横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 秦野市今泉にて築15年になるモルタル外壁をパーフェクトトップで塗装工事

    秦野市の施工事例

    秦野市今泉にて築15年になるモルタル外壁をパーフェクトトップで塗装工事

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】
    今年で築15年になるので、外壁の塗装メンテナンスを検討中です、とご連絡いただきましたのは、秦野市今泉にお住まいのお客様です。お客様の外壁はモルタル外壁で、ここ数年で急に汚れが目立つようになってきたとの事です。15年目となりますと、塗膜の寿命が切れて防水性を失い、外壁に汚れ付着し、カビなどが繁殖して目立つようになってくる時期でもあります。しっかりと点検しメンテナンスのご提案をさせていただきます。

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    施工期間
    14日間
    築年数
    15年
    施工金額
    120万円
    お施主様
    N様邸
    ハウスメーカー
    ハウスメーカー不明
    足場アイコン外壁塗装

    モルタル外壁の点検の模様

    外壁の様子
    軒下にカビなどの繁殖
    今回のお客様のお住まいはモルタルを使用した外壁です。モルタル外壁はセメントと砂と水を混ぜ合わせた素材ですので、元々防水機能は有しておりません。雨水を防ぐ役割は塗装の塗膜が担っています。その塗膜の寿命は環境にもよりますがだいたい7年から10年と言われています。お客様の外壁はすでに15年経過していますので、塗膜の寿命が切れて数年経過した状態です。ですので庇や軒の下など日当たりの悪い箇所から汚れやカビなどが付着し繁殖してしまっている状態です。
    また、モルタルは熱に強いというメリットがある反面、地震などによるひび割れが発生しやすいというデメリットがあります。お客様の外壁は補修が必要になる大きなクラックはほとんど見受けられませんでしたが、微細なクラックは数か所で確認されました。
    塗膜が劣化してカビが繁殖
    塗膜が劣化した戸袋の傷み
    また破風板や軒天などの付帯部分も同様に塗膜が劣化してしまい、塗膜が浮いて剥離しかけてきています。軒天や破風などの付帯部分は木製ですので、塗膜が劣化してしまいますと木部の素地に直接雨水が接触し、木部の素材自体を傷めてしまいかねません。このままあと数年放置してしまいますと、腐食してしまい、交換工事を行わないと補修できない状態になってしまいます。 お客様には写真をご覧いただきながら現状をご報告いたしました。 お客様にはモルタル外壁と破風板や軒天などの塗装工事をご提案させていただき、今回の着工となりました。

