横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ガイナ|日本の宇宙技術から生まれた驚異の断熱塗料

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について
    宇宙技術を応用した驚異の断熱塗料!高機能でお住まいの不満を解消するガイナ
     日本で流通している塗料の中で一番知名度が高いのが「ガイナ」ではないでしょうか。2006年に登場したこの塗料はマスコミに何度も取り上げられ、テレビ放映も幾度となく繰り返されています。私もたまたまテレビ放映をみた時は本当にすごい塗料が登場したと思ったものです。
    【動画で確認「宇宙技術から生まれた断熱塗料ガイナ」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。
    動画で見たいという方は是非ご覧ください!
    宇宙ロケットの技術を応用
     宇宙ロケット自体は半世紀以上前から打ち上げられており、人類が月に到達してそろそろ50年です。昔ながらの技術と勘違いされる方もいると思いますが、最新の自動車と同じように実は常に技術が刷新されています。

     未だに自国技術のみで飛ばせるのは世界に数カ国しかない、民間で飛ばせる会社も数社しかないという事実を見れば、いかにそれが凄いことか理解できるはずです。
    JAXA

     ガイナを開発した日進産業が宇宙航空研究開発機構(JAXA)から供与を受けたのは断熱特許でした。現在、宇宙ロケットは精密機器である人工衛星を運搬するために用いられています。

     JAXAはH‐Ⅱロケット開発の際、打ち上げ時の熱からロケットの機体及び格納された人工衛星を守るために先端部(フェアリング)に塗布する断熱技術を開発しました。
     この断熱技術は軽量の上、熱制御性にも優れたものです。
    ガイナの最大のメリットは断熱と遮熱、過酷な環境に耐えるロケット直系のテクノロジー

    凄まじい断熱&遮熱性能

     マッハ3以上で飛行できる航空機の表面温度は約600℃に達すると言われています。
     何もない宇宙空間の温度は定義できないらしいので、月の日陰部分の温度が-170℃ということを紹介しておきます。
    お住いにも絶大な効果を発揮
     この寒暖差から機体と人工衛星を守る断熱性を譲り受けたのです。

     宇宙空間では太陽光がダイレクトに当たるため、その温度は凄まじいものになります。月の赤道付近の温度は110℃だそうです。

     断熱の他、遮熱機能もなければ、ロケットの機体と精密機器である人工衛星を守ることはできません。

    セラミックで構成される塗膜表面が音と光のエネルギーを拡散する

    音と光のエネルギーを拡散
     一般的な塗料の表面はほぼ平ら、それに対してガイナはかなり凸凹しているので表面積もかなりのものとなります。

     音を受けて、これを反射する場合、表面積の大きい方が反射する力が小さくなります。
     光もこれと同じで受け取るエネルギーは変わらないものの、分散してしまいます。
    A 表面がほぼ平らな壁が音エネルギーを受けた場合、反射した音エネルギーは同じ方向に跳ね返る
    B 表面が凸凹な壁が音エネルギーを受けた場合、反射した音エネルギーは様々な方向に拡散する
     上記の図Aの場合は、音が全て同じ方向に跳ね返るため音量がほぼ変わりません。

     それに対しBの図は、反射する音の総エネルギーは変わらないのですが、受け止める面積が広いため、単位面積当たりの反射量は少なくなります。
     また、表面がデコボコのため、エネルギーが一定方向ではなくさまざまな方向に反射していくので、耳に届く音量は50よりも小さくなるのです。
    A 表面がほぼ平らな外壁が光エネルギーを受けた場合、表面に凹凸がある外壁に比べ、 温まりやすくなる
    B 表面が凸凹な外壁が光エネルギーを受けた場合、エネルギーを受け取る量が少ないので温まりにくくなります

    遠赤外線が嫌な臭いも防ぐ

    マイナスイオンと結びついた臭いは、浮遊できなくなり落下します
     ガイナの途膜の主成分であるセラミックは効率よく遠赤外線を放出しています。
     遠赤外線は空気中の水分を細かく粉砕することによってマイナスイオンを発生させます。

     お部屋の嫌な臭いはプラスに帯電しており、そのために空気中を漂っています。
     これがマイナスイオンと結びつくと、空気中を漂うことがなくなるため、嫌な臭いもしにくくなるのです。

    断熱塗料なので、結露も発生しづらい

    断熱塗料なので、結露も発生しづらい
     空気はその温度によってどれだけ水蒸気を含めるかが決まっています。
     温度が高ければ高いほど、水蒸気を含める量は多くなります。

     熱は高いところから低いところに伝わり、その途中で結露を生じさせますが、ガイナは熱の伝わりを抑える断熱塗料なので、結露の発生も抑制します。

    国土交通省大臣から認定を受けた不燃材料

    国土交通省大臣から不燃性能に関して最上位にあたる、不燃材料として認定を受けています。

    設定温度と体感温度の違い

    設定温度と体感温度の違い
     エアコンなどで冷房をかけて、本体の温度が25℃なのにかなり暑く感じるといったことはないでしょうか。
     実は体感温度はエアコンなど本体の温度とお部屋の最も暑い(暖房の場合は元も低い温度)の中間を目安に考え方が良いようです。

     窓周りの温度が40℃でエアコンの温度が25℃なら、体感温度は32.5℃になります。これでは暑いと感じてしまいますよね。
     ガイナは断熱塗料なので、このような差を極力解消し、お部屋、エアコン、体感、それぞれの温度を近づけますので、こういったことが少なくなります。

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