横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市栄区築10年リシンの外壁はよく見ると亀裂が多かった

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市栄区築10年リシンの外壁はよく見ると亀裂が多かった

更新日:2017年8月2日

横浜市栄区で築10年のリシンの外壁を調査しました。

外観① 外観②

建てられてから10年の経過は決して古くはありませんが、外壁には10年前後で傷みが出てくることがよくあります。外壁がリシンで仕上がってある場合は、表面に細かい凹凸が出来ているため傷み具合が確認しづらいところがあります。普段生活しているだけでは目にしづらいかもしれません。

亀裂① 亀裂②

傷みは亀裂となって現れることが多く、弊社の外壁調査では亀裂が発生しやすいところから、発生しづらいところまでしっかり調査します。発生しやすいところではサッシとの取合い、特に四隅から亀裂が発生します。またサッシの上端や水切りの上端などの雨水が溜まりやすいところも亀裂が発生します。サッシまわりで発生する亀裂には傷み以外にも揺れによって発生することもあります。

亀裂③

こちらは手摺壁の外側にある亀裂です。玄関のある面の外壁は目にすることが多いですが、お庭の真上やお隣と接している面の外壁は、普段の生活では目にしづらいようで、亀裂を見つけづらい傾向があります。リシンの外壁も劣化により水を吸うようになります。水を吸うようになると傷みは加速していきます。亀裂の発生は傷みが加速しているということになります。外壁塗装を行って表面に塗膜を造り撥水してあげるようにしましょう。横浜市栄区築10年リシンの外壁はよく見ると亀裂が多かったをお伝えしました。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-05-20 19:19:52 コーキングの補修でお悩みの方へ|横浜市青葉区

      IMG_8524

      本日は築20年、今までに施したメンテナンスは10年前の外壁塗装のみという、横浜市青葉区のお宅にお伺いさせていただきました。 ご相談としてまずお話されたのは、コーキングの痛みが気になるとの事でさっそく立ち合いのもと現場調査にはいります。 また、何か指摘してもらえるところがあれば教えて欲しいとの事でしたので、コーキング以...続きを読む

      2018-05-19 21:41:39 外壁の塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えましょう|横浜市旭区

      IMG_8524

      塗膜の剥がれに気づくことは外壁にとってとても大切なことです。前回の外壁塗装から年数が経っていても、経っていなくても、塗膜が剥がれていたらすぐに塗り替えが必要です。被害を最小限に抑えることの出来る手段です。それは費用面でも同じことが言えます。本日は横浜市旭区のアパートで外壁調査を行いました。    ...続きを読む

      2018-05-19 17:18:51 耐久性が抜群のオートンイクシードで目地の打ち換え|横浜市港北区

      IMG_8524

      横浜市港北区で塗装工事中の建物です。ここ最近は日中に雨も降らず、工事も順調に進んでいます。天気に左右されるのが塗装工事ですので、晴れが続くのはとても有難いです。現在工事中の建物は、外壁の仕上げがサイディングで表面が若干劣化してチョーキングが出ています。サイディングとサイディングの繋ぎには『目地(めじ)』があり、コーキングが打って...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る