横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 金属(ガルバリウム鋼板)塗装に欠かせない下塗り塗料 『プライマー』をご紹介

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    金属(ガルバリウム鋼板)塗装に欠かせない下塗り塗料 『プライマー』をご紹介

    下塗り塗料プライマーをご紹介
     皆さんは外壁塗装を検討し、お見積りを取った際に、「何の為に行うの?」と疑問に思う項目があったことはありませんか?タスペーサーやシーリングなど調べればすぐに解決するものがほとんどだとは思いますが、塗料に限っては屋根材・外壁材に適しているのか?下塗りと仕上げ塗料の相性が良いのか?と確認しなければならないポイントがあります。そして最も大事と言われているのが仕上がりに大きく影響し、塗装面に接する下塗り塗料の種類です。
     下塗り塗料の種類はいくつかありますが、このページでは今後使用されることが多くなると予想される下塗り塗料プライマーについてご紹介したいと思います。プライマーは多岐にわたって使用されている下塗り塗料ですので、もしかするとDIYでの塗装に使用したことがあるかもしれません。住宅塗装は10~15年に一度高い費用を出して行うものですので、綺麗に仕上げる為にも下地に適した下塗り塗料(プライマー・シーラー・フィラー等)の違いや用途を知っておきましょう。

    【動画で確認「塗装用プライマー」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

     お住まいの塗り替えを行うといってもただ単に耐久性に優れた塗料を塗るという単純作業ではありません。塗装にはいくつも工程があるという事はご存知だとは思いますが、その中でも高圧洗浄や下塗りといった下地調整は塗装直後の見栄えではわかりませんが、塗装の仕上がりに大きく影響しますので非常に重要です。
    下地の調整は塗装の仕上がりに大きく影響するため非常に重要
     高圧洗浄や下塗りは塗装工程の重要性を把握している塗装業者であれば必ず行う作業ではありますが、実は塗装する下地にあわせてプライマー・シーラー・フィラーなど下塗り塗料を変更しています。そこでまず簡単に下塗り塗料の種類とどのように使い分けているかをご紹介させていただきます。
    外壁塗装の重要な役割の下塗り塗料
     下塗り塗料の1つに分類されているプライマーですが、primary(初めの)という意味通り下塗り塗料の総称でもあります。プライマーの役割は素地と今後塗装していく仕上げ塗料の密着性を向上させることです。
    プライマー
     塗装の原則は、接着剤の役割を担う下塗り、お客様の希望通りの色に仕上げる為の中塗り・上塗りの3回塗りです。塗装直後の仕上がりに反映される中塗り・上塗り工程を抜く塗装業者は滅多にいませんが、工程で見られる事が少なく数年後の仕上がりに影響を及ぼす下塗り塗料を抜き、工期短縮・費用削減を図る悪質な塗装業者が実在してしまうということをしっかり把握しておきましょう。
    下塗りは3回塗り
     プライマーと同じ機能をもつ下塗り塗料としてバインダーと呼ばれる塗料もありますが、どちらも塗料の密着性が悪い金属系素材やプラスチック等に使用され、木部用プライマーを使用することで呼吸し伸縮を起こす木部の塗装も可能です。
    シーラー
     seal(密閉する)を語源とするシーラーの主な役割は、プライマーが持つ下塗り塗料本来の中塗り・上塗りと素地の密着性向上の他に、経年劣化している下地の吸い込み止めです。
     太陽光や雨水に晒され傷んでしまった下地は塗料を多く吸い込み色ムラを起こし美観を損ねてしまいます。これらはセメント・コンクリートが原料のサイディング、モルタル、ALCパネルに多い為、現在はプライマーよりも多く使用されている下塗り塗料でもあります。
    下塗り塗料シーラーをしていない場合
    下塗り塗料シーラーを使用した場合
    フィラー
     filler(詰め物・充填剤)を語源とするフィラーには、プライマー機能に加え下地の凹凸を埋め滑らかに仕上げる役割をもつ下塗り塗料で、ひび割れ(クラック)が発生しやすいモルタルやALCパネルに使用されることが多く、サイディングの下塗りに使用されることはありません。多く使用されているのはシーラーとフィラー両方の役割を兼ねた微弾性フィラーです。
    下塗り塗料フィラーを使用していない場合
    下塗り塗料フィラーを使用した場合
    ※モルタルに発生してしまった構造クラックはフィラーで埋めることが出来ない為、必ずVカットやUカット等の補修工事を施す必要があります。
     ちなみにプライマーとシーラーには仕上げ塗料同様に水性・油性(溶剤)があり、下地の状態にあわせて選定する必要があります。例えば築年数が浅く経年劣化がそれほど見られない綺麗な下地には臭いが少なく上塗り塗料の種類を選ばない水性塗料が適しています。築年数が経過しており耐久性を高めたい場合は浸透性の高い油性(溶剤)塗料が適しています。
    下地の状態に合わせておすすめする塗料
    プライマーの施工費用と仕上塗料の選び方

     プライマー塗装は見積書に下塗りとして記載されている事が多いのですが、恐らく600~1,200円程度かと思います。

    プライマーの費用相場

    600~1,200円/㎡程度

     これほど差があるのはDIY塗装でも使用できるよう市販のプライマー(ミッチャクロンマルチ等)が販売されていること、水性プライマー・油性(浸透性)プライマー・防錆プライマー・導電性プライマー・絶縁性プライマー等様々な機能を持ち合わせたプライマーが存在するからです。施工箇所や目的によって使用するプライマーが異なる為、一概に費用はどの程度というご説明は出来ません。

