横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装に適した時期と今後の塗り替えを意識した塗装方法をご紹介

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    外壁塗装に適した時期と今後の塗り替えを意識した塗装方法をご紹介

    外壁塗装を検討するタイミングと今後の塗り替えを意識した塗装方法をご紹介
     皆さんは外壁塗装をいつ頃行うべきかご存じでしょうか?多くの方は10年頃という認識があるかと思います。もちろん間違っていません。様々な外壁塗装工事業者もインターネットでの情報も10年頃という記載がありますし、調査にお伺いしたお住まいでも「そろそろ塗り替えを…」とお話をされる方は築10年前後という時期、そして外壁に気になる箇所があると仰るのです。また2回目の塗り替えを行われる方というのが、築20~25年程度の方が多いのです。10年を塗装の時期と定め、塗り替えを検討されている方が多い印象を受けますよね。

     実はこの塗装の時期には根拠があり、多くのお住まいに当てはまる症状が起きます。一方10年という塗装の時期に当てはまらないお住まいも近年増加しつつあります。これには塗料や外壁材自体の性能も深く関係しますが、外壁塗装の時期が10年とは限らない時代になりつつあるという事です。今回はそもそも外壁塗装を検討する必要がある症状と、使用している外壁材・塗料によって異なる外壁塗装を行うべき時期について詳しくご紹介させて頂ければと思います。いつ塗装を行えば良いかわからない、最適な時期を知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。
    新築の外壁はどんな状態?
     高い費用をかけて夢のマイホームを手に入れた皆様、汚れもなく希望の色が綺麗に発色している外壁を見ながら、まさか10数年後に塗り替えが必要になる、補修を行わなければならない時期はいつだろう、という事はあまり考えませんよね。しかしどのような外壁材を使用していても雨や風、紫外線に晒され続ける環境は変わりませんので、いずれはメンテナンスが必要な時期を迎えます。
    今は綺麗でもどのような外壁材もいずれは迎えるメンテナンス時期
     外壁塗装を行う時期を示す言葉として有名なのは「築10年程度で外壁塗装を行いましょう」という言葉ですよね?これは多くのお住まいに該当しますが、例外も存在します。というのも外壁塗装に最適な時期は塗料のグレードと大きな関係があるのです。
    外壁塗装のメンテナンス時期は外壁材を保護している塗料のグレードによって異なります!
     今回は外壁メーカーのHPでも確認しやすく、多くのお住まいで採用されている窯業系サイディングをメインにご説明していきますね。
    窯業系サイディングについて詳しくはこちら
    アクリル塗装など安価な塗料で保護されたサイディングは10年程度で塗膜の劣化が目立ち始めます
     続いて例外のご紹介です。各外壁材メーカーもなるべく良いサイディングを日々開発しており、色あせに強い・高耐久・汚れにくい塗膜で保護されている外壁材も販売されている為、それらを選ばれた場合は長期間にわたって劣化症状は出にくいかと思います。このような外壁材は【難付着サイディング】と呼ばれ、無機やフッ素、光触媒塗料等でコーティングされています。現在塗り替え時にも注目されている無機系やフッ素系の塗料は非常に強い塗膜を形成し外壁材も十分に保護しているため、10年ではまだ外壁塗装の時期を迎えません。
    フッ素や無機系など高耐久塗料で保護された「難付着サイディング」は長期間劣化症状が出にくい
     イメージチェンジをご希望で早く塗り替えを行いたい場合は、その塗膜と相性が良くしっかり密着する塗料を選定しなければ塗膜が剥がれる恐れもありますので、外壁塗装の時期を延ばすか、外壁材に精通した外壁塗装業者に塗装を相談することが大切です。
    難付着サイディングについて詳しくはこちら
    塗膜が劣化すると起こる時期別症状
     新築時の状態、難付着サイディングに関してはご紹介いたしましたが、外壁塗装を行うにあたってどんな外壁材を使用しているかわからない、仕様書をなくしてしまったという方もいらっしゃるかと思います。しかしご安心ください。外壁材の状態を見ることで最適な外壁塗装の時期を判断することは可能です。
    外壁材の塗膜が劣化し現れる症状から外壁塗装の時期を判断できます
     続いては塗膜が劣化することで起きる外壁材の劣化症状を、程度が軽い順にご紹介いたします。1年に1度はお住まいを見回してみて状況を把握しておきましょう。判断がつかない、遠方に住まわれている方は、私たち街の外壁塗装やさんのお住まい無料調査をご利用ください
    お住まい無料調査はこちら
    劣化第一段階 色褪せ
     塗膜が紫外線や雨風に晒されることで起きる初期の劣化が色あせです。毎日少しずつ変化していきますので毎日見ている方は尚更気づきにくく見落としやすい症状です。色あせと同時に起こり始めるのがチョーキング現象(塗膜の粉状化)ですので、色あせたかなと思ったときには外壁材を触り、白い粉が手につかないかを確認しましょう。
    チョーキング現象
     難付着サイディングは元々チョーキングが発生しにくく10年程度では変化が見られません。また外壁塗装の時期を見逃すとチョーキングが雨で流され確認しにくくなるため、注意が必要です。
    チョーキング現象について詳しくはこちら
    劣化第二段階 苔や藻、汚れの付着
     塗膜が劣化することで目立ち始めるのが汚れや苔・藻の付着です。塗膜がしっかり機能を発揮している時期であれば軽くついた汚れも雨水で流れますが、経年劣化によって落としにくい汚れへと変化していきます。外壁材の表面に水分がある事で苔や藻が発生しやすくなりますが、日の当たりにくい北面等では塗膜の劣化と関係なく繁殖するケースも多くみられます。
