横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市戸塚区築10年のモルタル壁でも劣化の兆候は出てきます

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市戸塚区築10年のモルタル壁でも劣化の兆候は出てきます

更新日:2017年7月5日

横浜市戸塚区でモルタル壁の外壁調査を行いました。築10年のお宅でリシン吹き付けで仕上がっている外壁です。

外観① 外観②

築10年でも建物周囲の環境によりけりで劣化の具合は違ってきますが、こちらのお宅では早くも兆候が出てきております。

モルタル壁コーナー亀裂① モルタル壁コーナー亀裂②

モルタル造られた外壁では特にコーナーの部分に最初に傷みが出始めることが多いですが、こちらも例外ではなくすでにひび割れが始まっております。そして補強材が露出しているところもまりました。

モルタル壁サッシまわり亀裂

またサッシのまわりでも発生しておりました。特にサッシの上端からのひび割れが多く、この部分は雨水が非常に溜まりやすいところでもありますので、おそらくは他の箇所と比べて雨水の影響を受けてしまっているものと考えられます。コーナーのひび割れも含めて考えると、外壁が水を吸うようになってきている可能性が高く、このままにしておくとひび割れや亀裂が増えていく一方です。ひび割れが目につくようであれば、早めに塗装して今後の劣化に備える必要があります。

幕板継ぎ目

またこのような幕板が取り付けてある場合は、必ず継ぎ目がありコーキングが打たれてあります。幕板の表面と同じ色で仕上がっており、見つかりづらいところですがコーキングの表面に塗られた塗膜がひび割れてきております。外壁塗装をする際は、このようなコーキング部分も打ち替えてそれから塗装するようにしましょう。継ぎ目のコーキングを打ち替えないで塗装してしまうと、ここだけ剥がれが早くなるうえに周囲の幕板の割れを誘発させることがあります。横浜市戸塚区築10年のモルタル壁でも劣化の兆候は出てきますをお伝えしました。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-05-20 19:19:52 コーキングの補修でお悩みの方へ|横浜市青葉区

      IMG_8524

      本日は築20年、今までに施したメンテナンスは10年前の外壁塗装のみという、横浜市青葉区のお宅にお伺いさせていただきました。 ご相談としてまずお話されたのは、コーキングの痛みが気になるとの事でさっそく立ち合いのもと現場調査にはいります。 また、何か指摘してもらえるところがあれば教えて欲しいとの事でしたので、コーキング以...続きを読む

      2018-05-19 21:41:39 外壁の塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えましょう|横浜市旭区

      IMG_8524

      塗膜の剥がれに気づくことは外壁にとってとても大切なことです。前回の外壁塗装から年数が経っていても、経っていなくても、塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えが必要です。被害を最小限に抑えることの出来る手段です。それは費用面でも同じことが言えます。本日は横浜市旭区のアパートで外壁調査を行いました。    ...続きを読む

      2018-05-19 17:18:51 耐久性が抜群のオートンイクシードで目地の打ち換え|横浜市港北区

      IMG_8524

      横浜市港北区で塗装工事中の建物です。ここ最近は日中に雨も降らず、工事も順調に進んでいます。天気に左右されるのが塗装工事ですので、晴れが続くのはとても有難いです。現在工事中の建物は、外壁の仕上げがサイディングで表面が若干劣化してチョーキングが出ています。サイディングとサイディングの繋ぎには『目地(めじ)』があり、コーキングが打って...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る