横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 屋上・ベランダに最適なウレタン防水、 膨れや劣化の補修もお任せください

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    屋上・ベランダに最適なウレタン防水、 膨れや劣化の補修もお任せください

    ウレタン防水
     近年大事な住まいを守る防水工事としてFRP防水が有名になったように感じます。軽い・工期が短い・高耐久といったメリットだらけのFRP防水ですが最も採用されている防水工事なのかというと実は違います。日本で最も採用されている防水はウレタン防水工事なのです。
     「塗料だから安い?」「簡単だから誰でも出来る?」そんなイメージを持つ方は多くいらっしゃいますが、しっかりとした根拠を持ってウレタン防水工事をおススメしているのです。今回は皆さんが持つウレタン防水のイメージを覆す特徴と施工方法にも触れながらご紹介したいと思います。
     昔はベランダ・バルコニーに施工されるだけの防水でしたが、近年狭小住宅・コンパクトハウスの普及に伴い屋上(陸屋根)を活用されているお住まいが増加傾向にあります。屋上(陸屋根)で雨漏りを起こしてしまったらその下階はもちろんのこと、被害は大きくなるばかりです。今一度防水の役割と重要性を把握し、大切なお住まいを守っていきましょうね。

    【動画で確認「ウレタン防水の施工方法と補修」】

    【動画で確認「ウレタン防水についてプロが解説」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!
    生活の中でも身近なウレタン素材
     このウレタンを防水層として利用し始めたのは今から50年も前、1966年ですが、それからも改良を重ね続け高い防水機能を誇る工法になっているのです。歴史としてはアスファルト防水やシート防水の方が古くからあるのですが、今も残る一般住宅の築年数から考えるとウレタン防水のほうが知っている、馴染みがあるといった印象ではないでしょうか?
    ウレタ塗膜防水とは
     外壁塗装で使用されるウレタンの印象だけですと耐久性が心配なイメージがありますが、複合防水(改質アスファルト防水とウレタン防水の併用)などの研究がなされ、1995年頃からは高い防水性が求められる屋上駐車場や、順応性が求められる地下でも採用される優秀な防水工法なのです。
    外壁塗料の種類と特徴について



    ウレタン防水の特徴とメリット
     では簡単にウレタン防水の特徴・メリットをご紹介します。
    継ぎ目がない仕上がり
    継ぎ目のないシームレスな防水層に仕上げることができます
     塗料を塗るウレタン防水は仕上がりに継ぎ目がありません。そのため、シートが剥がれるかも、施工不良等による隙間から雨漏りを起こすかも…といった心配もありません。
    塗料を塗るウレタン防水
    シートを貼り付けるシート防水


    施工に凹凸が関係ない
    複雑な形状の屋上やベランダにも施工可能
     液状の樹脂を塗りつけるウレタン防水は切って、貼ってといった作業がありません。凹凸部分には塗料を塗れば良いだけですので段差や複雑な形状にもしっかり対応することができます。
    液状の樹脂を塗るウレタン防水
    段差なども容易に施工できる


    軽量
     ウレタン防水は塗料を3㎜ほどになるまで塗り重ねる工法です。そのためアスファルト防水等と比較すると非常に軽く、重量による負担をお住まいにかけることがありません。
    防水層が軽量のため建物に負担をかけません


    メンテナンスが比較的安価
     ウレタン防水は施工後、表面保護のためにトップコートを塗布しています。このトップコートは5年程度で塗り替える必要がありますが、その分ウレタン防水で形成した防水層は傷みにくくなるため、15年程度は問題なく生活することができます。
    防水工事と単価
    防水工事の料金についてはこちら


    重ね塗りができる
    ウレタン防水は塗料ですので重ね塗りをすることが可能
     シート防水の場合は経年劣化によって剥がれやめくれを起こしてしまうこともあります。するとそのシートを剥がしてから施工しなければならないため、手間も費用も掛かってしまいます。しかしウレタン防水は塗料ですので表面を高圧洗浄等で綺麗にしさえすれば重ね塗りをすることが可能です。材料の処分費用も発生しないためエコなメンテナンスができます。
    ウレタン防水の場合
    シート防水の場合
    ウレタン防水のデメリット

    施工において難易度が高い
     ウレタン防水は塗料を職人が手作業で塗っていきます。ケーキに生クリームを塗るのと同様柔らかいものを均一に仕上げるのには熟練の技術が必要なのです。もし平滑に仕上げられなかった場合、雨水が排水溝に流れない・水たまりができる、薄く塗った箇所からの雨漏りを起こしてしまうため、塗料を塗る=簡単ではないということを理解しておきましょう。
    塗料を職人が手作業で塗る熟練の技術が必要なウレタン防水


    乾燥が遅い
     ウレタン樹脂は施工後の乾燥が遅いため行程にも余裕を持たせる必要があります。もし雨が降ってしまえば数日施工できないといったケースも少なくありません。その分FRP防水は乾燥が早く、バルコニーやベランダの場合1日で施工できることもあります。
    施工日数の目安
    FRP防水の特徴について
    密着工法と通気緩衝工法