    施工箇所や目的に合わせた様々な機能・価格のプライマー
     また仕上げ塗料との相性もあります。例えば日本ペイントのパーフェクトプライマーは金属サイディングや付帯部の下塗りに適しています。カタログには適用上塗り塗材としてパーフェクトトップやファインSi等が挙げられています。このように塗料にはプライマーにかかわらず下塗りと仕上げ塗料との相性がありますので、適用下地・適用上塗り塗料と確認しながらプライマーを選ぶ必要があります。
    パーフェクトプライマー資料
    ※日本ペイント・パーフェクトプライマーPDFより
    下塗りと仕上げ塗料には相性があります
    下塗りプライマーが欠かせない素材・部位とその理由
     塗装には下塗り塗料が欠かせませんが、素地と仕上げ塗料の密着性向上に長けているプライマーを使用している部位・素材が存在します。そこで外壁塗装に関係のあるいくつかのポイントと注意点もあわせてご紹介したいと思います。
    塗膜が劣化し色褪せ
    塗膜が劣化し錆が発生
     昔から庇や霧除け、雨戸にも金属系素材が使用されていますが、現在は新築・リフォーム共に高耐久で錆びにくいガルバリウム鋼板の使用率が増えてきています。セメント素材とは異なり吸水性が低いため劣化しにくく、技術の進歩から耐久性も高く錆びにくくなっていますが、築年数が経過していくうちに塗膜が劣化し色褪せや錆が発生してしまいますので、劣化を防ぐ為に塗装による塗膜保護が必要です。
    庇や霧除け
    雨戸
    鉄部の手すり
    鉄部の笠木
     ツルツルとした表面の金属素材は、ケレン・ペーパー掛けによる目粗しと防錆プライマーの塗装で仕上げ塗料との密着性を高めます。よく金属塗装の下塗りとして錆止め塗料が使用されますがプライマー機能も持つため、プライマーと錆止め塗料どちらも塗装する必要はありません。
    ケレン・ペーパー掛けによる目粗し
    防錆プライマーの塗装で仕上げ塗料との密着性を高めます
    外壁とシーリング材の間に隙間
     サイディングの目地シーリングを補修する際、既存シーリングを撤去し新たに打設しても密着性が悪く外壁とシーリング材の間に隙間を作ってしまう可能性があります。
    シーリング打設前にプライマーを目地に塗り込みます
     そのような事が起きないよう、シーリング打設前にプライマーを目地に塗り込んでから充填していきます。ここで注意したいのはプライマーを塗った当日にシーリング材を打設する必要がある為、時間と範囲を決めて作業を行います。
    プライマーを塗った当日にシーリング材を 打設
    時間と範囲を決めて目地シーリングの打替え作業
     通常外壁に使用されるシーリング材は上から塗装が可能な変成シリコンやウレタンです。しかし外壁リフォームに精通していない電気業者・水道業者が設備の取付時にシリコンシーリングを使用さしてしまうことがあります。浴室等では大活躍しているシリコンシーリングも塗料が密着しない為、塗装時には非常に厄介な存在です。
    シリコン系シーリングで塞がれたエアコンダクトの穴
     シリコンシーリングを撤去して塗装を行うのが理想ですが、簡単ではない為プライマーを塗布して塗料を密着させることがあります。
    シリコン系シーリングで塞がれたエアコンダクトの穴にプライマーを塗布
    ベランダ・バルコニーや陸屋根に施工される防水工事でもプライマーが活躍
     雨水の浸入が許されないベランダ・バルコニーや陸屋根に施工される防水工事でもプライマーが活躍します。下地の凹凸を埋め平滑にする樹脂モルタルを塗る前、ウレタン防水等の塗り替え時には必ずプライマーを塗布します。  ウレタン防水時にはウレタンプライマー等、その施工する防水によってプライマーを使い分けており、プライマー塗布後は規定時間内に上塗りを行います。

    塗装下地に精通した業者に工事を依頼しましょう

     塗装を行うだけであれば誰でも出来ます。そして塗装直後は綺麗に仕上がったと満足いくでしょう。しかし問題は塗装後の綺麗な仕上がりをどれほど長く維持することが出来るかということです。理想は使用した塗料の耐用年数ですが、この期間を延ばすポイントは高圧洗浄や下塗りといった下地処理をいかに丁寧且つ最適に行うかです。

    塗装後の綺麗な仕上がりを維持するには下地処理を丁寧且つ最適に行うこと
     特に塗料の密着性が悪い金属素材はプライマー塗装や目粗しを怠ると数年も経たない内に塗膜の剥がれ等を起こし美観を損なうだけでなく、塗装を施した意味さえなくなってしまいます。
    塗膜の剥がれ

     このようなトラブル・後悔が起きないようにする為には、下地の劣化を判断することが出来るか、プライマーやシーラーの役割を把握しているか、下塗りに適した仕上げ塗料を選択しているのか等、塗装業者の知識と技術を見極めた上で工事を依頼するということです。


    これらを見極めるポイントは
    一式明細の見積もりではないこと
    使用する塗料についての説明が適切であるのか
     工事中の施工写真を撮影してくれるのか
     施工保証があるのかです


    街の外壁塗装やさんにお気軽にご相談ください
    明瞭なお見積り
    明瞭なお見積り
    お住まいにあわせたご提案書
    カラーシミュレーションの作成
    不安や疑問はしっかり解決
    下塗り塗料『プライマー』についてのまとめ

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