横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 塗装工事を成功させるキーポイント「下塗り」の役割と種類をご紹介

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    塗装工事を成功させるキーポイント「下塗り」の役割と種類をご紹介

    綺麗な塗膜を維持するため下地調整や下塗りがとても重要
     塗装工事を行う際に皆さんが気になるのは費用・仕上がり・耐久性が多いかと思います。見積もりを取った際に今や常識のように記載されており、綺麗に仕上げる為にも大事な3回塗りですが、その下塗り・中塗り・上塗りは一工程ずつ確かな役割と目的を担っています。
     中塗り・上塗りに使用する塗料はお客様が気にされている事を決定づける大きなポイントになります。では仕上がりにも関係ないとも思われている下塗り塗料はどのような役割を果たしているのか、また下地ごとに使用する下塗り塗料が変わる事はご存知でしょうか?実は塗装の仕上がりを綺麗にする為に最も重要なのは支え役の下地調整、下塗り塗装なのです。
     そこでこのページでは塗装工事での名脇役「下塗り」の役割、下塗り塗料の種類をご紹介したいと思います。下塗りを行ったかどうかは塗装後に確認することは出来ず、思わぬ確認不足で後々トラブルを起こす可能性もありますので塗装前にしっかり把握しておきましょう。

    【動画で確認「塗装工事のキーポイント『下塗り』」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

    下塗り+中塗り+上塗り
    中塗りの様子
    上塗りの様子
    標準塗装仕様表
    ※日本ペイントパーフェクトシリーズカタログ.pdfより引用
    塗料の特徴と種類について詳しくはこちら
    塗料本来の性能を発揮!規定塗布量について詳しくはこちら

    ○下塗り
    下塗りの様子
    仕上がりにムラが起きる
    塗料がはがれやすくなってしまう
    下地処理 されていないと塗料が剥がれやすい
     そこで役に立つのは仕上げ塗料が剥がれないよう下地の密着性向上と塗料の吸い込み止めの役割を持つ下塗りです。下塗りは塗装後に確認する事ができませんが、塗装を綺麗に仕上げる為に無くてはならない存在です。
    外壁塗装の重要な役割の下塗り
     塗装は無関係のように思えるメイクの方法と同じです。洗顔や化粧水のスキンケアが塗装メンテナンスの高圧洗浄・下塗り等の下地調整にあたります。メイク同様スキンケア(下地調整)を怠ってしまってもメイク(塗装)直後は綺麗に仕上がりますよね?しかし大事な下地処理を欠かすとメイクの場合はすぐによれてしまったり皺が出来たりと、せっかくの時間が無駄になりやり直しも難しくなってしまいます。塗装も同じように数年以内に塗膜が剥がれ、塗料本来の耐久性を著しく低下させてしまいます。
    しっかり下地調整を行った場合の外壁写真
    大事な下地調整を怠った場合の塗膜が剥がれた外壁写真
    下塗りの種類は下地によって異なります
    下地調整の様子
    錆び止め効果のあるアステックペイントのサーモテックメタルプライマー
     金属素材を塗装する際には錆が発生しないよう錆止め塗料を塗りますが、プライマーの中には錆止め塗料とセットになっているものもありますので工程短縮が図れますが錆を落とすことは出来ないため、下塗り前にケレンやペーパー掛けを行って錆を取り除く必要があります。
    プライマー
    シーラー塗布の様子
     シーラーには油性と水性がありますが、経年劣化の少ないコンクリートやモルタルには水性を、劣化が著しい外壁材には水性よりも密着力の高い油性を使用します。 下塗りに油性を使用しても水性の中塗り・上塗り塗料は問題なく塗装出来ます。
    サーモアイ専用下塗り塗料サーモアイシーラー
     仕上げ塗料の性能をサポートする為に下塗りにも性能を持たせている塗料もあり、遮熱塗料日本ペイントのサーモアイが良い例です。

     この場合仕上げ塗料専用の下塗り塗料がありサーモアイシーラー(サーモアイ専用下塗り)、ナノコンポジットWシーラー(ナノコンポジットW専用下塗り)といったように塗料の名前が付いているケースが多いです。
    シーラー
    モルタルやALCには経年劣化によってクラック(ひび割れ)が発生しやすい
     モルタルやALCには経年劣化によってクラック(ひび割れ)が発生しやすく、初めは細いヘアクラックが幅0.3㎜以上の構造クラックにまで進行すると雨漏りや外壁材の腐食を引き起こす恐れもあります。フィラーはどうしても発生してしまうヘアクラックを埋め平滑な下地に仕上げる事が出来ます。
     塗膜に弾性を持たせ住宅の動きに追従出来る微弾性フィラーが使用されることが多く、今後のクラック発生も抑えられます。フィラーはシーラーやプライマーと較べると厚膜に仕上がり、窯業系サイディングの下塗りに使用することはありません。
    フィラー塗装の様子
    ちなみに長年メンテナンスを行っていない屋根材に通常のシーラーで下塗りし塗装をしても、一時的な塗膜保護に過ぎず数年で塗膜が剥がれる恐れがあります。また今までは一度肉痩せし割れやすくなった屋根材は塗装で改善されないといわれていました。
    下地調整と下塗りが同時に出来るスズカファインのベスコロフィラーHG
     そのような問題を改善するのに登場したのが、下地調整と下塗りが同時に出来るスズカファインのベスコロフィラーHGです。

