横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 茅ヶ崎市で外壁塗装点検!チョーキング現象とコケの発生

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    茅ヶ崎市で外壁塗装点検!チョーキング現象とコケの発生

    更新日:2016年9月26日

    茅ヶ崎市で外壁塗装のご相談をいただき点検にお伺いしました。
    築15年の建物で、母屋とはわかれたお庭のはなれとしてお使いの建物ということです。
    緑の中に青い別荘のような建物はとても素敵です。早速、塗装の点検を行います。

    チョーキング現象 外壁にコケの発生

    建物のコケの発生が目立ちます。青く外壁が塗装されているだけに余計に緑のコケは目立ってしまいますね。
    外壁面が日に当たらず、お住まいに緑が多いことが原因として挙げられますが、コケが発生しているということは塗膜の防水効果が弱まり、水分を含んでしまっていることを意味します。
    また、手で少し触ってみるとチョークの粉のようなものが指に付着しているのがお分かりいただけるでしょうか?こちらをチョーキング現象(白亜化)と呼びます。
    このチョーキング現象の発生は塗膜の塗り替え時期が来ているひとつの目安になりますので、お住まいの外壁塗装をお考えの際はご自宅の外壁を手でこすってみてください。
    チョークのような粉が付着する状態であれば、お住まいは外壁塗装の時期がきているのかもしれません。

    ケラバの塗膜あれ アスファルトシングル

    また、屋根はアスファルトシングルで葺かれていました。アスファルトシングルと聞くとあまり聞きなれない屋根材ですね。
    アスファルトシングルとはアスファルトをガラス繊維に含浸させ、その上に細かくした自然石を貼り付けた屋根材になります。
    他の瓦、スレート、金属屋根材などに比べて施工が非常に用意ではさみやカッターなどで簡単に屋根材を切ることができます。
    施工のしやすさはナンバー1なのですが、ペラペラとしているぶん屋根材が風に飛ばされやすかったり、表面の石粒が樋を詰まらせる原因を作ってしまう場合もあります。
    お客様のお住まいでは、屋根材の剥がれや、コケの発生などが多く見られます。幸い雨漏りなどの発生はありませんが塗装を行うよりも、こちらは金属屋根などでカバー工法を行ってあげた方が良いでしょう。
    また、細部の塗装も大きく剥がれてしまっている箇所が数か所ありました。破風やケラバがこの状態になってしまいますと 見た目もあまり良いとは言えませんね。
    外壁塗装を行う際に細部塗装も合わせて行ってあげた方が良いでしょう。

    外壁塗装・屋根カバー工法のご相談は0120-948-355までお気軽にご相談ください。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-19 10:23:50 窯業系サイディングのメンテナンスについて|相模原市南区

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      2018-07-10 09:31:39 窯業系サイディングの劣化症状とメンテナンスをご紹介|伊勢原市

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る