横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > モルタルに亀裂が入ってきたら外壁塗装を行う目安|横浜市保土ヶ谷区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    モルタルに亀裂が入ってきたら外壁塗装を行う目安|横浜市保土ヶ谷区

    更新日:2018年1月14日

    「そろそろ外壁のメンテナンスを考えたい」とのことで、横浜市保土ヶ谷区A様より調査のご依頼がありました。築10年が経過した横浜市保土ヶ谷区A様のお宅の外壁は、モルタルで造られた外壁です。モルタルの場合は、築年数の経過により亀裂が入るようになります。外壁は定期的なメンテナンスとして塗装が必要になりますが、モルタルで造られた外壁の場合、亀裂が発生してくると外壁塗装を考えなくてはならない時期に差し掛かります。横浜市保土ヶ谷区A様のお宅のモルタルも、亀裂が複数個所で発生していたため、外壁塗装のご提案をさせて頂きました。

     

     

    【亀裂が入ってきたら外壁塗装の目安】

    モルタルの亀裂① モルタルの亀裂②

    普段からお住まいになられている建物の外壁を、細かく見ることはないと思います。街の外壁塗装やさん横浜店は、調査の段階で細かく観察して状態を確認します。モルタルに発生する亀裂が実際にどのようなものなのか、亀裂はどのようなところに発生しやすいのかをお伝えします。

     

     

    モルタルの亀裂③ モルタルの亀裂④

    遠くから見ていても亀裂はなかなか確認できません。横浜市保土ヶ谷区A様のモルタルの表面が、リシンを吹付けて仕上がっているということで、その凹凸により亀裂が確認しづらいという特徴もありますが、外壁を近くから舐めるように見ていかなければ確認できないことが多いです。亀裂はそれぞれ幅や深さが違います。幅が小さく浅い亀裂もいずれは大きく深くなっていきますので、小さく浅い亀裂も見逃せません。

     

     

    モルタルの亀裂⑤

    モルタル壁は亀裂が発生しやすいところがあります。それは違う材料との取合いです。水切りの上端や窓サッシの四隅、シャッターBOXの上端などの、雨水が溜まりやすいところから最初に亀裂が発生してくるケースが多いです。もしご自宅の外壁がモルタル造られていて築年数が9以上経過している場合は、一度水切りの上端や窓サッシの四隅、シャッターBOXの上端などを確認してみて下さい。モルタルに亀裂が入ってきたら外壁塗装を行う目安です。街の外壁塗装やさん横浜店では、入念な調査のもと適切なご提案をさせて頂いております。外壁のことは街の外壁塗装やさん横浜店にお任せ下さい。

    フリーダイヤル0120-948-355まで。

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-08-12 22:04:06 横浜市緑区で外壁塗装仕上げはパーフェクトトップ、色は日塗工のJ09-60L

      IMG_8524

      本日は横浜市緑区での屋根外壁塗装の現場より、外壁塗装の仕上げに入る様子をお伝えいたします。 お色決めの段階から、今はグレーで統一されて気に入ってはいるが、塗り替えるなら温かい感じの暖色系、オレンジとピンクが合わさったような色でガラっと変えたいとのイメージをお持ちだったので、何度もカラーシミュレーションを重ねて決めたものです...続きを読む

      2018-08-08 16:23:44 秦野市で外壁のツタやコケにお困りの方へ、外壁塗装で綺麗なお住まいに

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-08-05 21:18:02 横浜市緑区でコーキングを打ち替えない外壁塗装で塗膜が先に剥がれる

      IMG_8524

      横浜市緑区F様のお宅より、「築20年でそろそろもう一度外壁塗装をしたいと思っている」と調査のご依頼がありました。外壁は窯業系サイディングとのことでした。窯業系サイディングはサイディング同士の継ぎ目にコーキングが打たれております。メンテナンスとして最初の外壁塗装を行うきっかけは、このコーキングの劣化であることが多いです。サイディン...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る