横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 手すり、鉄柵の塗装で劣化や錆びを防いで、建物の安全を守りましょう

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    手すり、鉄柵の塗装で劣化や錆びを防いで、建物の安全を守りましょう

    歩行時の補助や高所での安全など私たちを守る手すり、鉄柵の塗装
     階段や屋上などに取り付けられている手すりや鉄柵。
     手すりであれば歩行を補助してくれたり、境界線に設置されている柵であれば他者の侵入の抑止効果を生んでくれたりしますね。また人が出入りできる屋上であれば安全上の理由から1.1m以上の柵や手すりを設けなくてはいけないという決まりが建築基準法で定められており私たちの安全を守ってくれています。
     私たちの生活を便利にしてくれるキッチンやバスなどとは違い、目立たない存在かもしれませんが私たちの安全や安心のためにはなくてはならないものですよね。

     最近では塗装の必要もなく、錆びないというメリットのあるアルミ素材のものも増えてきていますが、 鉄製の手すりや柵が設置されている建物も多々ありますね。
     デザイン性の高さ、強度などアルミにはないメリットが存在するため、根強い人気の鉄製の手すりや鉄柵ですが、逆にこちらはアルミと違い塗装による定期的なメンテナンスが必要となります。
     特に手すりや鉄柵は建物の外部に設置されていることが大半ですから、紫外線や風雨による影響を日々受けているため、どうしても劣化を免れることができないのです。
     こちらのページをご覧の方の中には、劣化というと、錆びてボロボロになった手すりや鉄柵をイメージする方がいらっしゃるかもしれませんね。想像するだけで「危険」です。
     私たちの安全、安心を守ってくれている手すり、鉄柵だからこそ定期的にメンテナンスを行い、その健康状態を維持したいですよね。もちろん街の外壁塗装やさんでは手すり、鉄柵だけの塗装のご依頼・ご相談も大歓迎です。

     こちらのページでは手すり・鉄柵の塗装メンテナンスが必要な理由や劣化のサイン、DIYで塗装ができるのか、塗装の施工手順といった情報を詳しく解説しています。
     最後までお読みいただければ、手すり・鉄柵の塗装に関する情報を総合的に学んでいただける内容となっています。ぜひ参考にしてくださいね。
    鉄柵塗装の様子
     では塗装をしないで放置するとどうなってしまうのか?
     まず経年によって塗膜が剥がれてしまいます。さらに露出してしまった鉄部が錆びによって腐食を始め素材自体を弱体化させてしまい、最終的には錆びの繁殖でボロボロになってしまいます。
    塗装をしないで放置するとどうなる?
     皆さんも築年数が古く、メンテナンスがあまりなされていないアパートやビルの錆びた手すりや柵を見たことがあるという方がほとんどではないでしょうか?
     少しでも体重をかけると折れてしまいそうな、あの完全に機能性を失った手すりや柵を見ると「転落事故が起こりそう」「折れてしまって怪我をしそう」など不安を感じませんか?
    完全に機能性を失った手すりや柵に不安を感じませんか?
     私たちの安全や安心を守ってくれている手すり・鉄柵ですから、それらが十分に役割を果たしてくれなければ事故につながるリスクがあるわけです。
     やはりご自身、ご家族、また利用者の安全を守るためにも、定期的に塗装メンテナンスをして劣化を防ぐ必要があるのです。
    手すりや鉄柵の健康状態や安全のため定期的な塗装メンテナンスが必要です!

