横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市金沢区六浦東にて築10年経過し初めての外装リフォーム、屋根塗装と同時に棟板.....

    横浜市金沢区の施工事例

    横浜市金沢区六浦東にて築10年経過し初めての外装リフォーム、屋根塗装と同時に棟板金も交換し屋根全体のメンテナンスを行いました

    【施工前】
    スレート屋根全体に経年による汚れが付着している様子

    【施工後】
    サーモアイ4Fにて塗装した屋根

    【お問い合わせのきっかけ】


     横浜市金沢区六浦東にお住まいのM様より、築年数が10年経ちそろそろ屋根のメンテナンスを考えているが、どのようなメンテナンスが最適かわからない為、一度点検調査後に適切な工事の提案をしてほしいと街の外壁塗装やさんへお問い合わせを頂きました。
     現地調査にお伺いし、まずは気になる点などをお伺いした所、特に訪問営業に指摘された等はなく築年数がある程度経ったらメンテナンスが必要と色々ネットでお調べになられていたそうです。
     気になる点などの打合せが終わった後、さっそく屋根に上がらせていただくとM様邸の屋根には化粧スレートが使われており、特に北面に苔やカビの繁殖が多く見受けられました。また、まだ築10年との事でしたが棟板金の経年劣化や化粧スレート自体のクラックも確認できました。幸い下地の状態は問題なかった為、化粧スレートのメンテナンスとして一般的な塗装でのメンテナンスと、棟板金の劣化がかなり進んでおりましたので、棟板金を交換し、その上で屋根全体のメンテナンスとして屋根塗装で保護をするご提案をさせて頂き、ご用命頂けました。
     ご提案の中で、特に屋根は一年中紫外線や風雨からお住まいを守ってくれる重要な箇所になる為、高耐候性でさらに遮熱効果もあるフッ素樹脂を使用した屋根専用塗料、日本ペイントのサーモアイ4Fを使用することとなりました。
     現在新型コロナウィルス感染拡大防止のために、街の外壁塗装やさんでは新型コロナウィルス対策を徹底しておりますので、お客様より安心して調査や工事をご依頼頂ける環境を整えております。


    担当:新海



     横浜市金沢区六浦東にお住まいのM様より、築年数が10年経ちそろそろ屋根のメンテナンスを考えているが、どのようなメンテナンスが最適かわからない為、一度点検調査後に適切な工事の提案をしてほしいと街の外壁塗装やさんへお問い合わせを頂きました。
     現地調査にお伺いし、まずは気になる点などをお伺いした所、特に訪問営業に指摘された等はなく築年数がある程度経ったらメンテナンスが必要と色々ネットでお調べになられていたそうです。
     気になる点などの打合せが終わった後、さっそく屋根に上がらせていただくとM様邸の屋根には化粧スレートが使われており、特に北面に苔やカビの繁殖が多く見受けられました。また、まだ築10年との事でしたが棟板金の経年劣化や化粧スレート自体のクラックも確認できました。幸い下地の状態は問題なかった為、化粧スレートのメンテナンスとして一般的な塗装でのメンテナンスと、棟板金の劣化がかなり進んでおりましたので、棟板金を交換し、その上で屋根全体のメンテナンスとして屋根塗装で保護をするご提案をさせて頂き、ご用命頂けました。
     ご提案の中で、特に屋根は一年中紫外線や風雨からお住まいを守ってくれる重要な箇所になる為、高耐候性でさらに遮熱効果もあるフッ素樹脂を使用した屋根専用塗料、日本ペイントのサーモアイ4Fを使用することとなりました。
     現在新型コロナウィルス感染拡大防止のために、街の外壁塗装やさんでは新型コロナウィルス対策を徹底しておりますので、お客様より安心して調査や工事をご依頼頂ける環境を整えております。


    担当:新海


    【工事内容】
    屋根塗装 棟板金交換
    【工事詳細】
    使用材料
    日本ペイント サーモアイ4F:クールライトグレー
    施工期間
    5日間
    築年数
    10年
    平米数
    91.7㎡
    施工金額
    詳しくはお問合せください
    お施主様
    M様邸
    保証
    8年
    ハウスメーカー
    地元工務店
    足場アイコン遮熱塗料低汚染塗料屋根塗装棟板金交換ン

