横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁からの雨漏りは意外と多い!その原因と解決方法

    01-10
     雨漏りというと普通は雨が直接当たる屋根からと考えがちですが、実は外壁に問題や原因があることも多いのです。「雨漏りしたので業者に屋根を点検してもらったけど、『特に問題はありません』と言われた」という方も外壁から雨漏りしていたケースが実は多いのです。
    02-10
    03-10

     屋根からの雨漏りの場合、その病状の多くは天井に現れます。

     染み込んできた雨水は途中で含水したり、遮るものがない限り、下に向かって垂直方向に移動していきますので、大抵の場合は天井に雨染みができることになります。

    なぜ外壁からの雨漏りは気付きにくいのでしょうか?
    04-9

    外壁からの雨漏りも染み込んできた雨水は下に向かって垂直方向に移動していきます。

     含水したり、遮るものがない限り、横方向には移動しないので、お部屋の壁に明らかに雨漏りの痕跡である雨染みができにくいのです。

     外壁から浸入してきた雨水はほとんどの場合、防水紙でシャットアウトされます。

     防水紙を突破したとしても断熱材があり、ここで含水されてしまい、お部屋の壁に雨染みを作るまでには至らないことがほとんどです。

     お部屋の壁に明らかに雨染みと分かるような跡を残すには、雨漏りが始まってからかなりの時間が経過しているか、一度に大量の雨水が浸入してきたか、どちらかのケースがほとんどなのです。

    05-9
    06-10

    1.サッシからの雨漏り

     窓を取り付けてあるサッシ、その廻りに充填されているシーリング材が経年で傷んできたり、サッシを固定している釘やビスなどの緩んだり、変形してしまうことで雨水が浸入してきます。

    07-9
    08-10
    09-8
    66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-29

    2.窯業系サイディングの目地部分、シーリング材の劣化による雨漏り

     窯業系サイディングの目地に充填されているシーリング材が劣化し、痩せたり、ひび割れたり、剥がれたりして隙間ができてしまい、そこから雨水が浸入してくるケース。

    11-8
    12-8
    13-7
    2-21

    3.幕板からの雨漏り

     窯業系サイディングに取り付けられている幕板、実は横方向の目地を隠してスタイリッシュすることが目的の場合も多い。つまり、その裏には目地があり、そのシーリング材が傷んでいることで雨漏りしていることも。

    15-7
    16-7
    17-5
    3-14

    4.外壁の傷や変形による雨漏り

     モルタルの外壁に発生しやすいクラック(ひび割れ)、窯業系サイディングの反りなどの変形や割れ、釘の抜けた穴など、雨水が浸入しやすいことが分かりやすいケース。

    19-5
    20-5
    21-5
    4-9
    5-5

    5.水切り金具の不具合による雨漏り

     お家には取り合い(違う部材同士が接合する部分)からの雨水の浸入を防ぐため、さまさざまなところに水切り金具が使われています。この水切り金具の不具合によっても雨漏りが発生します。

    26-4
    27-1
    28-1-1
    6-8
    7-2
    8-2
    9
    31-1

      「この前の台風では大丈夫だったのに今回の台風では雨漏りした」、「同じ暴風雨でも雨漏りする時としない時がある」、お客様からこういった話を聞くこともあります。不思議に思える現象ですが、実はきちんとした理由があるのです。

    理由は風向きとお家への風の当たり方とシーリングの不良

    32-1

     お家の外壁には戸袋やシャッターボックス、換気扇のフード等、さまざまなものが取り付けられています。

     このさまざまなものは風を受けると少なからず変形したり、その時だけ取り付け位置が微妙にずれたりします(風が止めば元に戻る)。

     お家の外壁と取り付けられているものの間には雨水が浸入してこないようにシーリング材で覆われていますが、こちらの劣化が進んでしまいますと、窯業系サイディングのところで説明したとおり、痩せたり、ひびが入っていたり、剥がれたりしてしまうのです。

    33

    通常時は問題ないように見えるシーリング材でも実は割れたり、剥がれたりしているとしたら、どうでしょうか。

     例えば、換気扇のフード廻りに普段はぴったりと収まっているように見えるシーリング材、その接着面が剥がれていると強風でそのフードが煽られた場合にのみ、隙間ができることになります。

     この時、雨が降っていればその隙間から雨水が浸入してきますから、雨漏りへと繋がるのです。

     シーリング材を貫通しているひびの場合も同じです。接着面がしっかりしていても、強風に煽られるとフードの変形やずれに追従し、貫通しているひびが拡大し、そこから雨水が浸入してくることになります。

    34-1

     穏やかな天気の日に外壁を点検しても雨漏りの原因が見つからないのに、強風時に雨漏りが発生する原因の大半はこれです。

     同様のことはしっかり固定されていない窯業系サイディング、外壁を貫通させて引き込んでいるアンテナケーブルや電話線のシーリング部分にも起こります。

     雨漏りに本当に詳しい業者じゃないと、まず見つけることはできません。

    11-1
     雨漏りが発生する仕組みはとてもシンプルで『雨水が浸入してくる隙間が必ずどこかにある』からです。このような隙間がないのにお部屋に水が染み出てくるのは上下水道管からの漏水か、結露です。
    36-1
    37-1

     漏水や結露はさておき、前述のとおり、雨漏りが発生する仕組みはとてもシンプルなのですが、その雨水の浸入箇所を特定するのは習熟した業者でないと困難な場合もあります。

     場合によっては「雨漏りを繰り返しており、業者に何回も修理してもらっているのに一向に解消する気配がない」といったことも起こりえるのです。

     少なくとも、お家全体の構造を熟知している業者に依頼する必要があるでしょう。

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る