横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 窯業系・金属サイディング、モルタル外壁の構造とその断面図

    gaihekidannmenzu1_jup
    外壁から室内の壁、その間ってどうなってるの?
    gaihekidannmenzu2_jup
     普通の生活をしていたら目に見えないところはあまり気にしないことがほとんどではないでしょうか。「外壁の内側ってどうなっているのだろう?」なんて考える方はまずいないと思います。
     外壁の内側が気になるのは「新築だとローンが大変だから、断熱性が高い外壁にして光熱費を抑えたい」という方ぐらいではないでしょうか。

     街の外壁塗装やさんはその名の通り、外壁塗装をはじめとするお住まいの塗り替え専門店ですが、ぜひ皆様にも外壁と室内の壁の間のことを知っておいてほしいのです。
     その構造を知ることによっても外壁塗装の重要性が分かると思います。

    お住まいの外壁構法(工法)には2つの種類がある 従来のお住まいは直張りが主流、現在のお住まいは通気構法(工法)が主流

     お住まいの外壁に使われる材料は時代によって変化しています。1990年頃まではモルタルが主流でした。それ以降から現在までは窯業系のサイディングが主流となり、近頃は金属サイディングのお住まいも多くなっています。
    gaihekidannmenzu3_jup
     また、工法(構法)も大きく変わりました。2000年くらいまでは直張りと呼ばれる防水紙の上にそのまま外壁材を組み付ける設計でした。2000年以降は防水紙と外壁材の間に通気層を設ける工法(構法)が主流となっています。

     日本における通気構法は1980年頃、北海道で生まれたと言われていますので、2000年以前のお住まいであっても、通気構法で建てられている場合もあります。

    直張りのメリット・デメリット

    gaihekidannmenzu4_jup
    gaihekidannmenzu5_jup
     現在のお住まいは工場でのプレカットとユニット化によって、工期が大幅に短縮されました。そのため、通気構法であっても、コストは大幅にカットされています。

    直張りではより外壁塗装の必要性が高まる!

    gaihekidannmenzu6_jup
     外壁塗装はどんな外壁材であっても、雨水の浸透を防ぐ、雨水による浸食を避けることが主な目的です。

     雨水の浸透や浸食を許してしまった場合、通気層がない直張りの方がより深刻な事態を招きかねないことはご理解いただけると思います。外壁の表面だけでなく、その下の構造にも外壁塗装は影響を及ぼすものなのです。

    通気構法(工法)のメリット・デメリット

    gaihekidannmenzu7_jup-1
    gaihekidannmenzu8_jup
     現在のお住まいは工場でのプレカットとユニット化によって、工期が大幅に短縮されました。そのため、通気構法であっても、コストは大幅にカットされています。
    自分の家はどっち!? 直張りと通気構法の見分け方

    1.建てられた時期によって判断する

    gaihekidannmenzu9_jup

    現在、新築物件に関しては築後10年以内の雨漏りに関しては必ず保証するように定められており、施工会社は新築物件ごとに住宅瑕疵担保責任保険に加入しなければなりません。
     そのガイドラインとして平成21年7月以降、乾式外壁(窯業サイディング・金属サイディング)では、通気構法以外の加入を認めておりません。

    2.お住まいの構造によって判断する

    gaihekidannmenzu10_jup
    gaihekidannmenzu11_jup
     通気層にそれなりの通気を送るためにはそれなりの隙間が必要です。ドライバーのシャフト部分(7mm前後)が入るようなら通気構法の可能性が高いです。

     また、通気層のため、それなりの厚みが必要になります。室内の壁から外壁までの厚みがスリムなら直張り、ワイドなら通気構法の可能性が高まります。
    gaihekidannmenzu12_jup

    直張りのサイディングの構造(2000年くらいまでのお住まい)

    gaihekidannmenzu13_jup
    gaihekidannmenzu14_jup

    通気構法(工法)のサイディングの構造(2001年以降のお住まい)

    gaihekidannmenzu15_jup
    gaihekidannmenzu16_jup
    gaihekidannmenzu17_jup

    従来構法(工法)(直張り)のモルタル外壁の構造

    gaihekidannmenzu18_jup
    gaihekidannmenzu19_jup

    通気構法(工法)のモルタル外壁の構造

    gaihekidannmenzu20_jup
    gaihekidannmenzu21_jup
    各部の名称と役割

    ①外壁材(窯業系サイディング・金属サイディング)

     建築物の最も外側に設けられる壁。窯業系サイディングではセメントと木質系繊維、金属サイディングはメッキ鋼板やアルミ・ステンレスから作られている。工場出荷時などに塗装によって化粧される。

    ②透湿性の防水シート

     湿気(水蒸気)のみを通し、水は通さない性質を持つシート。気体(湿気)の粒子は液体(水)に較べて小さいため、湿気のみを通過させることができる。

    ③構造用合板

     木目の方向を変えて薄い板を張り合わせた合わせ板。さまざまな方向からの力に対し、高い抵抗力を発揮するので木造建築物の耐震性や耐風性をアップすることができる

    ④間柱

     柱と柱の間に設けられるので「間柱」。構造用合板などを固定し、壁を構成し、補強する下地材。壁の厚みによってサイズも変わる。

    ⑤断熱材(この図では間柱の間に隠れています)

     外の暑さを室内へ伝えないように、お部屋の暖かさを外に逃がさないようにするための建材。空気をガラス繊維や発泡樹脂で細かく隔離、移動しにくくすることによって熱の移転スピード遅くしている。

    ⑥防湿シート

     水蒸気を通さないシート。壁内への水蒸気の流入を防ぎ、壁内での結露を防止するのが主な目的。古いお住まいだと設けられていないこともある。

    ⑦室内下地(合板・石膏ボード)

     お部屋の壁の下地となる部分で、現在では防火のために石膏ボードが用いられることが多い。古いお住まいの場合、下地なしで化粧合板が張られて内壁となっている場合もある。

    ⑧クロス(壁紙、または化粧合板)

     現在では石膏ボードの上にクロスを張るのが標準的な施工方法。内壁に天然木などが使用される場合、室内下地を兼ねる場合もある。

    ⑨通気層

     通気構法の最大の特徴がこの部分。窯業系サイディングや金属サイディングの内側に空間を設け、通気によって湿気を排出する。
     カビや結露を防止し、建物の寿命を伸ばせるなどのメリットがある。

    ⑩胴縁(通気胴縁)

     窯業系サイディング・金属サイディングを固定するための下地材。壁材を貼る方向によって縦胴縁と横胴縁がある。
     通気層を設けるためのものは通気胴縁と呼ばれることもあり、固定のための下地材を兼ねることも多い。

    ⑪モルタル(表面の塗装を含む)

     セメントに砂と水を混ぜて練った建築資材。防水性能が低いため、外壁材として用いられる場合、塗装仕上げで保護する必要がある。

    ⑫ラス網

     モルタルを付着させるための金網。付着する部分をより多くするため、一本一本のワイヤーが波形をしている。

    ⑬アスファルトフェルト(防水紙)

     古紙に繊維を混ぜて作ったフェルト(フェルト紙)にアスファルトを含浸させて防水性を持たせたもの。

    ⑭木ずり(ラス網と防水紙を固定)

     幅30mm程度の板、またはそれらをすのこ状に間柱に打ち付けた下地のこと。ラス網と防水紙を固定する。

    ⑮木ずり、もしくはモルタル仕上げ用の合板や建材

     現在では通気構法のモルタル外壁用にラス網から防水紙、木ずりまでが一体化された建材が開発されており、それが使用されることも多い。

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る