    ○アルミ製の手すりは基本的に塗装しなくてもOK
    アルミ製の手すりや柵は塗装の必要がありません
    アルミ素材は酸素と結合しやすい
     そもそもアルミという素材は酸素と結合しやすいという性質を持っており、空気に触れることで薄い酸化被膜を生成するため素材自体が非常に耐食性に強い(錆びにくい)とされています。

     さらにアルミ表面を保護するアルマイト処理が行われていることで塗装を行わなくとも劣化しにくく、付着した汚れも水で簡単に洗い流せる性質を持っているのです。
    アルミに塗装をしても長持ちしない
     それとは別にアルミに塗装をしても長持ちしないからということも一つの原因です。
     でも「塗装がしたい!」と希望をお持ちの方、上記で上げた塗装をしない理由は決して、塗装ができないという事ではありませんのでご安心ください。
     「建物のイメージを変えたい」「付いてしまった傷を目立たなくしたい」など様々な理由でアルミ塗装をご検討される方もいらっしゃいます。

    手すり・鉄柵塗装を検討すべきタイミングと劣化サイン

     生活の安全、安心のためにも、手すり・鉄柵の塗装は定期的に行いたいところ。その必要性についてもご理解いただけたことと思います。では「だいたい何年ぐらいで塗装をすればいいの?」と疑問
    が出てきますよね。


    ベランダの手すり塗装
     まず耐用年数ですが、通常の外壁塗装と異なり、手すりや鉄柵などの鉄部の塗装のタイミングは5年程度で一度と覚えておいていただきたいと思います。
    手すりや鉄柵などの鉄部の塗装のタイミング
    錆びてボロボロになった鉄柵
     耐用年数が過ぎ、塗膜が劣化し剥がれなどが起これば防水性を失った手すりや鉄柵はみるみるうちに錆びの餌食となり、腐食を進行させてしまいます。原則は劣化を見せる前のタイミングで塗装をすることを覚えておきましょう。

     それ以外でも次のような劣化のサインが表れてきた場合には、上記の年数が経過していなくても塗装を考えるといいでしょう。



    ○チョーキング(白亜化)現象が起きている(手に白い粉がつく)
    チョーキング(白亜化)現象
     手すり・鉄柵が劣化してくると、「チョーキング現象」と呼ばれる劣化のサインが現れてくる場合があります。チョーキング現象は白亜化とも呼ばれ、手で触ると白い粉がつく現象です。塗料に含まれる顔料が劣化して粉状になることで、この現象が発生します。
    (塗料の色によっては白い粉ではなく、塗料の色がつく事もあります。)

     手すり・鉄柵に触れると白い粉がつくようになったら、そろそろ塗装メンテナンスを検討しましょう。階段の手すりは手でつかまって上り下りしますし、ベランダの手すりは布団を干すこともありますよね。触るたびに白い粉が付着しては、日々の生活にも支障が出てしまいますよね。
    チョーキング(白亜化)現象について 詳しくはこちら



    ○塗装が剥がれて下地が剥き出しになっている
    塗膜が剥がれ下地が見える状態

     手すりや鉄柵に発生しやすい劣化のサインが、表面の塗装が剥がれて下地が剥き出しになるトラブルです。手すり・鉄柵の表面を保護している塗装の膜は「塗膜」と呼ばれ、この膜があることで部材の劣化を防いでいます。

     手すり・鉄柵の塗膜が剥がれてきたら、それは塗膜が寿命を迎えている証拠。そろそろ塗装メンテナンスを検討する時期となります。


    ○錆びが発生している
    塗膜が剥がれ錆が発生
     鉄の最大の敵は言わずもがな錆びですよね。
     金属を弱らせ、耐久性に影響を与えてしまうのが錆びです。錆びを放置してしまえば、全体に錆びが広がり最終的には折れてしまったり、崩れてしまったりということに繋がります。
    錆が広がり耐久性が低下
    錆が繁殖し腐食して崩れている
    手すり・鉄柵塗装のDIYが難しい理由
    屋上の手すり塗装

     「手すりくらいなら自分で塗装できそう」と感じる方も多いのではないでしょうか。
     DIYなら費用もかかりませんし、好きな方であればホームセンターや通販で購入できる材料を使って、自分で塗装を済ませたいですよね。

