横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市保土ヶ谷区|バルコニーの格子の修理を行いました

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市保土ヶ谷区|バルコニーの格子の修理を行いました

    更新日:2018年1月14日

    本日は横浜市保土ヶ谷区にお住いのG様のお宅にて、バルコニーの格子の修理を行いました。こちらは以前、雨樋修理を行ったのお客様で、ありがたいことに今回は「2階バルコニー部分の格子が外れかかっているので直してほしい」とのご依頼をいただきました。

    ベランダ部分

    こちら側のバルコニーはほとんど使われていなかったそうで、格子が下に落ちているのに気付き、他の外れかかっている格子も落ちてこないか心配になったそうです。築は30年程で、経年の影響でビスが外れやすくなったのが格子がズレたり、外れたりする原因だと考えられます。外れた部分の修理ということであれば、ビスを打ち直せば問題はないでしょう。早速修理に取り掛かります。

    ビスが外れた格子 ビスが外れた部分

    今回は外れた部分を修理するのと併せ、既存の部分も一度取り外し、改めてビスを打ち直す補修も施します。外れた部分だけを直しても別の場所がまた外れてはお客様の迷惑になってしまうからです。

    ここで一つ気になったことがあります。格子自体には問題はないので、ビスを止めていけばズレや外れを解消することはできますが、バルコニー自体をよく見ると、若干下がってるのが確認できます。

    ベランダ自体のズレ ビス止め

    現に右端の格子にビスを打つ際、下からバルコニー自体を持ち上げなければ位置が合わないほどズレておりました。こちらに関しては格子の修理・補修というより、バルコニー自体の工事を考える必要があります。おそらく、格子がズレたり外れたりするのもバルコニー自体がズレてきたのが原因の一つと判断できます。そうなると、また先々で格子部分がズレたり外れたりする可能性が出てきます。この状況をG様にご説明をしたところ、こちらのバルコニーはほとんど使ってないこともあり、今回はそこまでの工事は望まないとのことでした。先々のリスクも承知の上、今回は格子の修理・補修で終えることになりました。

    ビス止めし直し ベランダ格子修理・補修

    勿論、この先も定期的に点検に伺うなど、サポートやアドバイスは行ってまいります。街の屋根やさんでは工事が終わってからのお付き合いも大切にしております。しっかりと工事を行い、その後のサポートやメンテナンスなどもしっかりしてこそ、長くお付き合いを頂けるとものだと思っております。細かい部分の点検・修理からでも、気になることがございましたらフリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談ください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る