    【現地調査時の様子、まずはドローンにて全体を確認】

     

    北面に苔や黒カビが多く散見されます

     

     まずは現地にお伺いし、お客様とのお打合せが終わった後に調査の開始です。今回は現地に向かう途中から見えたM様邸の屋根が急勾配だった事がわかった為、屋根に上がる前にどのような状態か把握しておきたかった事もありドローンを飛ばしました。ドローンは屋根全体の様子が一目でわかる為に調査時や、施工完了時に全体を見て頂く際にとても有効です。

     ドローンで見てみると、まず写真右側が北面にあたるのですが、その北面に苔や黒カビの繁殖が多く見られます。北面に意識が向いてしまいますが、全体的に汚れが多く付着、繁殖している事が確認できました。

     

    急斜面ですが苔やカビの汚れが多く繁殖 スレートは防水性能を持っていません

     

     梯子を架けて実際に屋根に上がって細かく見れるところまで調査開始です。実際は屋根表面の汚れの影響でどこを移動するにもズルズル滑る状態でした。棟板金をつかみながら慎重に調査を続けますと、やはり屋根に上がってみても北面の汚れが特に目に入ります。写真の赤丸部分は特に汚れが多く、状態を確認したくともこれ以上は足場もない為に危険でしたので、少し離れた所からの目視ですが、築10年とまだ比較的築浅に入る部類のお住まいの中では化粧スレートの汚れが多く、早めのメンテナンスが必要と分かります。

     これだけの角度がある屋根でも汚れが多く残る場合はスレート表面の防水性能が経年による紫外線や風雨の影響で劣化し、雨水を吸い込むようになってしまい、特に日当たりの悪くなりがちな北面を中心にジメジメしてしまう時間が長くなります。そこへ苔やカビの繁殖が進んでしまったと考えられます。化粧スレートは、そのもの自体には防水性能をもっておりません。ですので定期的な塗装でのメンテナンスが必要です。

     

    雨水を吸って反りが出ている 反りが出たら塗装のサイン

     

     また、雨水を吸ってしまった結果汚れだけではなくスレート自体が傷んでしまう事もあります。写真の赤丸の部分は雨水を吸ってしまい屋根面に向け反ってしまっている様子です。また隣の写真はペン先が簡単に入ってしまうほど屋根材の重なり部分である端部が逆に反って隙間が必要以上に出来てしまっている様子です。それぞれ雨漏りや、強風や台風がぶつかった時にスレート屋根材の割れや飛散の要因になることもあります。

     

    見た目は綺麗でも納まりが不自然

     

     最後に気になったのは棟板金の取り合いの納まりです。M様邸の屋根は多面体で棟板金の取り合いにも気を使わなければなりません。こちらのお住まいは築10年ですので、よく経年劣化で見られる釘浮きなどはそこまで見受けられませんでした。しかし、棟板金の取り合いの納まりのズレや、その取り合いに必ずできる隙間に本来であれば雨水の侵入を防ぐために打たれているシーリングが打たれていなかったであろう跡も確認できました。この調査結果から、今回は塗装だけではなく棟板金を交換しその後屋根全体のメンテナンスとして屋根塗装工事を行う事となりました。

     

     

    【施工の様子、棟板金交換工事】

     

    棟の撤去 調査時の推測通り、腐食が酷かった下地材

     

     まずは足場仮設が終わった後に棟板金交換工事から行います。写真は調査時に棟板金の取り合いがズレてしまいシーリングも打たれていなかった箇所を撤去した所です。思っていた通り、内部にある「貫板」と呼ばれる下地材が雨水を吸いすぎて相当腐食が進んでしまっており、どこを見ても黒ずんでいるのが写真からもお分かりいただけると思います。お住まいのメンテナンスは、同時期に建てられてる近隣でリフォームしている家がない、まだ外壁が綺麗だからなどでお客様自身メンテナンスをいつすればいいのか、またメンテナンスが必要か判断できないケースがあると思います。お住まいは築年数ではなく立地や環境により傷み具合が変わってまいりますので、築10年を過ぎたら屋根外壁のメンテナンスをしておきましょう。写真を見て頂ければその重要性がお分かりいただけると思います。これを知らずにそのままでいたら、腐食が進みすぎた結果棟を固定する釘が抜けやすくなり、強風時に棟板金が飛散するなどの二次被害を起こしてしまう事もあります。

