横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > UVプロテクトクリヤー|サイディングの美しさを維持するクリア塗装

    purotekutokuriya_jup-1-1

    無色透明で外壁塗装をするという選択
    ピュアライドUVプロテクトクリヤーによるクリア塗装

     近年のお住まいの外壁というと窯業系サイディングが主流ですよね。窯業系サイディングは型に流し込んで成型するため、デザインのバリエーションが実に多彩です。

    purotekutokuriya_jup-2
     レンガ風やタイル風はもちろんのこと、石造り風や木目、ベーシック・シンプルな柄まで、意匠性が高いものがたくさんあります。

     新築の時、迷いに迷って、また拘りぬいて選んだ方も多いのではないでしょうか。
     お住まいのメンテナンスで外壁塗装が必要になった時、塗り潰してしまうのではなく、サイディングの柄をそのまま残したいという方も多いのではないでしょうか。
    purotekutokuriya_jup-3
     そういった外壁塗装のご要望に最適なのが『ピュアライドUVプロテクトクリヤー』です。

     クリア塗装という無色透明な塗料で塗り替える工法なので、サイディングのデザイン・パターン・テクスチャーを塗りつぶすことなく、外壁を刷新することが可能なのです。

     新築時のあの輝きが見事に甦ります。
    purotekutokuriya_jup-4

    ご注意! クリア塗装は外壁が傷む前に行いましょう
    傷んでしまうと普通の外壁塗装しか選択肢がなくなります

     通常、外壁塗装はシーラーやプライマーで下塗りを行い、仕上げ用塗料で2回塗りを行います。
     しかし、クリア塗装は普通の外壁塗装と違い、仕上げ用塗料「UVプロテクトクリヤー」での2回塗りしか行いません。下塗りの工程がないのです。

    purotekutokuriya_jup-5
     下塗りに使われるシーラーやプライマーには体質顔料などが含まれており、ほとんどが白っぽい色をしています。
     シーラーやプライマーには塗料を密着させるはたらきもありますので、傷みが出始めた外壁には必ず必要になります。

     傷みが出始めるとクリア塗装はできないのです。現在のデザインが気に入っており、クリア塗装を考えている方は少なくても10年以内、理想を言えば7~8年での塗り替えをお勧めします。

    クリア塗装ができるかどうかの判断基準

     ご自分のお住まいにクリア塗装ができるかどうかの判断基準は、非常に難しいものがあります。1つの目安として用いられるのがチョーキング(白亜化)の程度です。簡易的な判断方法としてテープと黒い紙やボードを用いた方法がありますので、ご紹介します。

    purotekutokuriya_jup-6
    1.透明なテープ(セロハンテープでも可)を用意する。
    purotekutokuriya_jup-7
    2.テープを塗膜表面に貼り付けて、強く指で擦って圧着させる。
    purotekutokuriya_jup-8
    3.テープを剥がし、黒い紙や下敷き、ボードの上に乗せて、チョーキングの度合いを見る。
    purotekutokuriya_jup-9
     テープに着く粉化した塗料によって、チョーキングの度合いを測るというもので、テープにほぼ何も残らないのならクリア塗装可能です。黒い紙やボードの上で見て、濃いグレーまでなら問題なく塗装できます。

     ただ、外壁は日の当たる場所・当たらない場所、風雨がよく当たる場所、あまり当たらない場所によって傷み具合は大きく違ってきますので、何箇所か基準をクリアしても、やはり普通の塗料で塗るべきという結果になることもあります。

     クリア塗装ができるかどうかの判断に迷った時は街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください。外壁の状況に応じて、しっかりとアドバイスいたします。

    耐久性、耐汚染性、防カビ・防藻性、
    塗料に求められる機能を全て満たすUVプロテクトクリヤー

    透明でも紫外線をカットするから劣化しにくく、耐久性も高い

    purotekutokuriya_jup-10
     塗膜を劣化させる280~400nmの紫外線をほぼカットするのが特徴で、塗膜が傷みにくい上にサイディングの劣化も防ぎます。