    ○密着工法
    密着工法
    ウレタン防水(密着工法)の断面
    通気緩衝工法と劣化状態



    ○通気緩衝工法
    通気緩衝工法
    ウレタン防水(絶縁(通気緩衝)工法)の断面
     絶縁工法ともいわれる通気緩衝工法は下地と密着させない防水方法で、その分下地の影響も受けにくいため水分が残っている下地にも施工することが可能です。
     特徴的なのは下地に通気緩衝シートと呼ばれる無数の穴が空いたシートを貼り密着を防ぐこと、そして通気緩衝シート部分に溜まる水蒸気を脱気盤・脱気筒から排出することで防水層の膨れを防ぐことです。
    無数の穴が空いた通気緩衝シート
    水蒸気を逃がす脱気装置
     経年劣化によって傷んだり雨漏りを起こしている下地は数日経過しても水分を含んでいます。この状態に密着工法を行うと水蒸気が逃げ場をなくし防水層を破ることがあるため、通気緩衝工法を行う必要があります。下地と防水層が密着していない分、歩行頻度が少ない箇所に適しています。
    通気緩衝工法とは



    ウレタン防水の劣化と補修方法を知りましょう

    ○1.表面のひび割れ
     築5~7年、施工してから数年後にひび割れが生じてしまった、このような経験をしたことがある方は多いと思います。実はこのひび割れは施工不良ではなくトップコートと呼ばれる保護材のひび割れなのです。
    表面のトップコートにひび割れ
    ウレタン防水表面のひび割れ補修方法
     トップコート自体に防水性能はありませんので雨漏り等の心配はありませんが、太陽光や雨水にさらされると劣化してしまうウレタン防水層が露出してしまうためトップコートの再塗装が必要です。
    トップコートの再塗装

    ○2.塗膜の浮き・膨れ
     防水層が膨らんできた、浮いているといった状況があればそれは下地が水分を含んでいるということ、つまり雨漏りを起こしている可能性があるということです。
    塗膜の浮きや膨れ
    ウレタン防水塗膜の浮き・膨れ補修方法
     この場合はまず防水層に問題がないか、サッシ脇や外壁に異常がないかを確認し雨漏りを補修する必要があります。浮いてしまった防水層は歩行や経年によって破れてしまう恐れもありますので、浮いた部分を剥がし補修、もしくは全体改修を行わなくてはなりません。 
    浮いた部分を剥がし補修もしくは全体改修

    ○3.防水層の亀裂
    防水層の亀裂
     トップコートのみならず防水層にまで亀裂が生じてしまうようなケースは、経年劣化や地震の後に見られることがあります。
    ウレタン防水防水層の亀裂補修方法
     現状で雨漏りが起きていない場合でも放置すれば下地にまで腐食を起こす可能性があるため、早々にウレタン防水の再施工をする必要があります。
    下地が腐食する前にウレタン防水の再施工

    ○4.雨漏り
    防水層が傷み雨漏り
     防水層が傷むことによって雨漏りを起こしてしまった場合はお住まいの寿命を縮める恐れがあります。
    ウレタン防水雨漏りの補修方法
     防水層に異常が見つからないという場合は、その真下の軒天や室内に雨水が入り込んでいる可能性もありますので、必ず点検を行いましょう。雨漏りが軽微であっても通気緩衝工法で水蒸気を逃がすような措置をとりましょう。
    雨漏りが軽微でも通気緩衝工法で水蒸気を逃がす措置をとります



    ウレタン防水とFRP防水の見分け方

    ○1.防水層を触る
     ウレタン防水は柔らかく弾力がある防水層です。そのため防水層を押すと少し柔らかみを感じます。また爪等でひっかくと跡が残ったりと柔軟性を感じます(防水層を破ってしまうと雨漏りが置きますので適度な力でお願いします)。  対してFRP防水は繊維強化プラスチックの略称で強度・耐水性・成形性に優れています。押しても固く無機質な印象を受け、当然爪跡も残りません。
    ウレタン防水
    FRP防水

    ○2.防水層を見る
     ウレタン防水はとても滑らかな防水層を形成しますが、FRP防水はガラス繊維をネット状にしたものを貼り付けているため、表面が摩耗してくると細かな繊維が見えます。ひび割れではなく蜘蛛の巣のような模様が見えればFRP防水に間違いありません。
    表面が摩耗してくると細かな繊維が見えるFRP防水
     バルコニーやベランダ等施工される箇所もほとんど同じため、ウレタン防水にFRP防水、FRP防水にウレタン防水と誤って施工しても問題ないと思われがちですが、使用している材料自体は異なり、塗膜の膨れを起こすトラブルもあるようです。
    塗膜の膨れを起こすトラブルもある
     またウレタン防水で施工できるからと言って陸屋根や大きなバルコニー等にFRP防水を施工することはできません。硬膜なFRP防水は動きの大きな箇所への施工を行うとひび割れを起こす可能性があるためです。このように防水工事の改修時には向き・不向きの相性がありますので、必ず既存防水層の種類を特定し、正しい補修工事を行えるように心がけましょう。
    お住まい無料点検はこちら
    外壁からの雨漏りについてはこちら
     もし見分け方に不安がある方、ウレタン防水工事の施工方法について知りたいという方は街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください。
    街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください!

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る