     

    撤去後の貫板の様子 貫板の撤去後

     

     その後屋根全ての棟板金を撤去していきます。M様邸には換気用の棟も取り付けられていたため今回同時に交換致します。

     他の貫板を見ても黒ずんで腐食が進んでいる箇所が多く散見されました。今回もし調査時に棟板金の傷みに気づかずに屋根塗装だけのメンテナンスで終わっていたら、数年後棟板金を交換するために再度足場を架けなければいけなかったかもしれません。足場仮設はなるべく回数を減らすために、できるだけ出来るメンテナンスは同時に行っておきましょう。

     貫板を全て撤去し、換気用の棟の内部のきちんと通気の為開口が設けられているのを確認し、次は新しく貫板を取り付ける作業に入ります。

     

    防腐処理済の杉板を取付 剣先取付

     

     急勾配でしたが、慣れた職人はどんどん屋根上で材料を加工し取り付けていきます。防腐処理された下地材である貫板をスレートへ取り付けていきます。その後にガルバリウム鋼鈑の棟板金の取付です。M様邸は大棟と隅棟が複雑に取り付けてある屋根でした。写真は隅棟の取り付けを開始した所です。まずは屋根の出っ張り部分に剣先と呼ばれる役物を取付、その後シルバーの棟板金を取り付けます。

     

    GL鋼鈑取付 棟取付はSUSビスを使用

     

     貫板の側面からSUSビスを使って棟板金を固定していきます。現在でも新築や改修工事現場では釘を使用する工事も多いのですが、街の外壁塗装やさんではより強固に棟を固定可能なSUSビスにて取り付けております。

     棟板金の釘が浮いてますよと言われることがあっても、うちはビスで固定してありますと訪問業者の意味のない指摘に対応できますので、不安になることが少なくなると思います。

     

    棟の取り合いには多くシリコンを打ちます 換気棟取付

     

     棟板金は全てが一枚でつながっているわけではありません。必ず棟板金が重なる部分や、調査時に判明した板金の取り合いに出来る隙間にはシーリング材を打ち雨水の侵入を防ぎます。今回も交換工事の際には全ての継ぎ目や取り合いにシーリングを適切な量打ち込み、雨水の侵入を防ぐように適切な施工を行いました。その後、換気用の棟を最後に取り付けます。よく脳天打ちと勘違いな指摘をされり業者もいるようですが、換気用の棟はパッキン付きのSUSビスで固定致します。こちらが標準ですので、脳天打ちと言ってくるような業者には施工を頼むのは止めておきましょう。

     

    棟板金交換工事完了

     

     無事に棟板金交換工事が終わり、塗装工事前に全体を確認致しました。問題なく棟板金交換工事が終わりましたので、いよいよ次は屋根塗装工事の工程に移ります。施工としては約1日で完了しております。今回は屋根面の汚れと急勾配と呼ばれる6寸(約30度)ある屋根でしたので多少時間がかかりました。

     

    【屋根塗装工事、洗浄から開始】

     

    養生をして塗装を行います 高圧な水を当ててスレートの汚れを落とし切ります

     

     塗装工事を行う際の最初の工程は、高圧な水でスレートに付着している汚れを落とし切る洗浄作業から始まります。今回は打合せ上、敷地内にお車を置いての施工となりましたので、養生をしっかりとして汚水や塗料が飛散した際に付着するのを防ぐように致しました。できれば足場を架けてのリフォームの際は、お車はご移動頂くのが一番なのですがお住まい事の事情がありますので、柔軟に対応するように心がけております。特に汚れが目立っていた北面も洗浄作業によりある程度新築時のグレー色が見えてきました。

