横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装で工場・倉庫の資産価値を守る

    koujyousouko1_jup

    工場や倉庫、大型施設の外壁塗装や屋根塗装や塗り替えなどの メンテナンス、定期的に行っていますか?

    工場や倉庫のメンテナンスがうまくいっていない様々なケース

    koujyousouko2_jup

    工場や倉庫の十分なメンテナンスがされていないと、 資産価値が下がってしまいます

    街の外壁塗装やさんでは、これまでにたくさんの工場・倉庫の塗り替えを手がけてまいりました。

    koujyousouko3_jup
    本来、工場や倉庫、それに付随する施設などは企業の資産としてとても大切なもののはずですが、対処療法的な最低限の修繕しかなされていないことも多く、残念に感じることもあります。

     もちろん、企業によっては予算を組み、定期的にメンテナンスをされているところも多くあります。

     建物の維持・管理がうまくいっていない企業は、これまで施設の管理責任者が人事異動して仕事がうまく引き継げなかったり、会社の運用面での変更があったりするのが原因となっているようです。

    どんなケースでも専門家である街の外壁塗装やさんにお任せください

     工場や倉庫を所有している企業は製造業であったり、製造業と関係が深く、それゆえに自力で補修しているというところも多いでしょう。

    koujyousouko4_jup
     ただ、それが専門家ではないために間違った補修をしてしまい、後に修繕するための費用が増えてしまったということもよくあります。

     また、この先、その建物をどう運用していくのかの方針が決まっていない場合、改修することは難しいと思いますが、自社で使うにしろ、貸し出すにしろ、売却するにしろ、しっかりとメンテナンスしておけば、どんな場合でも有利に働きます。

     高額をかけてお建てになった建物の資産価値を維持することは、絶対に会社や企業の為になるのです。

    メンテナンスを怠って被害を受けるのは建物だけではありません! 建物の中の設備、商品、従業員への悪影響もお考えください!!

     工場や倉庫などで定期的に外壁塗装や屋根塗装、防水工事を行わなかった場合、どんな被害が起こるでしょうか。
     例えば、どこからか雨漏りが始まれば、まず一次被害として建物への直接的な悪影響があります。工場や倉庫などは鉄骨構造がほとんどでしょうから、それらを錆びさせていくことになります。

    koujyousouko5_jup
     次に二次被害として工場や倉庫の備え付けられた設備や機械などを故障させることも起こりえます。機械類などは水分に弱いことがほとんどです。
     また三次被害として商品などに被害を及ぼすこともあります。商品が水に濡れてしまえば、出荷できません。

     さらに恐ろしいのはそこで働く方々への被害です。濡れた床で滑って転倒したなんてケースも頻繁に起こりえるでしょう。その転倒ですが、打ち所が悪ければ大変なことになります。
    koujyousouko6_jup
     「たかが転倒」と軽く考えないでください。たまたま商品を抱えており、身を守る体制を取ることができない状態で転んでしまったら… 深刻な労災に繋がりかねません。
     
     雨漏りによる漏水が電気系統に及んだ場合、設備機器が故障することもあります。また、従業員が感電する可能性も否定できません。
     建物、設備機械、商品、そこではたらく人を含めて資産と財産なのです。いずれも傷つくことがあってはいけないのです。
    koujyousouko7_jup-1

    1.資産価値の維持

    koujyousouko8_jup-1
     今にも雨漏りしそうな建物としっかりとお手入れがされ、全ての機能が健全な建物。どちらの価値が高いかは言うまでもありませんよね。
     工場や倉庫の稼動率や労働生産性も高いままに維持できますし、それによって利益も生み出せます。

     賃貸に出す場合も、売却する時にも有利にはたらくだけでなく、「改修してから売るのか、現状渡しにするのか」といったことを考えなくて済むので時間を費やすことによる機会損失のリスクも減ります。
     定期的なメンテナンスはランニングコストを必要としますが、トータルでは絶対にお得なのです。
    koujyousouko9_jup
     不具合というのは突発的な事故でもない限り、多くは老朽化がその原因です。
     不具合の発生は一部だが、傷みは全体に及んでいるということがほとんどなのです。

     このような場合、どうしても大規模な修繕工事となってしまいます。その期間、休業を余儀なくされれば、また機会損失です。

     工場や倉庫などの稼働率を下げることになるので、工事費以外にも大きなマイナスが追加されることになります。
     絶対に定期的なメンテナンスで傷んだ部分を回復させるということを心掛けておくべきなのです。

    2.企業価値の向上

     外観の汚れ、外壁の色褪せ、そんな建物の企業より、見た目が綺麗な建物の企業の方が安心ですし、信用もできますよね。例えば、貴方が所有する建物の外装リフォームをしようと思い、リフォーム屋さんを尋ねたとしましょう。
     そのリフォーム屋さんの外観がぼろぼろで雨漏りしていたとしたら、そこには絶対頼まないと思います。企業のイメージも全く同じで、見た目だけで判断されることも多いのです。

    koujyousouko10_jup
     昨今の日本では労働人口の減少により、人手不足が社会問題化しています。この社会問題は解決するのに長期間かかりそうです。
     こういった雇用の問題を解決するのも企業イメージによるところが大きいのです。
     ほとんどの方が綺麗で清潔な環境で働きたいのは間違いありません。見た目が悪い社屋では雇用さえままならないということも起こりえるのです。

     経費といった問題からだけでなく、屋根塗装や外壁塗装にはぜひ、遮熱塗料や断熱塗料を使いたいところです。
     遮熱塗料や断熱塗料は光熱費を削減しますから、化石燃料の消費も抑えます。それだけCO2の削減に繋がるのです。
    koujyousouko11_jup
     環境問題に取り組んでいる意識が高い企業と受け止められれば、それだけ企業イメージも良くなりますよね。

