横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 小田原市小竹でルーフバルコニーを通気緩衝工法ウレタン防水工事して雨漏り解消

    小田原市の施工事例

    小田原市小竹でルーフバルコニーを通気緩衝工法ウレタン防水工事して雨漏り解消

    【施工前】
    雨漏りしていたバルコニー

    【施工後】
    ウレタン防水で雨漏りを解消したバルコニー

    【お問い合わせのきっかけ】

    自宅のルーフバルコニーの下の部屋に雨漏りしているという小田原市小竹のお客様から「雨漏りを止めたい」というご相談を承りました。点検したところ、雨漏りの影響で下のお部屋の天井クロスが裂け始めていました。バルコニーには新築時からタイルが敷かれており、露出している部分を見るとFRP防水です。柵を取り付けている床面の部分が怪しいので、タイルを撤去し、新たにウレタン防水工事を行い、雨漏りを解消しました。防水層の下に染み込んだ雨水が蒸発した場合、その気体を逃がせるよう通気緩衝工法を選択しています。


    担当:渡辺


    自宅のルーフバルコニーの下の部屋に雨漏りしているという小田原市小竹のお客様から「雨漏りを止めたい」というご相談を承りました。点検したところ、雨漏りの影響で下のお部屋の天井クロスが裂け始めていました。バルコニーには新築時からタイルが敷かれており、露出している部分を見るとFRP防水です。柵を取り付けている床面の部分が怪しいので、タイルを撤去し、新たにウレタン防水工事を行い、雨漏りを解消しました。防水層の下に染み込んだ雨水が蒸発した場合、その気体を逃がせるよう通気緩衝工法を選択しています。


    担当:渡辺


    【工事内容】
    防水工事
    【工事詳細】
    使用材料
    DSカラー・ゼロ
    施工期間
    7日間
    築年数
    15年
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    H様邸
    保証
    お付けしておりません
    ハウスメーカー
    地元の工務店
    足場アイコン防水工事

    点検の様子~裂け始めた天井と壁のクロス

    雨漏りで裂けてきたクロス 問題のバルコニー

    雨水に濡れたせいで縮んでしまったのか、天井と壁のクロスが裂け始めています。この後、剥がれてくることは間違いありません。この部屋の真上がルーフバルコニーで、そこから雨漏りしているのではないかとお客様は疑っておりました。ルーフバルコニーの床はタイル貼りです。

     

    露出部分を見るとFRP防水 柵の足を固定している部分から雨水が浸入することが多い

    露出部分を見て見ますと、FRP防水であることが判明しました。転落防止用に設けられた柵が床にビス止めされています。この柵の部分か排水口周辺から雨水が下のお部屋に浸入しているのでしょう。段差などが多いバルコニーですので、ウレタン防水通気緩衝工法で改修します。

     

    施工の様子~FRP防水をウレタン防水通気緩衝工法へ改修

    タイルを撤去 タイルの下のFRP防水

    まずはタイルを撤去していきます。タイルの下地はポリマーセメントの下地がありまして、そこで不陸(凸凹)を調整していたようです。タイルの目地に詰められていたモルタルがかなりちらかっています。

     

    ドリルで柵の足に穴を開ける エポキシ樹脂注入ようの穴

    柵の足元に穴を開けます。後に防水用と錆止め用エキポシ樹脂を注入するためです。この穴は柵の中に入ってしまった雨水の蒸気を抜くのにも役に立ちます。

     

    ひたすら清掃 脱脂のためのアセトン葺き

    徹底的に清掃していきます。最後は脱脂のためにアセトン拭きをします。アセトンはほとんどの油類を溶かすので、施工の時に邪魔になる油を残しません。これでプライマーの密着率も上がります。

     

    シーラー塗布 足の部分もシーラー塗布

    プライマーを塗布していきます。柵の足など細かい部分にもしっかり塗っていきましょう。プライマーなどの下塗り材はほとんどが透明ですが、塗っている最中は濡れ色になるので、塗り残すことはありません。