    藻が繁殖し始めた外壁
    劣化第三段階 目地シーリングの劣化、クラック
     窯業系サイディングの場合、目地シーリングのひび割れ・亀裂等も外壁塗装の時期を見極めるサインとなります。シーリングは特に紫外線で傷みやすく南面に劣化が顕著にみられますが、隙間が生じることで雨漏りを起こす可能性がありますので外壁塗装に合わせ補修を検討していきましょう。
    シーリング材の劣化
     ちなみに…
     可塑剤を含むシーリング材を使用している場合、ブリード現象で目地周辺が黒ずむことがあります。これは塗膜の劣化というよりもシーリング材の劣化で、いつ頃成分が滲みだすかの時期を特定することができません。同じ状態を引き起こさないようにするには、ノンブリードタイプのシーリング材を使用するようにしましょう
    可塑剤を含むシーリング材の劣化によるブリード現象で目地周辺が黒ずんでしまった
    同じ状態にならないようにノンブリードタイプのシーリング材を使用しましょう
     モルタル外壁で有名な劣化といえばひび割れ・クラックです。クラックの初期は雨水が入り込む隙間もない為大きな問題はありませんが、放置すればクラックが拡大し構造的に問題が生じる可能性がありますので早めの補修が大事です。
    クラックは放置すれば拡大し構造的に問題が生じる可能性があります
    クラックが拡大し別途補修費用が掛かる前の処理を徹底しましょう!
     築年数が浅くクラックが生じるはずがないと思っている方は特に要注意です。新築後数年は構造材の動きも大きく、いわば最もクラックが生じやすい状態です。施工不良でもなく必ず起こるものと思って頂いても構いません。細かなクラックは塗料で埋めることも出来ますので別途補修費用が掛かるようなクラックに発展する前の処理を徹底しましょう。
    外壁クラックの原因と補修方法について詳しくはこちら
    劣化第四段階 塗膜の浮き・剥がれ
     塗膜の劣化が進行し外壁材が吸水し始める時期に差し掛かるとあらゆる症状が現れ始めます。窯業系サイディングの場合は浮きや反りが起き隙間が目立つようになります。軽微な内はビス留め補修で修正できますが、更にひどくなると張替以外に補修の手立てがありません。
    サイディングの浮きや反り
     モルタルの場合は表面がポロポロと剥がれ始めます。この程度であれば部分補修が可能ですが、下地のラス網にまで雨水が達すると錆が発生し被害が拡大してしまいます。最悪の場合は広範囲にわたってモルタルを剥がし施工し直さなければなりません。
    下地のラス網に雨水が達すると被害が拡大。モルタルを剥がし施工し直す必要があります
    被害が拡大してしまうと外壁塗装では対処できない為適切な下地補修を心がけましょう
     どちらにせよ、ここまで被害が拡大してしまうと外壁塗装だけでは対処できませんので、適切な下地補修を心がけましょう。
    次回の外壁塗装までの時期を延ばすには?
     ここまでのご紹介で外壁塗装を行う時期は10年程度、とは限らないということがわかりましたね。以前までは10年の考えでも問題なかったのですが、近年は高性能な外壁材も販売されており、よりお住まいの仕様と状態を確認した上での適切なメンテナンスが求められるようになりました。
    外壁塗装を行う時期
     もちろんそれは2回目以降の外壁塗装時にも同じ事が言えます。初めての外壁塗装ではわからないことも多いとは思いますが、その施工が次回の外壁塗装にも影響することを覚えておきましょう。そこでぜひ初めての外壁塗装時にも考えておきたい、次の外壁塗装までの期間を延ばすために注意したいポイントを2点紹介します。
    次回の外壁塗装までの時期を延ばすために注意したいポイント1.塗料
     まず1点目が塗料です。塗料には様々なグレードがある事は皆さんご存じですよね。近年主流となっているのがコストと耐久性のバランスが良いシリコンと同等以上の耐久性を持つラジカル制御型塗料です。更に高耐久を求められる方にはフッ素・無機をご提案しております。塗料の耐久性が高くなるにつれコストもかかりますが、それと同時に耐用年数、つまり次回の塗り替えまでの時期も長くなります
    塗料の耐用年数が長いと次回の塗り替えまでの時期も長くなります
    塗料の種類別耐用年数
     シリコン系塗料の耐用年数がおよそ10~13年、無機やフッ素塗料は15~20年、中には25年以上持つ塗料も存在します。周辺環境や外壁材の状態次第で前後はしますが、耐用年数を参考に次回の外壁塗装を行う時期を決めていきましょう
    塗料の耐用年数を参考にした外壁塗装の時期
    塗料の種類と特徴について詳しくはこちら
    次回の外壁塗装までの時期を延ばす為に注意したいポイント2.補修内容
     2点目は補修内容です。いくら良い塗料を使用しても下地処理が十分でなければ、雨漏りを起こしてしまえば別途補修が必要となってしまいます。高耐久塗料で形成した塗膜が内部から浮きや膨れを起こしてしまえばそれこそ本末転倒です。
    適切な下地補修・施工が次回の外壁塗装までの時期を延ばすポイント!
     そのため徹底した調査が重要です。外壁塗装のみを検討していても調査の結果、補修が必要だと判断すれば屋根やベランダ防水のメンテナンスも検討しなければなりませんし、私たち街の外壁塗装やさんではしっかり全体の状態を把握し最適な補修をご提案させて頂きます
    街の外壁塗装やさんでは全体の状態を把握し最適な補修をご提案!
     費用のみを優先し本来行うべき補修を行わなかった、補修は後でも良いと軽く考えていたベランダの防水層から雨漏りを起こしてしまった、その一つ一つの問題が外壁にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、気になる部分・不安を感じる部分は塗装の時期にあわせて調査を行うようにしましょう。
    お住まいの無料調査について詳しくはこちら