     

    【ケレン作業、下塗り開始】

     

    板金のケレン作業 下塗りの様子

     

     その後、交換したばかりではありますが塗装前の下処理として板金部分にケレンを行います。ケレン作業は塗料の密着性を高め塗料本来の性能を発揮させるために必要な作業となります。新しいからしなくて良いというわけではなく、きちんと錆が出てしまってはまずい部分にはきちんとケレン作業を行い、錆止め塗料を塗布してから屋根塗装と同じサーモアイ4Fを仕上げとして塗装します。

     板金のケレン作業が終わったら、いよいよ屋根塗装に入ります。サーモアイ専用下塗り塗料であるサーモアイシーラーをたっぷりと屋根面にローラーで塗り込んでいきます。板金の際はローラーでは塗装できない部分もある為に、刷毛で対応します。厚い塗膜を形成するために、塗料は適切な量をしっかりと使います。

    下塗りの密着がいいと上塗りのかぶりが違ってきます 下塗りの完成

     

     洗浄し、新築時はグレーであったであろう屋根面に白いサーモアイシーラーがどんどん塗られていきます。サーモアイシーラーのエポキシ樹脂により、下地への塗料の吸い込みを抑制し、上塗り材とサーモアイシーラー自体が持っている遮熱性能が室内を快適にしてくれます。あれだけ苔や黒カビが多く見られた北面も綺麗に下塗りが完了致しました。

     

    【タスペーサー差し込み】

     

    反りが酷くタスペーサーが入りにくい場所にはカワスキ等で持ち上げて差し込みます

     

     こちらは屋根塗装時で重要になる縁切り作業、タスペーサーの差し込みです。ローラーでスレートへ塗装していると屋根材端部の隙間を塗膜で埋めてしまう事があります。結果、屋根材の裏側に滞留した雨水の逃げ道がなくなり、屋根材の裏から釘を伝わり雨漏りに繋がる事もあります。ですので、屋根塗装時に縁切り、タスペーサーの差し込みは必須です。

     カワスキ等の工具でスレートを浮かせ、そこへタスペーサーを差し込みます。反りが激しい場合は差し込んでもタスペーサーが落ちてきてしまいますが、それだけ隙間が開いているという事ですので雨漏りの心配には繋がりません。

     

    【仕上げ塗装開始、中塗り・上塗り】

     

    棟板金も同様の色で仕上げます 仕上一回目

     

     その後その後、錆止めを塗布した棟板金から仕上げの一回目である中塗りを行います。今回使用しましたクールライトグレーは全40色からお選び頂けるサーモアイシリーズの中でも遮熱効果が高い方となります。淡い色ほど遮熱効果が高く、黒に近いほどその性能は下がります。しかし、サーモアイで落ち着いた黒やブラウンなどを使用しても、通常の塗料と違い遮熱効果はしっかりと出ます。より遮熱効果が高い方がいいならば、白に近い色をお選び頂くとサーモアイの性能を最も発揮してくれます。しかし、白は汚れが目立ちやすい為、中々悩ましい事もございます。

     棟板金を塗り終え、スレートと棟板金の際も塗り終えましたらスレート本体への中塗りを行います。下塗りが白色ですので仕上げのクールライトグレーとの色の違いがはっきりと分かります。

     

    仕上二回目 しっかりとした塗膜を形成します

     

     中塗りが終わり、十分に規定の乾燥時間をおいてから仕上げの上塗りです。同じ塗料を二回塗るのですが二回目の上塗り時でも色の違いが分かります。中塗りの時点で相当な艶が出ていた屋根がさらに綺麗に生まれ変わっていきます。職人も塗り漏れがないよう、しっかりと確認をしながら仕上げの上塗りを行いました。塗料が屋根面に残りすぎても垂れてしまい、美観が悪くなりますので、見極めが重要です。

     

    【竣工前確認、塗装前との比較】

     

    北面の汚れている塗装前の屋根面 クールライトグレーで綺麗になった屋根

     

