横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 塗装しにくい外壁(難付着サイディング)と塗装しても無駄な屋根材

    01-20
    ほとんどの建物で必須のメンテナンスとされる外壁塗装ですが、塗料が極めて付着しにくく、塗り替え前に慎重な判断を求められる難付着サイディングと呼ばれる外壁材が存在します。また屋根塗装では基材に致命的な不具合があり、塗装しても無駄になってしまうスレート(カラーベスト・コロニアル)も存在します。難付着サイディングやスレートへの塗装は塗装前の診断によって、塗り替えが可能か不可能かの判断をくださなければなりません。

    外壁塗装が難しい難付着サイディングボードとは

    02-20

     ずっと綺麗が続く外壁、とても理想的ですよね。各建築資材メーカーがこの理想を追求し続けた結果、現在では従来のものより圧倒的に汚れにくく、色褪せしにくい外壁材が開発されました。

     

     外壁に付いた汚れを分解する光触媒、色褪せしにくい無機系ハイブリッド塗料、雨によって汚れを落とす親水性、汚れにくさを実現するフッ素系の技術などが実用化されたのです。

     

     これらの技術が用いられた外壁材は確かに汚れにくく、画期的であり、お住まいの方にも好評でした。

    03-19

    しかし現在、メンテナンスにおいて致命的な問題が発生しつつあるのも事実です。汚れが付着しにくいので、塗料も密着しにくいという特徴があるのです。

     このように光触媒、無機系、親水性、フッ素などで塗装やコーティング加工された外壁材を難付着サイディングボードと呼びます。

     

     現在の戸建て住宅の主流の外壁材である窯業系サイディングの他、シェアを拡大している金属サイディングにも難付着サイディングボードが存在します。

    難付着サイディングボードの見分け方1
    難付着サイディングボードに用いられている技術から判断する

     お家を建てた時の設計書や仕様書が残っており、製品名や品番が分かれば、それで判断することが最も確実です。「どこに仕舞ったか分からない」、「どうも失くしてしまったようだ」という方は家を購入した時や新築時のことを思い出してみましょう。

    04-18

     外壁材の宣伝文句である「汚れにくい」、「綺麗が長続き」などの言葉はかなり前から使われてきました。技術が進歩する度に従来よりも汚れにくくなっていくのですから、嘘というわけではありません。

     

     難付着サイディングボードは従来の外壁材と区別するために技術的なキーワードも用いられるようになりました。「そう言えば、お家を建てる時にそんなことを聞いた」というものがあれば、貴方のお家の外壁材は難付着サイディングボードかもしれません。

    光触媒塗料による塗装やコーティングがされている

    05-17

     光が当たることによって化学反応(ラジカルが発生)が起こり、汚れを分解するとともに超親水作用が発生します。

     

     実際の外壁では日光が当たることによって、汚れが分解され、超親水作用でセルフクリーニングが行われます。ラジカルを制御している点はラジカル制御形塗料と同じです。

    無機系塗料による塗装やコーティングがされている

    07-15

     陶磁器などの主成分となる無機成分を含有した塗料やコーティング材で外壁材を加工したケースです。

     

     陶磁器は食器に代表されるように表面はツルツルとしたガラス質となり、汚れにくくなる上、その汚れも落ちやすくなります。陶磁器などが色褪せしないように褪色も起こりにくいのです。

    親水性の塗料による塗装やコーティングがされている

    09-15

     非常に水に馴染みやすくなる親水性を持った塗料やコーティングをすることによって汚れを洗い流せるようにしたものです。

     

     汚れよりも雨水の方が外壁に馴染みやすいので、汚れの下に入り込み、浮かして洗い流すという効果を発揮します。

    フッ素塗料による塗装やコーティングがされている

    11-17

     フッ素というと日常生活ではフッ素樹脂加工(テフロン加工)されたフライパンや傘が有名です。

     

     ツルツルとしており、水や油をよく弾き、汚れにくいことは皆様もご存知でしょう。外壁に用いた場合も同様の効果を発揮し、汚れや水を弾きます。

    難付着サイディングボードの見分け方2
    外観や特徴、建築時の年代に注目する
    12-18

     難付着サイディングボードの最大の特徴は「いつまでも綺麗が長続きする」ことです。色褪せしにくく、チョーキングも発生しにくいのです。

     

     また、光触媒や親水性の技術が本格的に実用化されたのは21世紀に入ってからです。汚れにくく、耐用年数が長いことやお家を建てられた年代に注目することでも見分けることが可能です。

    築10年でチョーキング(白亜化)が見られない

    15-16

     難付着サイディングは色褪せしにくく、耐用年数も長いので築10年程度ではチョーキング(白亜化)も発生しません。

     

     築10年程度で艶が残っており、チョーキングも発生してなければ難付着サイディングである可能性が高まります。

    21世紀以降に建てられた建物である

    17-15

     光触媒などの技術が実用化され、製品とした拡がりはじめたのは2001年以降です。よって、2000年までに建てられた建物は難付着サイディングではなく、従来のサイディングと考えられます。

     

