横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 年始に外壁の状態をチェック!チョーキング(白亜化)現象は発生していませんか?

    年始に外壁の状態をチェック!チョーキング(白亜化)現象は発生していませんか?

    更新日:2020年1月6日

    あけましておめでとうございます。年が明けて気持ちも何となくですが新しい気持ちになりましたね。
    新しい年を迎え、横浜市もこれからさらに冷え込む季節になっていくかと思いますので、皆様体調には気を付けてください。
    そして、人と同じく、お住まいの外壁の状態も気にかけてみてあげてください。
    今回は、ご自身でも比較的簡単に外壁の状態を確認できる、チョーキング(白亜化)現象についてご説明してまいります。
    年始

    チョーキング現象とは?

    皆様は、外壁に手や衣類などが触れた際に白い粉のようなものが付着したことはありませんか?
    チョーキング現象とは、外壁を手や布で触ったりした際に、白い粉が付着する現象です。これは、外壁の劣化が進んだ際に発生する現象です。白亜化現象とも呼びます。
    外壁の塗料は、塗ったその日から日にちが経つにつれて劣化していきます。(経年劣化)
    外壁の塗料に含まれる塗膜の樹脂が徐々に分解され、顔料が露出し白い粉状になった顔料が付着するようになるのです。
    チョーキング現象(薄い)
    チョーキング現象(軽度)
    チョーキング現象(濃い)
    チョーキング現象(重度)

    チョーキング現象の主な原因

    チョーキング(白亜化)現象の主な原因とは、経年劣化の他に、雨や風、紫外線等のダメージでも発生しやすくなります。
    最初は薄っすらと手につく程度ですが、さらに寿命が近づいてくるとベッタリと濃く付着するようになります。
    特に、日当たりの良い場所は、日が当たらないところに比べて紫外線のダメージが激しいので、チョーキング(白亜化)現象が発生しやすくなります。
    チョーキング(白亜化)現象が発生していると、防水性能も低下しているので、外壁材に雨などが染み込みやすくなり、外壁の劣化にも繋がっていきます。
    また、まだ耐用年数が経っていないのに早くチョーキング(白亜化)現象が発生した場合は、塗装する際に
    ・雨の日や湿度が高い日に塗装を行った
    ・乾燥時間が不十分だった
    などの施工不良が原因という可能性もあります。
    塗装作業
    塗装してある住宅
    チョーキング(白亜化)現象が発生しているか確認する方法は、外壁を手で触ってみたり、布で軽く擦ってみてください。白い外壁の場合、黒い手袋で確認するとはっきりと白い粉が見えるのでわかりやすいです。
    また、外壁に水をかけてみる方法もあります。外壁に水をかけ、外壁が変色したらチョーキング(白亜化)現象が発生していると考えられます。
    ご自身で確認しやすい方法でもあるので、皆様も是非年始に外壁の状態をチェックしてみてはいかがでしょうか。
    そして、もし皆様のお住まいにチョーキング(白亜化)現象が発生していた場合、外壁の劣化が進んでいると考えて塗り替えを検討してみてください。放置をすると外壁の劣化がさらに進み、お住まいの寿命をさらに縮めてしまいます。
    また、外壁塗装を行う際の塗料にも種類はたくさんあるので、外壁塗装を行う際には、皆様のお住まいのお悩みに沿った塗料を選ぶとさらに良いでしょう。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、無料で点検も行っております。お気軽にお問い合わせください。
    2020年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る