きなカビ

     

    軒先までおりてゆくと、屋根材が重なる小口(こぐち)に大きなカビが発生しているのが確認できます。屋根材の裏側に回り込むこともある雨水や小屋裏からの湿気などで重なり部分に水が溜まり長時間その状態が続くとカビも発生してしまいます。カビなどの汚れが多く確認できる屋根は健康被害も考えねばなりません。菌は見えないですが浮遊していることもあります。

     

     

    雪止め金具の裏にも苔や藻が多く発生 苔や藻、カビが集まった屋根面

     

    この時にはまだ雨漏りは何も確認できず、屋根の上を移動している足の感覚では下地もしっかりとしていた為、今回は塗装工事のご提案後にご用命頂きました。

    汚れは高圧洗浄時にしっかりと洗い流せるので、下地処理もしっかりとしてから日本ペイントさんの遮熱型塗料サーモアイで塗装工事をすることになりました。

    実は以前に内装のリフォームでリビングを吹き抜けにしてから室内が暑くなったとお伺いしたので、その為にもサーモアイは活躍してくれることでしょう。

    塗装に関してのご相談はお気軽に。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る