     新しい建物ほど、難付着サイディングの可能性が高いと言えるでしょう。

    ラッカーシンナーでも塗料が溶けない

     外壁塗装などの塗料を希釈する場合は塗料用シンナーを用います。ラッカーシンナーはそれよりも溶解力が強いもので、吹き付け塗装などに使う機械類の洗浄などに用います。塗料用シンナーより強いラッカーシンナーで溶けない場合は難付着サイディングの可能性が高いと言えます。

    塗替えが困難な難付着サイディングボードの見分け方フローチャート

    製品などの情報から見分ける

    18-14

    製品などの情報から見て、難付着サイディングボードではないかという可能性があったとしても100%そうであるとは限りません。以下の外見的な特徴から見分けるフローチャートも確認してみましょう。

    外見的な特徴から見分ける

    19-12
     外見的な特徴から難付着サイディングボードである可能性が高いです。製品やその情報から見分けるフローチャートも確認してみましょう。もしご自宅の外壁はどっち?と不安な方は街の外壁塗装やさんの無料点検にて是非ご相談ください。

    お家の外壁が難付着サイディングボードかもしれないという方へ

    21-12
     塗り替えしにくいというだけで、難付着サイディングボードにも外壁塗装することは可能です。ただし、難付着サイディングであることを分かった上で、それに対応した施工が必要となります。
    22-11

     具体的には難付着サイディングに対応できるように進化した下塗り用塗料を使うことで難付着が解決できるのです。付着しにくい外壁材であっても、密着力を上げるシーラーが開発されたことによって、他の外壁材と同様に塗装できるようになりました。

     

     ただし、業者が難付着サイディングであることを分かった上で、それに対応したシーラーを使い、適切な施工を行わないと数年で塗膜が剥がれてくる事態になりかねません。従来の外壁材の塗り替えより、業者選びが殊更、重要になります。

    23-11

     基本的に塗料は有機物で、無機系塗料は有機塗料に無機成分が多く配合されましたものになります。

     簡単に言うと、有機物は同じ有機物に付着しやすく、無機物は同じ無機物に付着しやすいという特徴があります。

     

     難付着サイディングボードの下塗り材には塗り替える外壁材に含まれる有機物と無機物、両方に対応できるような仕組みが必要です。

     その結果、誕生したのが無機と有機のハイブリッド型のエキポシ系シーラーです。外壁材の無機成分にはシーラーに含まれる無機成分が、外壁材の有機成分にはシーラーに含まれる有機成分が付着することによって、外壁塗装を可能にします。
    24-10
    66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-33

    塗装しても無駄になってしまうスレート屋根材(カラーベスト・コロニアル)も存在する

    26-10

     世の中には「塗りにくい」のではなく、「塗っても無駄になる」屋根も存在します。テレビなどで何度か報道されていますのでご存知の方も多いと思いますが、アスベスト含有からノンアスベストに切り替えられた時に製造されたスレート屋根材です。

     

     こちらは品質に問題があり、屋根材としての機能が果たせていない状態です。雨漏りに困っている方も多いのです。

    スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根材「パミール」

     本来、20年以上の耐用年数があると言われている屋根材スレート。それなのに築7年程度で表面が剥がれはじめ、十数年程度でボロボロに崩れだしてしまう問題の屋根材が「パミール」です。

     

     「傷みが出始めてきたから屋根塗装」と思っても、屋根塗装は不可能というか無駄になります。築7年目で屋根塗装したとしても、十数年程度でボロボロになってしまいます。屋根塗装によるメンテナンスが無駄になってしまうのです。

    27-8
    28-7
    29-7
    30-9
    パミールのメンテナンスはパミール自体を撤去し、屋根を刷新する屋根カバー工法や屋根葺き替えが基本になります。

    厚型スレート「セキスイかわらU」

     同じセキスイかわらUでも頑健なものと脆いものが存在するという厄介な屋根材。アスベストを含有しているものは頑健、ノンアスベストのものは脆弱、それが同時期に流通していたという混沌ぶりです。

     

     塗膜の剥がれから始まり、ひび割れが起き、最終的には屋根材自体が崩れてくるという屋根材です。屋根塗装しても、ひび割れや崩れが止まるわけではありませんので、こちらも無駄になります。

    31-7
    32-7
    33-6
    30-9
     セキスイかわらUのメンテナンスはセキスイかわらUを撤去し、屋根を刷新する屋根カバー工法や屋根葺き替えが基本になります。

    知識のない業者に要注意!

    0c81ee72a2e243fc38315d05fd5064bc

     未だにクレームが多いリフォーム業界。その原因は一部の悪徳業者や悪意はないけど間違った施工をしてしまう業者にあります。

     

     「餅は餅屋」と言いますから、外壁塗装や屋根塗装は塗装屋に任せておけば問題ないと思われる方も多いでしょう。

     しかし、縁切りを行わず、屋根塗装をしてしまい雨漏りを引き起こしてしまうケースも後を断ちません。

    35-8

     日進月歩で進歩する科学が反映される現在の建築資材もこれまた日進月歩です。縁切りを行わないような業者が難付着サイディングの存在を知っているでしょうか。かなり疑問です。

     

     塗料だけでなく、建物とその建築資材についてしっかりとした知識を持った業者を選びましょう。

     

     塗り替えしにくい外壁、屋根塗装しても無駄になってしまう屋根材のことも街の外壁塗装やさんにご相談ください。

    2-24

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る