横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > セメント瓦は劣化が酷くなる前に塗装しましょう

    セメント瓦は劣化が酷くなる前に塗装しましょう

    更新日:2017年7月12日

    セメント瓦とはどのようなものかご存知でしょうか。
    セメント瓦は名前の通り、セメントでできた瓦で、形状は粘土瓦に非常に似ているものからユニークな形をしているものまであります。見慣れない形の瓦があれば、セメント瓦でほぼ間違いないでしょう。
    瓦と言えば、粘土瓦やスレート瓦などがありますが、セメント瓦は軽量で火災にも強いため、以前よく使われた屋根材の一つです。本日は、セメント瓦での塗装について簡単にご紹介したいと思います。
    いろいろな屋根
    しかし、セメント瓦は粘土瓦のように塗装が不要というわけではありません。
    紫外線や雨などで瓦が劣化してしまうと、塗膜が剥がれてきて、次第に雨漏りの原因につながります。こうなると塗り替えが必要になってきます。
    また、塗膜が剥がれて表面がざらざらした状態になると、少し力を与えただけでも割れてしまう可能性があります。そのような状態で塗装を行ってしまうと、瓦自体の耐久性はそのままになってしまいますので、塗膜が剥がれ骨材が出て表面がザラザラしてしまう前に塗り替えるように心がけましょう。
    セメント瓦
    瓦くずれ
    セメント瓦の屋根塗装は、塗装をする前に漆喰の補修や棟の積み直しを行わなければならないこともあります。
    上記の画像を見ると瓦がずれているのがわかるかと思います。
    街の外壁塗装やさん横浜店では単に屋根塗装だけではなく、棟の積み直しや漆喰の補修などにも対応しております。
    しっかりとしたセメント瓦にしてから塗装致しますのでご安心ください。
    街の外壁塗装やさん横浜店では無料で点検・ご相談を承っています。お気軽にご連絡ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る