    外壁塗装工事

    足場の設置
    養生
    まず安全のための足場の設置、そしてご近隣にお住まいの方へのご挨拶を行い、ご近隣にご迷惑が掛からないように建物全体を覆うように養生を行います。
    軒のケレン作業
    庇のケレン作業
    最初に塗装を行う付帯部分の木部や、庇などの金属部分にケレン作業を行います。塗装面の下地を作る作業で、塗料が付着しやすくするために表面の錆や汚れ、古い塗膜などを取り除き、均していきます。荒めのスポンジやヘラなどを使用して表面をこすっていきます。
    高圧洗浄で汚れを落としていきます
    高圧洗浄
    続きまして、塗装前の洗浄を行います。高圧洗浄機でお住まい全体を洗っていきます。外壁や付帯部分など、場所によっては水圧に耐えられず傷めてしまう個所がありますので、水圧を微調整しながら、丁寧に汚れや苔、古い塗膜だけを落としていきます。
    下塗り塗装
    下塗り
    いよいよ塗装に入ります。今回塗装を行わない部分や違う色を塗る部分などに、ビニールシートやテープなどでマスキングしていきます。 準備ができたらいよいよ塗装作業です。 今回使用する塗料は、下地に日本ペイントのパーフェクトフィラーを、仕上げ塗装には同じく日本ペイントのパーフェクトトップを使用します。 塗装は下塗り、中塗り、上塗りの全三工程で行います。 下塗りから始めます。やや毛足の長いローラーを使用してパーフェクトフィラーを塗布していきます。白い下塗り材で下地の色が見えなくなるまで塗っていきます。この後にお客様のご希望の色で仕上げ塗りを行いますので、塗り残しの内容にしっかりと隅々まで塗っていきます。この下塗りはモルタルと仕上げ塗料との密着性を高める目的で塗ります。
    パーフェクトトップによる塗装
    仕上げ塗装
    下塗りを終えたら十分に乾燥させます。中塗り、上塗りと仕上げ塗料を塗っていきますが、十分に乾燥させて塗膜に厚みを持たせるためです。こうすることでメーカーが期待する機能を十分に発揮させることができます。 下地が乾燥したらいよいよ仕上げ塗装です。仕上げにはパーフェクトトップを使用します。パーフェクトトップは被りも良く下地の色を選ばないばかりか、耐久性や耐候性はシリコングレード以上と言われています。耐汚染性も高く色落ちしにくいので、長期にわたりお住まいの美しさを保つことができます。 仕上げはお客様のご希望の色、淡いレモンイエローで塗っていきます。 今度は下塗りの塗料の白を覆い隠すように丁寧にスポンジ系ローラーで使用して塗っていきます。
    付帯部分への下塗り塗装
    付帯部分の仕上げ塗装
    付帯部分の塗装も行っていきます。
    戸袋や庇などの金属部分には、錆止め効果のある下地塗料を使用します。その後で仕上げ塗装を行います。
    破風に塗装
    20180620_180626_0014
    軒天部分には白など明るい色で塗装します。斑のないように2回塗っていきます。軒天の場合は湿気がこもりやすい場所のため、通気性のいい塗料を選びます。 破風板も塗っていきます。毛足がやや長いローラーを使用して塗っていきます。こちらも2回塗っていきます。 最後に塗り残しや斑が無いか、複数のスタッフによる点検を行い、タッチ修正を行い、完工となります。

    パーフェクトトップによる塗装工事、竣工

    完工
    今回は事前にお客様のイメージにピッタリ合った仕上がりに、とても満足された様子でした。また今回は天候的にも恵まれ工期も順調に消化できました。
    今回は築15年目での塗装メンテナンスという事ですが、塗装工事はお住まい全体を塗装するために、お住まい全体の異変をチェックしなければなりません。定期的に塗装メンテナンスを行うという事は、お住まい全体の見直しにもなります。定期的にお住まいをチェックするという点からも、塗装メンテナンスは重要ですので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-11 20:08:06 秦野市平沢で窯業系サイディングにカタツムリの食痕を発見、外壁が食べられている!?

      IMG_8524

      秦野市平沢のお客様から「1階の陸屋根の防水工事のお見積りをお願いしたい」とのご依頼を受け、その調査にお伺いしました。あまり見たことのないタイプのお家で、2階は普通の屋根の寄棟屋根なのですが、1階は全て陸屋根です。   そろそろ防水工事が必要な陸屋根 陸屋根はパラペット(棟壁)が低く、柵などを設けなけ...続きを読む

      2019-11-10 18:38:46 海老名市勝瀬で窯業系サイディングの外壁塗装とジョリパッドの塀塗装の事前点検

      IMG_8524

      海老名市勝瀬にお住まいのお客様から「2回目の外壁塗装を考えており、今回は塀も塗りたいのだが、塀の塗装にも対応していただけますか」とご相談を承りました。弊社は建設されたものでしたら、ほぼ全ての塗装に対応しております。もちろん、塀も例外ではななく、しっかりと塗装致します。   お客様のお家は窯業系サイデ...続きを読む

      2019-11-07 23:07:18 松田町神山で屋根塗装と外壁塗装の事前点検、セメント瓦の屋根は塗装か葺き替えか

      IMG_8524

      築25年以上になるという松田町神山の戸建て住宅です。こちらにお住まいのお客様から「外壁塗装をしてほしい」とのご依頼を受け、今回はその事前点検にお伺いしております。これまで外壁塗装は十数年前に行ったそうです。 赤みが入った明るめのベージュというせいもあるのでしょうが、遠目から見ると前回の外壁塗装から十数年経過している...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る