     UVプロテクトクリヤーは硅素(Si)と酸素(O)の強力な結合のセラミック樹脂が、UVプロテクト4Fクリヤーはフッ素樹脂が高耐候を実現します。
    66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-17
    purotekutokuriya_jup-12
     紫外線を細かく分けるとUVA (400–315nm)、UVB(315~280nm)、UVC (280nm未満)があり、後者になるほど危険性は高い。通常、UVCは大気を通過できないため地球に到達しないが、UVBは0.5%、UVAは5.6%が大気を通過し、地球へと降り注ぐ。

     建材などにも悪影響を及ぼし、色褪せの他、塗膜などを劣化させ、風化させていく作用を持つ。

    親水性によるセルフクリーニングで外壁に汚れを付着させない

    purotekutokuriya_jup-13
     UVプロテクトクリヤーシリーズを塗装した外壁は汚れが付きづらく、付着したとしても雨で洗い流されます。
     これはUVプロテクトクリヤーシリーズの塗膜が親水性のためです。

     汚れの付着力より水との結びつく力が強いため、汚れの下に雨水が入り込み、浮き上がらせて、そのまま流してしまうのです。

    お住まいを清潔に保ち続ける優れた防カビ・防藻性

    purotekutokuriya_jup-14
     現在の塗料にはほとんどのものに防カビ・防藻性分が配合されています。

     もちろん、UVプロテクトクリヤーシリーズにも配合されています。

     前述のセルフクリーニング機能とあいまって長期間、お住まいを清潔に保ち続けます。

    UVプロテクトクリヤーで外壁塗装したらどうなる?
    自分でできる塗り替え前の事前シミュレーション

     外壁塗装で皆様が不安に感じているのが「塗り替え後、自分の思ったとおりのイメージになるか」ということです。弊社ではご希望の方にはカラーシミュレーションを行い、事前に施工後のイメージをご確認いただいています。

    purotekutokuriya_jup-15
     UVプロテクトクリヤーは艶有りとそれが控えめの3分艶がラインナップされています。クリア塗装の場合、ご自分で簡単に施工後のイメージを確認することが可能です。

     水を用意して外壁にかけてみてください。外壁の色が濃くなったように見えないでしょうか。乾いている時に較べ、水に濡れた状態だと表面の反射率が上がります(濡れ色と言います)。

     ちょうどこの感じがUVプロテクトクリヤーで塗り替えした後のイメージになります。全体的なイメージを掴みたいという方は雨上がり直後の晴れた時にお住まいを様々な角度から眺めてみることをお勧めします。

    街の外壁塗装やさんが
    日本ペイントのピュアライドUVプロテクトクリヤーをお勧めする理由

    自動車用塗料メーカーとして圧倒的シェアを誇る日本ペイント
    そのコーティング技術から生まれたのがUVプロテクトクリヤー

    purotekutokuriya_jup-17
     世の中には様々メーカーがクリア塗装用の塗料を製造しています。その中で最も信頼度が高く、高性能なものは日本ペイントのピュアライドUVプロテクトクリヤーではないでしょうか。

     日本ペイントは自動車用塗料メーカーとして圧倒的シェアを誇ります。
     自動車は電着塗装(錆止め)から始まり、何度も塗装が繰り返され(車種によって違う)、必ず最後にクリア塗装が施されます。
     この自動車用のクリア塗装を建物に応用したのがピュアライドUVプロテクトクリヤーなのです。
    purotekutokuriya_jup-18
     最近の自動車の塗装はほとんど色褪せしませんし、チョーキングも起こしません。
     日本ペイントは130年以上の歴史を持つ国内塗料メーカーで、歴史だけでなく長年の研究と経験から蓄積されたノウハウを持っています。

     塗料の国内シェアもナンバーワンです。現在、自動車用塗装に関しては関連会社の日本ペイント・オートモーティブコーティングスが業務を担当しています。

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る