横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 倉庫、雨戸のシャッター塗装、 塗り替え時期やメンテナンス方法を解説

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    倉庫、雨戸のシャッター塗装、 塗り替え時期やメンテナンス方法を解説

    シャッター塗り替え時期やメンテナンス方法を解説
     車庫や倉庫、または雨戸の代わりに設置されているシャッターが「色褪せてきてしまっている」「錆びてしまってる」などといった劣化を起こし、お困りではありませんか?普段ご自身で拭き掃除や汚れ落としを行っていたとしても、塗膜の剥がれや錆びによる腐食の回復となると専門の道具や技術が必要となり、DIYでは難しいかもしれませんよね。
     シャッターの塗装が剥がれていたり、サビてしまっていたりすると見た目はもちろん、錆びによって開け閉めがしづらくなるなど機能面にまで悪影響を及ぼしてしまいます。紫外線や風雨に晒される場所に設置されているシャッターだからこそ、外壁同様こまめな塗装によるメンテナンスが欠かせない場所と言えますね。
     こちらのページでは、シャッター塗装に関する総合的な情報をまとめています。最後までお読みいただければシャッター塗装に関して覚えておきたい知識を全て学べるので、ぜひ参考になさってください。
    シャッター塗装できる?メンテナンスのために必要?
     インターネットで調べていると、「業者によってはシャッター塗装は断られてしまう」などの情報も目にしますよね。
     これは、シャッターは外壁と違い開閉を伴う動きを生じる場所であるため塗膜の厚さに配慮しなくてはいけなかったり、凹凸があるため塗装技術を必要とすることから経験のない塗装業者では敬遠されるケースがあるためです。
    塗膜の剥がれ
    白錆の発生
    錆が広がりシャッターが腐食
    塗膜が剥がれ内部に錆が発生
     しかしスチール製の、塗装が施されたシャッターであれば当然のことながら経年劣化で塗膜が剥がれてしまいますし、塗膜が剥がれてしまえば錆びによる腐食を引き起こしてしまう事にもなりますからどうしても定期的な塗装メンテナンスが必要となってしまいます。
    シャッターは塗膜の剥がれや錆から守るため定期的な塗装によるメンテナンスが必要です
    シャッターボックスの塗装
     そういう意味では、シャッター塗装が可能か不可能かをお伝えすると「可能ですし、定期的に行わなければいけない」というのが答えになります。

     もちろんシャッターを格納するシャッターボックスの塗装も可能です。

    ○シャッターの塗装は劣化しやすいという不都合
    シャッター塗装は開け閉めの動作などで劣化しやすい

    ○シャッター塗装には業者の技術力も求められる
    塗膜の厚みへの配慮などシャッター塗装には高度な技術が必要
    シャッター塗装を検討すべき劣化のサイン

    ○白い粉をふいている(チョーキング現象)
    チョーキング現象

    ○塗膜が剥がれている
    塗膜の剥がれ

    ○錆びが発生している
    錆が発生したシャッター
    シャッターの錆
    シャッター塗装のDIYが難しい理由

    ○シャッターに最適な塗料を選ぶのが難しいから
    シャッター塗装に適した塗料を選ぶのが難しい
     まずはシャッター塗装に適した塗料を選ぶのが素人の方では難しいという点です。これはシャッター塗装に限った話ではありませんが、当然のことながら「何に塗るか?」という素材によって適した塗料は変わってくるほか、下塗り専用と仕上げ用など複数種類の塗料を用意する必要があります。「ペンキならなんでもよい」ではないんですよね。
    塗装の最初の一歩である塗料選びは塗装において最重要工程

    ○道具や塗装条件など専門的な知識が必要となる
    ローラー・刷毛・スプレーガン
     シャッター塗装をDIYで行うための障壁には、道具の問題もあります。塗装用のローラーやハケなら簡単に購入できますが、より専門的な「スプレーガン」と呼ばれる道具を入手するのは大変です。ホームセンターで売られている場合もありますが、高額な上に種類があるのもDIYのハードルを高くしてしまう一因です。
    スプレーガンを使用した塗装

    ○失敗すると取り返しがつかないから
    専門の業者に任せれば良かった…
    シャッター塗装の施工手順

    ○①清掃・下地処理
    清掃と下地処理
     シャッター塗装において重要な作業が下地処理である「ケレン」です。ケレンとは、ヤスリなどを使って塗装面のコンディションを整える下地調整のことを言います。
    シャッター塗装前の洗浄
     シャッター塗装の劣化サインの1つに「塗膜の剥がれ」がありました。塗膜が剥がれている場合は特にケレンが重要で、ケレンをせずに塗装をすると仕上がりが凸凹になってしまいます。そうならないよう、事前の下地調整で塗装面を平たくならしておくことが大切なのです。また、ケレンには金属部分に微細な傷をつけて、塗膜が密着しやすい状態に整える目的もあります。またこの段階で埃を取り払う、汚れを落とすといった洗浄も併せて行います。

    ○②養生
    養生

    ○③下塗り(サビ止め処理)
    下塗り(サビ止め処理)

    ○④中塗り
    中塗り

    ○⑤上塗り
    上塗り
    シャッター塗装も街の外壁塗装やさんにご遠慮なくご相談ください!
    紫外線や風雨による影響や日常的な開閉で想像以上に酷使されているシャッター
     紫外線や風雨による影響の他にも、日常的な開閉によって想像以上に酷使されているのがシャッターです。

     車庫や倉庫のシャッターは大切なお車や器具、道具を守ってくれています。またお住まいの窓に取り付けられたシャッターは風雨やから建物を守るばかりか、ご家族のプライバシーなども守ってくれていますよね。
    快適にお過ごしいただくためにはシャッターの定期的メンテナンスが大切です
     シャッターの劣化や不具合は私たちの生活に不安と不便をもたらすといっても過言ではないのではないでしょうか。だからこそ定期的なメンテナンスによる美観の維持と機能性の維持は快適にお過ごしいただくために大切なことですよね。
    街の外壁塗装やさんは外壁や屋根だけでなくシャッター塗装のご相談も承っております!
     街の外壁塗装やさんでは外壁や屋根の塗装はもちろんですが、シャッター塗装のご相談も承っております。無料点検、お見積りは無料ですのでいつでもお気軽にご相談ください。
    塗装の無料点検についてはこちら
    街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください

    倉庫、雨戸のシャッター塗装
    塗り替え時期やメンテナンス方法を解説まとめ
    • シャッターは塗膜の剥がれや錆の広がりなど美観や機能性を守るため、定期的な塗装によるメンテナンスが必要です

    • 開閉やシャッターボックスへの格納など動きのあるシャッターの塗膜は非常に劣化しやすいと部位です

    • 塗膜の厚みへの配慮などシャッター塗装には高度な技術が必要となります

    • チョーキング、塗膜の剥がれ、錆などが見られる場合はシャッター塗装を検討するサインです

    • 塗料の選定、塗装技術、道具など失敗が許されない塗装ではDIYは非常にハードルが高いと言えます

    • シャッター塗装の工程には①高圧洗浄、②養生、③ケレン、④下塗り(サビ止め処理)、⑤中塗り、⑥上塗りがあります

    • シャッター塗装のための点検、お見積りは無料です。お気軽に街の外壁塗装やさんまでご相談ください

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る