     外からも目立つところに「私達は屋根や外壁を省エネ効果のある塗料によって塗り替え、2030年に向け9億2700万tのCO2削減に取り組んでいます」と垂れ幕などを掲げたいところです。

     遮熱塗料や断熱塗料は光熱費の削減や企業イメージだけでなく、従業員の健康面にも寄与します。快適な環境で働くことができるので、社員のモチベーションもアップするでしょう。

    3.職場の士気の向上

    koujyousouko12_jup
     雨漏りなどによって商品が濡れてしまうこと、滑りやすくなった濡れた床に気をつけなくてはならないこと、このような環境で働く人たちの意識は上がるでしょうか。
     当然のことですが、古ぼけた職場より刷新された綺麗な職場の方が従業員のやる気は上がります。
     暑い職場よりも快適な温度の職場の方が社員もいきいきと働いてくれるでしょう。労働生産性にも大きく寄与するのです。

    4.労災の防止

    koujyousouko13_jup
     前述のように滑りやすくなった濡れた床は転倒などの原因になります。
     清潔な環境下の場合、誰でも「汚したくない」といった心理がはたらくため、汚れにくくなりますし、整理整頓もなされます。

     整理整頓がなされれば、必然的に業務効率もアップしますよね。整理整頓は安全面にも寄与しますので、労災の防止にも繋がるのです。

    外壁塗装や屋根塗装、防水工事の定期的なメンテナンスは企業にはメリットだらけなのです

     所有する建物の資産価値の維持、企業イメージの向上、光熱費の削減、従業員のやる気アップ、生産効率のアップ、労災の防止、これら全てが定期的なメンテナンスで得られるメリットです。定期的なメンテナンスでのデメリットはコストだけということになります。

    koujyousouko14_jup
     そのコストですが、断熱塗料や遮熱塗料を使えば、光熱費の削減分によって賄えるという資産もあります(工場や倉庫の造り、建物の種類によって違います)。

     年月による建物の老朽化はどうしても避けられません。
     それによって労働生産性が低下することや安全性の上で難が出てくることも否めません。
     工場や倉庫を外壁塗装や屋根塗装、防水工事によって定期的なメンテナンスすることは、資産価値からだけでなく、生産性や労働環境の面からも必要なのです。
    koujyousouko15_jup
     数ヶ月前まではのんびりしていた拠点で、「これなら、こちらの業務にも支障なく、塗り替えしてくれる方にも迷惑をかけることなく外装の改修ができるな」と暢気に構えていたのですが、本社の意向で工場と倉庫の統廃合が急に決まり、慌しくなってしまいました。

     統廃合の業務が終わってから改修とも考えたのですが、旗艦拠点に格上げされた関係で『会社の顔となる拠点だから、さっさと改修して体裁を整えろ』と言われています。現在は閉鎖予定の拠点から資料や部材や原材料、商品の入庫・出庫が激しく行われており、トラックなどが敷地を頻繁に行き交っている状態です。
     こちらの業務を止めることのないように工事してもらうことは可能でしょうか。
    koujyousouko16_jup-1
     外壁塗装や防水工事は屋外での工事ですので、屋内での作業はほとんどありません。工場内や倉庫内といった屋内への影響もほぼありませんので、こちらは大丈夫でしょう。

     問題となるのはトラックなどが敷地を頻繁に行き交っていることです。こちらは弊社で人員を手配し、しっかりと交通誘導を行い、安全性を確保します。
     貴社のスタッフだけでなく、ご訪問される方など全ての人の安全を守ります。そちらのスケジュールを教えていただき、綿密にお打ち合わせして、そちらのご迷惑にならないような工程とスケジュールを組んで対応いたします。

    定修時に合わせた工事が理想です

     工事中は多少なりともご迷惑やご不便を感じられると思います。作業や業務にも影響してしまうことも考えられます。業務への影響を最低限にしたいとお考えの場合は工場や倉庫の稼動を完全に停止する定修(シャットダウンメンテナンス)の時に建物のメンテナンス、外壁塗装や屋根塗装、防水工事などを行うのがお勧めです。
     今まで数社にお見積もりをしてもらったのですが、どれも簡易的な見積もりや資料ばかりで本社を納得させるだけの材料がありません。改修することは既に決定しており、そのための予算組みも終えているのですが、このままだとゴーサインが出せないようです。

     保証内容や使用する塗料の詳細などがあると社内でも話が進みやすいのですが、そういったものを用意していただくことは可能でしょうか。
    koujyousouko17_jup
     もちろん、ご用意いたします。弊社では基本的にどのような工事でもご提案書も作成し、お客様にお渡ししております。

     そのご提案書には建物の状態にあわせた最適なメンテナンス方法の他、過去に行った同様の工事例などを掲載していますので、工事をイメージしやすく、ご参考になるかと思います。担当者様と社内の方でご覧になった上で、ご検討いただければ幸いです。
     床面の消耗が激しく、こちらも改修項目に上がっています。御社は外壁塗装の他、室内塗装も承っているそうですが、床面などの塗装などの工事も対応しくれるのでしょうか。防塵塗料で塗装してほしいのですが。
     弊社は建物であり、塗装が不向きでない部分であればどんなところでも塗り替えます。もちろん、床塗装も承っております。防塵塗料の他、帯電を防ぐ塗料で塗り替えやラインを引くことにも対応しています。また、滑り止め塗料などでも施工できますのでご検討ください

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る