横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市緑区アパートの鉄骨通路は塗装の前に鉄骨補強工事

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市緑区アパートの鉄骨通路は塗装の前に鉄骨補強工事

    更新日:2016年9月17日

    相模原市緑区でアパートの調査を行いました。

    外観

    アパートオーナー様からのご依頼で塗装工事を計画中とのことでした。外壁塗装以外にも同じタイミングで塗っておくべきところはあります。雨戸や雨樋、木部などございますが、アパートには鉄骨で組んだ階段や通路がよくあります。築20年~30年経過してくると鉄骨部の塗装が必要になりますが、たいてい錆びているのが実状です。

    鉄骨階段錆び① 鉄骨階段錆び②

    このように塗膜が剥がれて鉄骨がむき出しとなり、そこから錆が生じてきます。メンテナンスとしては既存の塗膜を落して、塗り替えることができます。しかし、通路にかんしてはそれだけでは危険なこともあります。

    鉄骨通路隙間

    こちらは鉄骨通路ですが、赤い線に沿ったところでは鉄骨部と床材の間に隙間が生じてきます。この隙間に雨水が流れると鉄骨部に錆が生じます。鉄骨通路にかんしては、この鉄骨部分が外に向かって開いてしまい、本来は支えるために建てているはずですが、歪んでしまって通路自体が傾いてしまうことがあるのです。建物と繋がっているケースは少なく、鉄骨部だけが独立して建ててあることが多く、地震が起こると別な揺れ方をします。

    鉄骨通路錆び① 鉄骨通路錆び②

    こちらは塗膜が剥がれて錆が出ている部分ですが、塗膜だけが少し膨らんでから破けているのが判ります。これは鉄骨部の表面からの影響ではなく、裏側(内側)からの影響であるということです。すなわち、先ほどの通路の隙間へ雨水が流れ落ちて溜まってしまうことが原因です。

    アパート鉄骨補強① アパート鉄骨補強②

    このように鉄骨角パイプを沿わせて溶接で固定し、Lアングルでさらに挟み込むように溶接で固定することで補強になります。鉄骨補強工事を行ってから塗装工事をすることで、機能と美観の両方をクリアすることができます。調査のご依頼を頂ければすぐにお伺いいたします。お待ちしております!!

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2016/09/17 相模原市緑区アパートの鉄骨通路は塗装の前に鉄骨補強工事 【現在閲覧中!】

         相模原市緑区でアパートの調査を行いました。 アパートオーナー様からのご依頼で塗装工事を計画中とのことでした。外壁塗装以外にも同じタイミングで塗っておくべきところはあります。雨戸や雨樋、木部などございますが、アパートには鉄骨で組んだ階段や通路がよくあります。築20年~30年経過してくると鉄骨部の塗装が必要になりますが...続きを読む

      2016/09/14 相模原市緑区でアパート外壁塗装をご検討につき外壁調査

         相模原市緑区のアパートオーナー様よりアパート外壁調査のご依頼がありました。 築31年で14年前に外壁塗装を行っているそうです。今回は2回目の外壁塗装を検討中とのことです。外壁はモルタル壁で一部タイルで仕上げてありますが、9割以上が塗装で仕上げてあります。それでは調査に入ります。 ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-22
      横浜市南区永田南で窯業系サイディングの点検、合わせ目に塗られた塗膜がひび割れておりました

         近年の住宅外壁材として多く使用されている窯業系サイディング。そのままの状態では傷んできてしまうため、築10年以降は定期的に塗装でのメンテナンスを行っていかないとより長持ちすることが難しくなります。横浜市南区永田南にお住いになられているU様...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-15
      横浜市西区東久保町でALC外壁を点検、表面に吹き付けられている塗膜がひび割れだしておりました

       住宅に使用されている外壁材で主流となっているのは窯業系サイディングとモルタルですが、大手住宅メーカーが建てている住宅の外壁材には、窯業系サイディングとモルタルではない外壁材も使用されております。特にALC(軽量気泡コンクリート)は多く使用されていることで知ら...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-27
      横浜市旭区柏町でマンション外壁の点検、外壁やコーキングが傷み始めておりました

         頑丈そうに見えるマンションも新築当初と比べると徐々に傷み始めます。横浜市旭区柏町にあるこちらのマンションでも徐々に傷み始めておりました。一般住宅と比べて大きな建物であっても建物外部が置かれている環境に違いはございません。マンションやアパー...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例