     

    季節や温度・湿度は塗料の乾燥にも関係し外壁塗装の仕上がりにも影響します
     気温や湿度を基準に考えると、春と秋は穏やかな天候が続き施工がしやすい時期にあたります。夏は気温が高く乾燥自体は早いですが、台風や夕立が発生することがあるため天気予報をチェックしておくと安心ですね。対して冬は夜露が降り気温も上がらず、施工時間が短くなったり塗料の乾燥時間を長く取ったりする必要がありますが、乾燥した穏やかな時期もあるため、雪が毎日続くような地域でなければ問題視するほどではありません。
    春と秋は気温・湿度共に外壁塗装に適している
    夏と冬は気温や気候、乾燥時間などに注意が必要
     気温・湿度とは別に考えておくべき事がライフプランです。

     外壁塗装は比較的安価な住宅メンテナンスとして知られますが、大きな出費に違いありません。また2週間の短期間ながら「希望の色になるのか」「周辺の家に迷惑をかけていないか」等心配事は尽きないかと思います。そのため私たち街の外壁塗装やさんがオススメしている時期は「しっかり余裕を持って考えられる時期」です。
    疑問・不安を解消できるよう余裕をもった塗料・業者選びを行いましょう
     忙しくなるであろうという時期を避け、どのような塗料が良いのか、費用は適正なのか、外壁塗装業者が要望を満たしてくれるのか、周辺に迷惑をかけず施工をしてくれるのか、数社で相見積もりを行って検討出来る時期にしっかり決め、いつ頃に施工したいのかを明確にしましょう
     時期としては最適だけど自己資金は残しておきたいという方には街の外壁塗装やさん提携のリフォームローンもご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。
    リフォームローンについて詳しくはこちら
     塗料の性能に依りますが、外壁塗装は一度行うと最低10年、その仕上がりと付き合っていくことになります。塗装業者の対応が悪く隣家とトラブルが起きてしまった、塗装後にも関わらず数年で塗膜が剥がれてしまった、他の業者に聞くともっと安く施工出来たらしい…と後々後悔をしてしまうことが無いよう不安・疑問はしっかり解消した上で外壁塗装工事に臨みましょう
    後々後悔の無いよう不安・疑問は解消し外壁塗装工事に臨みましょう!
     私たち街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底した上でお住まい無料調査・お見積りにお伺いさせて頂いております。費用が気になる、カラーシミュレーションが見てみたい方はお気軽にお問合せ下さい。
    カラーシミュレーションについて詳しくはこちら
    お住まい無料調査について詳しくはこちら
    新型コロナウィルス対策を徹底してお客様邸へお伺いしています。お住まいの調査とお見積りは無料です!お気軽にご相談下さい
    外壁塗装を行う時期に関するまとめ
    • 新築時から使用している外壁材によって塗装時期は異なります。フッ素や無機系塗料でコーティングされている「難付着サイディング」の場合、10年程度では劣化しませんので外壁塗装を行う時期は更に先になります。

    • 塗膜が劣化することで外壁材には様々な症状が現れます・軽微な症状としては色あせ・苔や藻の付着、酷くなるにつれ目地の劣化・クラックが生じますので、状況に合わせて適切なメンテナンスを検討しましょう。

    • 塗料のグレード、高耐久塗料の性能を維持するための適切な下地補修・施工が、次回の外壁塗装までの時期を延ばす大きなポイントになります。コストと性能のバランス、今後の外壁塗装を視野に入れたメンテナンスを検討していきましょう。

    • 外壁塗装を行う時期として気温・湿度共に適しているのは春や秋です。しかし想像しているよりも外壁塗装を行うことでストレスを抱えることもあるので、疑問・不安をしっかり解消できるように余裕をもった塗料・業者選びを行うようにしましょう。

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