     厚膜な下塗り塗料が下地の吸い込み止めを抑えるだけでなく、肉痩せした屋根材を蘇らせる効果があります。更にベスコロフィラーCOOLには遮熱機能がありますので、室内が非常に暑い・真夏のエアコン使用量を減らしたいとお考えの方にはピッタリな下塗り塗料です。
    フィラー
    外壁クラック補修について詳しくはこちら


    下塗りまでの下地調整
    高圧洗浄
    ↓下矢印
    シーリング打替・増し打ち
    シーリング打ち替え補修について詳しくはこちら


    クラック(ひび割れ)補修

     上述しましたがヘアクラックは下塗りフィラーで埋めることも可能です。しかし0.3㎜以上の構造クラックは塗料で埋めることは出来ませんので、下塗り前にシーリング材やエポキシ樹脂で補修をしておく必要があります。状態が酷い場合はクラック補修→高圧洗浄→下塗りと工程を変更するケースもございます。

    クラック(ひび割れ)補修


    ケレン・ペーパー掛け

     下地調整の中でも下塗り同様に塗装直後の仕上がりに影響が出ないものの、作業を怠ると後々塗膜の剥離を引き起こす原因になる非常に重要な工程です。これは高圧洗浄では落とせない塗膜や錆の除去や、塗装面に無数の傷を付け(目粗し)下塗り塗料の密着性を高めることを目的に行います。

    ケレン・ペーパー掛け
    ケレン・ペーパー掛けについて詳しくはこちら
    ↓下矢印
    養生



    下塗りと仕上げ塗料にも相性があります!
    同メーカー塗料が 望ましいですが下地の状態により 別メーカーとの組み合わせも行います
     塗装メンテナンスを繰り返しているお住まいは塗膜保護がされており劣化が少ない為、下塗り、中塗り・上塗りの3回塗りで塗り替えが可能です。しかし中には20年近く塗装を行っておらず経年劣化が見られるお住まいもあります。その場合は下塗りを1回行っても吸い込みが激しく、仕上げ塗料が綺麗に仕上がらない可能性がありますので下塗りを2回行うこともあります。

     各社塗料メーカーの仕様に下塗りは1~2回、下地の劣化が表層のみの場合に適する下塗り塗料と下地の劣化が著しい場合に適する塗料が記載されている事もありま
    塗膜保護がされており劣化が少ない外壁
    20年近く塗装を行っておらず劣化が激しい外壁
    サーモアイと専用下塗り塗料をセットで使用
     サーモアイシーラーとセットで使用することでW遮熱機能が得られますが、遮熱機能を重視しない場合は他の下塗り塗料を使用することも出来ます。

     下地の劣化が軽度の場合はニッペ 1液ベストシーラーが最適です。劣化が著しい場合はニッペ シリコンベスト強化シーラーを使用しますが旧塗膜に膨れや縮みを起こす恐れがありますので、不具合箇所を除去し再度下塗り塗装を行います。
    日本ペイント サーモアイ
    下塗り塗料と仕上げ塗料の相性表
    サーモアイについて詳しくはこちら
    日本ペイント パーフェクトトップ
    下塗り塗料と仕上げ塗料の相性表
    パーフェクトトップについて詳しくはこちら
    ナノコンポジットW (防藻+)
    下塗り塗料と仕上げ塗料の相性表
    ナノコンポジットについて詳しくはこちら
    エラストコート
    下塗り塗料と仕上げ塗料の相性表
    エラストコートについて詳しくはこちら
    日進産業ガイナ
    下塗り塗料と仕上げ塗料の相性表
    ガイナについて詳しくはこちら
    日本ペイント ファインSI
    下塗り塗料と仕上げ塗料の相性表
    屋根外壁塗装工事を行う場合お引き渡しまで約2週間
    要注意業者イラスト
    街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください
    塗装工事の全工程について詳しくはこちら
    無料点検について詳しくはこちら

    「下塗り」の役割と種類のまとめ 
    • 塗装の中塗り・上塗り塗料には仕上がり(耐久性・色・艶)を決める役割があり、
      下塗り塗料には接着剤と吸い込み止めの役割があります。

    • 白色(ホワイト)の下塗り塗料は既存色を隠蔽し、
      濃色から淡色への塗り替えをご希望のケースでも更に綺麗な発色が期待できます。

    • 下塗りを怠ると数年以内に塗膜の剥がれ・仕上げ塗料の耐久性低下を
      引き起こしてしまう恐れがあります。

    • 下塗り塗料は下地によってシーラー・フィラー・プライマーを
      使い分ける必要があります。

    • 密着性の向上や吸い込み止め以外の性能を持つ下塗り塗料があり、
      仕上げ塗料の性能向上や工程短縮に役立ちます。

    • 下塗りだけで傷んだ下地を補修する事は出来ませんので、
      適切な作業工程を踏む必要があります。

    • 安く・早く出来る塗装工事には必ず理由があります。
      塗装を綺麗に仕上げる為に作業工程はあらかじめ確認しておきましょう。

    • 適正な下塗り・仕上げ塗料を決めるには
      お住まいの築年数やメンテナンス歴を把握する必要があります。

    • 仕上げ塗料本来の性能を最大限に発揮させるために、
      下地調整・下塗りの重要性を理解し塗装工事を成功させましょう!

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