     

    通気緩衝シート敷設 脱気筒を取り付ける穴を切削

    通気緩衝シートを貼っていきます。このシートと脱気筒を設けることによって、下地に染み込んだ雨水が蒸気になった時、防水層から逃がすことができるのです。ビス止めしますのでシートと下地にドリルで穴を開けていきます。

     

    通気緩衝シートを加工 脱気筒固定

    通気緩衝シートに湿気を逃すための穴を開けます。脱気筒をビスで固定します。これで下地に染み込んだ雨水が蒸気になった時、外へ逃がす仕組みが完成しました。最初に考えた人は頭がいいですね。尊敬します。

     

    シートがずれないようメッシュテープ貼り 立ち上がり部にウレタン塗布

    通気緩衝シートがずれないように繋ぎ目にメッシュテープを貼ります。外壁との取り合い、立ち上がり部にもメッシュテープに入ります。立ち上がり部はすぐに剥がれてくるのでウレタン防水材で最初に押さえてしまいます。

     

    通気緩衝シートの繋ぎ目にウレタン塗布 ウレタン防水1層目を塗布

    通気緩衝シートの繋ぎ目はメッシュテープを貼っても弱い部分なので、ウレタン防水材を塗ってずれないようにします。その後、ウレタン防水の第1層目です。ローラーで塗布していきます。床一面に塗っていくので、足の踏み場なども考えながらどこを塗っていくかを決めていきます。

     

    ウレタン防水1層目完了 柵の足にエキポシ樹脂注入

    ウレタン防水第1層目が完了しました。乾燥を待っている間に柵の足に開けた穴にエキポシ樹脂を注入します。柵の全ての足に注入します。これで足の内部の防水性も確保しました。この穴から水が入っても、自然乾燥してここから抜けていくので問題ありません。

     

    立ち上がり部にウレタン防水2層目 ウレタン防水2層目完了

    ウレタン第2層目も最初に柵の足の台の部分や立ち上がり部に塗布してから、平部の床面に塗布していきます。この後、トップコートを塗布すれはウレタン防水通気緩衝工法の完成です。

     

    竣工、ウレタン防水通気緩衝工法

    トップコートを塗布して工事完了

    防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法が完成しました。お施主様からは「これで雨の日も部屋の心配をしなくて済む」とのお言葉をいただきました。この後、強い雨の日にご確認のお電話をしたところ、「雨漏りはすっかり止まったよ、あれがとう。」と感謝の言葉をいただきました。私達もお施主様のお役に立てて、大満足です。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-29
      厚木市愛甲西にて現地調査、スレート屋根は塗装を怠ると葺き替え工事やカバー工事など大規模な工事が必要となってしまいます

       厚木市愛甲西にお住まいのH様よりお住まいの点検・お見積もりのご依頼をいただきました。H様は築20年になるそうで、お住まいのメンテナンスをご検討されたそうです。街の外壁塗装やさんでは点検・お見積もりの作成まで無料で行なっております。また新型コロナウイルス対策を...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-15
      座間市入谷西にて、パーフェクトトップ 「ND-013」で外壁塗装を行いました

       座間市入谷西のK様邸で外壁塗装とバルコニーのトップコート塗り替えを行いました。K様邸では複数の工事を同時に行ったのですが、工事をまとめることで足場代の節約になりますし一回で工事が終わるのでおすすめです。現在街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底し...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-20
      横浜市青葉区藤が丘にて、ベランダのFRP防水のトップコート塗り替えを行いました

       横浜市青葉区藤が丘のK様邸にて、ベランダ床のトップコート塗り替えを行いました。屋根や外壁に目が行きがちですが、ベランダやバルコニーもメンテナンスが欠かせません。ベランダやバルコニーの床には防水層があり、それを保護するためにトップコートが塗られているのですが経...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例