     しかし残念ながら、手すり・鉄柵の塗装はDIYでは非常に難しいので、おすすめできません。その理由を解説していきます。


    ○正しい下地調整が難しいから
    正しい下地調整には熟練した技術が必要です
     下地調整とは、塗装をする前に表面を塗装に適したコンディションに整える作業のことを言います。手すり・鉄柵の塗装では正しい下地調整が非常に重要であり、適切な処理ができていないと、せっかく塗装をしてもすぐに塗膜が剥がれてしまいます。
    適切な下地調整ができないと塗装をしても塗膜が剥がれてしまいます
     具体的な下地調整の手法として「ケレン」があります。ケレンとは、タワシやヤスリなどを使って塗装部分の表面を磨き、サビや古い塗膜をこそぎ落とす作業です。また、サビの状態が悪化している場合、電動工具を使ってケレンを行う場合もあります。
    タワシ・やすり・電動工具

    ○部材に適した塗料を選ぶのが難しいから
    選ぶのが難しい部材に適した塗料
     塗料と一言で言っても多種多様です。外壁塗装用に使用するものから、屋根塗装用のもの、さらに素材ごと鉄部塗装に適したもの、木部塗装に適したものまで実に様々。

     皆さんは手すりや鉄柵を塗装するならどのような塗装を望むでしょうか?
    できるだけ長持ちしてほしい、イメージを一新するためにこんな色にしたい…など

    ○高所作業には危険が伴うから
    手すり等高所に設置されていることも多く安全を考慮するとDIYはお勧めできません
    手すり・鉄柵塗装の施工手順

    ○①洗浄・清掃
    手すりの洗浄・清掃

    ○②ケレン(下地調整)
    ケレン(下地調整)
    ケレンについて詳しくはこちら

    ○③下塗り(サビ止め処理)
    下塗り(サビ止め処理)

    ○④中塗り
    中塗り

    ○⑤上塗り
    上塗り
    穴が空いている
    折れかかっている
     例えば穴が開いてしまっている、折れかかっているといった状態の場合、塗装では解決することができません。しかし全交換といっても費用がかさんでしまいますよね。
     このような場合は溶接による部分的な改修をすることも可能です。お気軽にご相談ください。
    溶接による部分改修



    手すり、鉄柵のみの塗装も街の外壁塗装やさんに お任せください
     外壁塗装と同時に行うことの多い手すりや鉄柵の塗装。
     もちろん同時に行えば高所作業に必要な足場の仮設費用なども節約できて一石二鳥であることは間違いありません。
    外壁塗装と手すりや鉄柵の塗装
     しかし鉄部の塗装は外壁などと違って寿命が短いことも事実です。そのためどうしても外壁や屋根などとメンテナンスサイクルが異なることが往々にしてあります。安全、安心を守るための手すり、鉄柵ですから塗膜が剥がれ、錆びが進行している状態を放置することはできませんよね。
    街の外壁塗装やさんでは手すりや鉄柵のみの塗装も承っています!
    街の外壁塗装やさんの無料点検はこちら
    階段塗装について詳しくはこちら
    手すりに併せて階段塗装も行っております

    手すり、鉄柵の塗装で劣化や錆びを防いで、 建物の安全を守りましょうまとめ
    • 塗膜が剥がれ、錆びが進行した手すりや鉄柵は最終的に折れたり、崩れたりする危険性があります。

    • 手すりや鉄柵の健康状態を維持し、安全を守るために定期的な塗装メンテナンスが必要となります。

    • 鉄部塗装の耐用年数は5年程度です。5年程度を目途に塗装を行うようにしましょう。

    • チョーキング(白亜化)現象、塗膜の剥がれ、錆びの発生などは見逃せない劣化サインです。塗装を検討するタイミングが来ています。

    • 下地調整の難しさ、塗料選びの難しさなどからDIYによる手すり、鉄柵塗装はお勧めできません。

    • 塗装時の施工手順は①洗浄、②ケレン、③下塗り(錆止め)、④中塗り、⑤上塗りの順番で行います。

    • 錆びの進行が著しく塗装では解決できない劣化箇所については溶接による改修が必要になるケースもあります。

    • 街の外壁塗装やさんでは手すり、鉄柵のみの塗装も承っております。お気軽に無料点検をご活用ください。

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る