横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

    更新日:2017年9月22日

    近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。

     

    外観① 外観②

    横浜市南区N様のお宅では、外壁に飾り縁や付け柱、付け出隅(つけでずみ)が取付けられておりました。実際に飾り縁や付け柱、付け出隅などの化粧板が取り付けられているお宅は結構あります。このような化粧板が取り付けてあるお宅では外壁塗装の前にやっておかなくてはならないところがあります。それは外壁材との取合いにシーリングを打っておくことです。

     

    付け出隅の隙間① 付け出隅の隙間②

    飾り縁や付け柱、付け出隅は、外壁材に釘を打って固定してあります。外壁材と一体になっているように見えて、一体にはなっておりません。そこには隙間がもともとあります。この隙間はそのままにしておくと良くありません。この隙間に予めコーキングが打たれていることもたまにありますが、打たれていないことが多いです。とくに付け出隅に関しては殆ど見たことがありません。上の2つの画像は付け出隅の画像です。この隙間へ雨水が浸入して塗料の塗られていない裏側にまわってしまうのです。塗料の塗られていない裏側にまわるとそこから傷み出してひび割れを起こしてしまうことがあるのです。

     

    付け出隅の隙間シーリング

    お客様から見た外壁塗装という言葉の中に、「綺麗になる」や「建物の手入れ」と言った意味合いがあると思いますが、「外壁塗装をすればこれで暫くはやらなくていい」という意味合いもあると思います。外壁塗装と聞くと「塗装」というイメージになってしまいますが、塗装だけが全てではありません。このような隙間は「塗装をしたのにここだけすぐに剥がれてきた」や「塗装をしたのにここだけすぐに割れてきた」ということに繋がる可能性があります。可能性を未然に摘んでおくこともメンテナンスでは必要です。横浜市南区N様のお宅では、付け出隅の隙間をシーリングで埋めるという作業が必要でした。「外壁塗装」はどのお宅でもやるべきことですが、それぞれのお宅独自のメンテナンスポイントも必ずあります。街の外壁塗装やさん横浜店は、それぞれのお宅独自のメンテナンスポイントまでご提案することが出来ます。横浜市南区N様のお宅のように、付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装をする必要があります。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2017/10/2 外壁塗装の時にやっておきたい角(コーナー)の補修|横浜市南区

         外壁塗装と言うと、壁面に塗装をするので平らな面のイメージが強いと思いますが、外壁には必ず角(コーナー)があります。基本的には4箇所ですが、入り組んでいる建物では4箇所以上あります。また、軒天や鼻隠し、破風にも角(コーナー)はあります。外壁塗装をする際には、塗装以外にやっておきたいことがいくつかありますが、角(コーナー)の補修はと...続きを読む

      2017/09/22 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装 【現在閲覧中!】

         近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。   ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る