     こちらは足場解体前の最終確認に伺った際の屋根の様子です。現地調査時の屋根が思い出せない程綺麗な屋根に生まれ変わりました。日当たりのいい南面は艶が出ており白く写ってしまっている程です。

     写真は現地調査時の物と塗装工事完了後の比較となります。スレートへの塗装は汚れの付着や防水性能をもたせるためもありますが、美観の回復も兼ねています。綺麗な屋根は見ていて気持ちいです。

     

    【棟板金交換、屋根塗装工事竣工】

     

    クールライトグレーがまぶしい屋根の様子

     

     雲一つない青空の下、屋根工事の竣工前確認が無事に終わりました。これで安心して足場を解体できます。施工期間中は足場が架かってしまうために室内が暗くなりがちで、夜中に強風が吹いた際は心配になられると思いますが、街の外壁塗装やさんでは足場の管理も行い、お客様に安心してリフォームして頂けるように心がけております。特に現在はコロナ禍にあり在宅での勤務を余儀なくされていらっしゃるお客様も多い為、より細かい仕事が必要になっております。

     

    【塗装後ドローンによる撮影、竣工】

     

    ドローンは全体を見渡せます

     

     こちらはお引渡し後に、ドローンにて屋根全体を撮影した所です。写真一枚目の矢印部分、ドローンを飛ばしていて何か違和感がありましたが、艶がありすぎて屋根表面が鏡面の様になっているため、裏のお住まいの外壁のお色が屋根に反射して少し黄色く写ってしまっていたのが原因でした。すぐに気が付きませんでしたが、よくよく見ていると屋根が綺麗になりすぎたからと分かり一安心です。

     調査時に全体に見られた苔や黒カビもなくなって生まれ変わった屋根の様子は、ドローンを使う事によりお客様も一目でわかりご安心頂けました。

     

    クールライトグレーにて塗装完了

     

     横浜市金沢区六浦東にて行いました棟板金交換、屋根塗装工事が無事に竣工となりました。

     今回はまず足場を架ける際、庭木が障害となってしまうために事前に何度か足場職人も含めて打合せをし、剪定を極力しないように足場を架けさせて頂きました。リフォームはお客様のご協力も必要な場合も多くございます。今回は施工までに細かい打合せが必要でしたが、しっかりとした施工ができたと思います。この仕上がりにきちんと施工してくれて満足とのお言葉を頂きました。

     今回使用した塗料は日本ペイントの高耐久遮熱型塗料であるサーモアイ4F、お色はクールライトグレーをお選び頂きました。高い遮熱性能とフッ素樹脂による高耐候性をもつサーモアイ4Fで、今後もM様邸の屋根をしっかりと守ってくれると思います。

     この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-21
      川崎市幸区遠藤町にて、築10年のスレート屋根にメンテナンスをご検討中のお住まいの調査を行い、屋根塗装によるメンテナンスをご提案

       川崎市幸区にお住まいのS様は、お住まいが築10年が経過したことで、屋根のメンテナンスをお考えになっていると街の外壁塗装やさんにお問い合わせを下さいました。S様のお住まいの屋根材にはスレート材が使用されておりました。スレート屋根は基本的に約10年に一度...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-21
      秦野市柳町にて、サーモアイSi(クールコーヒーブラウン)でスレート屋根の塗装を行いました

       秦野市柳町のM様邸でスレート屋根の塗装を行いました。スレート屋根は、塗料で紫外線や雨から守られており10年ほどで塗り替えが必要です。メンテナンスを怠ってしまうと、苔やカビの発生、スレートの割れや欠けに繋がってしまいますので定期的に塗り替えをしましょう。  ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-19
      横浜市緑区台村町にて三階建てのスレート屋根調査、マンサード納めになっていたスレートは表面に多く苔やカビの繁殖しており塗装でのメンテナンスが必要でした

       横浜市緑区台村町にお住まいのI様より、自宅がそろそろ10年を迎えるので屋根のメンテナンスを検討しているとの事で、私たち街の外壁塗装やさんへご相談を頂きました。外壁は普段から目に入るのでとのお話で、今回はI様邸が三階建てという事もあり屋根の状態がまったくわから...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