横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 塗り替え前に知っておきたい、外壁と屋根の面積の求め方

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    塗り替え前に知っておきたい、外壁と屋根の面積の求め方

    外壁と屋根の面積の求め方
     お家の敷地や延べ床面積は知っていても、外壁の面積や屋根の面積を正確にご存知の方はかなり少ないのではないでしょうか。そういった方のためにおおよその面積の求め方と詳しい求め方をご案内致します。知っておくと、意外に役立つことも多いのです。

    【動画で確認「外壁と屋根の面積の求め方」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

    塗り替えにおいて外壁と屋根の面積を知ることはとても重要

    工事の様子

     塗る面積が大きければそれに応じて値段も高くなる、塗る面積が小さければそれに応じて値段も安くなる、極めて当たり前の話ですよね。

     

     広ければ広いほど、塗料も必要となりますし、それだけ人も必要としますから人件費もかかります。

    外壁や屋根の面積の求め方をご紹介致します

     外壁塗装においても、屋根塗装においても、その費用は塗る面積に大きく左右されるのです。お見積書には「外壁下塗り、○○○円/㎡」、「外壁中塗り、○○○○円/㎡」、「外壁上塗り、○○○○円/㎡」という項目が並んでいるはずです。

     

     建物の外壁や屋根の面積が分からないと相場どおりの価格なのか、そうでないのか、全く分かりませんよね。

    壁や屋根の塗装をお考えの方はまずはそれぞれの面積を知ることからはじめましょう。

    外壁塗装について詳しくはコチラ
    屋根塗装について詳しくはコチラ



    面積の求め方~外壁編~
    建物の図面がない場合の外壁の面積の求め方
    実測にて外壁や屋根の面積を算出します!


    延べ床面積から外壁の面積を出す方法
    延べ床面積が大きくなるにつれ、小さい数値を使った方が実測値に近くなる

     外壁の面積が延べ床面積の1.1~1.4倍ということには驚いている方も多いのではないでしょうか。「これで正確な数値が出るの」と疑問にお思いの方もいると思います。問題は1.1~1.4の間でどの数値を使うかということですが、延べ床面積が大きくなるにつれ、小さい数値を使った方が実測値に近くなるという結果が出ています。

     

     この方法を知っておけば、お見積もりに記載されている外壁の面積が妥当なものかを確かめることもできます。

    1.1~1.4を延べ床面積にかけるだけで、
    どうして外壁の面積が求められるの?

     建築基準法解説で採光のための開口部の有効面積が定められているからです。居室の床面積の1/7以上の開口部がないと建築基準法の違反となります。

    建物の図面がある場合の外壁の面積の求め方
    立面図
    1階立面図
     建物の図面がある場合は正確な面積が求められます。立面図から高さを求め、平面図から横の長さを求めます。こうやって四方の各外壁の面積を求め、各外壁から塗らない分、窓などの面積を引けば、正確な外壁の面積が求められます。
    建物の図面がある場合は正確な面積が求められます
    図面がないからといって心配することはありません
    図面は預かったのちにすぐにお返し致します
    概算と図面からの算出、実際の誤差はづれくらい?

     お客様から図面をお借りして外壁の面積をお出しし、再度、確認のため、現場を訪れると図面と実際の建物が違うということが結構あります。存在しないはずの窓があったり、増築されている場合です。このような時は実測で外壁の面積を求めることになります。

     今回、F様邸の図面をお借りすることができましたので、こちらから外壁の面積を算出してみます。

    立面図
    平面図
    外壁の面積、図面と概算との誤差

     図面から算出した外壁の面積は138.6㎡でした。

    これはバルコニーを含めた数値で下屋(1階部分の屋根)と玄関ドア、窓を除いた数値です。

     

     図面によると延べ床面積は107.95㎡ですので、延べ床面積の1.1~1.4倍以内に収まりました。延べ床面積から外壁の面積を出す方法もそれなりに信頼できると言えそうです。

     

    面積の求め方~屋根編~
    屋根の面積も床などの面積から算出することが可能です

    ○和瓦屋根の場合は使用されている瓦の枚数から
     面積を算出することも可能です
    一般的な和型の瓦の場合 一坪(約3.3㎡)53枚

     ご自分の家に瓦が何枚使われているかを知っている人はなかなかいないと思うですが、ご存知であれば、屋根の面積を算出することも可能です。

     和瓦は1坪3.3㎡に53枚が使われています。全枚数を53で割れば、屋根の面積が求められるのです。

    使用されている瓦の枚数から面積を算出す

    屋根の面積は図面から算出することが可能です

    正面から見た立面図
    横から見た立面図
    三平方の定理

     屋根の面積を求めるのには勾配の付いている棟から軒までの長さを知らなければなりません。

     

     勾配の付いている棟から軒までの長さは直角三角形に見立てて、三平方の定理で求めることもできますが、勾配伸び率という便利なものがあるので、こちらを使わせてもらいましょう。屋根の勾配に関しては図面に記されています。

     

     勾配伸び率とは水平方向に対して屋根の勾配がどれだけ長くなるかを比率で表したものです。ネットでも検索すればすぐに出てきます。


    図面上の屋根面積×勾配伸び率=屋根の面積

    ○屋根の勾配伸び率表
    屋根の勾配伸び率表
    立面図
    平面図
    屋根の面積、図面と概算との誤差

     図面から算出した屋根の面積は2階部分が52.6㎡、1階部分が22.8㎡、計75.4㎡でした。1階部分の床面積が70.27㎡ですから、その近似値の約1.1倍に当たります。屋根の面積も係数を使って概算で出してもほぼ近似値となることが分かりました。

     

     外壁は延べ床面積の約1.1~1.4倍の面積、屋根は緩い勾配なら約1.1倍、急勾配なら1.2倍ということを覚えておけばいろいろと役に立ちそうです。お見積もり時にぜひ、活用してください。

    外壁のおおよその面積
    屋根のおおよその面積
    外壁と屋根の面積の求め方のまとめ
    • 簡単な計算で出せる面積は誤差もがあるが、
      お見積もりの面積が正しいかどうかの判断にはなる

    • 図面がなくても私達が実測で算出しますのでご安心ください

    • 図面をお貸しいただけるとお見積もりをするのに大変、助かります

    • 屋根の面積は勾配があるので、算出するのはちょっと大変です

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る