横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市港北区小机で外壁からの雨漏りを補修工事いたしました

    横浜市港北区小机の施工事例

    横浜市港北区小机で外壁からの雨漏りを補修工事いたしました

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】

     横浜市港北区小机にお住まいのU様より、大雨のときだけ雨漏りを起こしているので補修工事がしたいとご相談いただいたことが今回の工事のきっかけでした。

     1階の部屋の天井が雨漏りを起こしていたことから、屋根ではなく外壁からの雨漏りではないかと推測しました。雨漏りを起こしている面の外壁には後付けのバルコニーなども設置されていて疑わしい部分が複数箇所存在したため、散水試験による雨漏り箇所の調査を行った後に、原因箇所を特定してそれに応じた補修工事を行う方向性のご提案をいたしました。

     散水試験を行ったところ外壁のクラックとサッシ下の水切り板金が雨漏りの原因箇所であると判明したため、コーキング材による補修工事を実施しました。コーキング材は一般的なものでは数年しか耐久性がないため、オートンイクシードという15年以上の耐久性がある高級コーキング材を使った工事を行いました。

     他社の提案内容よりも安価に工事ができたことで、U様にも喜んでいただくことができました。


    担当:高田


     横浜市港北区小机にお住まいのU様より、大雨のときだけ雨漏りを起こしているので補修工事がしたいとご相談いただいたことが今回の工事のきっかけでした。

     1階の部屋の天井が雨漏りを起こしていたことから、屋根ではなく外壁からの雨漏りではないかと推測しました。雨漏りを起こしている面の外壁には後付けのバルコニーなども設置されていて疑わしい部分が複数箇所存在したため、散水試験による雨漏り箇所の調査を行った後に、原因箇所を特定してそれに応じた補修工事を行う方向性のご提案をいたしました。

     散水試験を行ったところ外壁のクラックとサッシ下の水切り板金が雨漏りの原因箇所であると判明したため、コーキング材による補修工事を実施しました。コーキング材は一般的なものでは数年しか耐久性がないため、オートンイクシードという15年以上の耐久性がある高級コーキング材を使った工事を行いました。

     他社の提案内容よりも安価に工事ができたことで、U様にも喜んでいただくことができました。


    担当:高田


    【工事内容】
    防水工事 雨漏り修理
    【工事詳細】
    使用材料
    オートンイクシード
    施工期間
    1日
    築年数
    約40年
    平米数
    3m程
    施工金額
    詳しくはお問合せください
    お施主様
    U様邸
    保証
    保証は対象外です
    ハウスメーカー
    地元工務店
    雨漏り修理防水工事

    強い雨の日にだけ一階の部屋で雨漏りしてしまう

    雨漏り 雨漏り画像

     

     横浜市港北区小机にお住まいのU様より、大雨のときだけ雨漏りを起こしており、補修工事がしたいと考えているので点検と見積もりをお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしたことが今回の工事のきっかけでした。拝見したところ建物の南面と東面の二カ所で大きな雨染みができており、どちらの雨漏りも普段の雨では漏ることがなく、強い風を伴う台風のような雨のときだけ漏れてくるとのことでした。

     

    点検口からも雨染みを確認

    雨染み 雨染みのあと

     

     一階の天井からの雨漏りであったため、屋根からの雨漏りというよりは外壁からの雨漏りである可能性が高い状況でした。雨漏りと聞くと屋根から起こるものというイメージが強いかと思いますが、案外外壁からの雨漏りというものも多く、固定概念にとらわれずに様々な原因を考えながら調査を行う必要があります。点検口から2階の屋根の1階の天井の隙間を見てみたところ、壁際で雨染みが確認できました。

     

    雨染みの近くには怪しい箇所がいくつかありました

    バルコニー クラック

     

     南面で雨漏りを起こしている箇所の真上には後付けのバルコニーが設置されていました。また、東面の雨漏り箇所の真上には外壁クラックができており、その他の張り巡らされた配線関係の場所も原因として疑わしい状況でした。原因箇所を特定する方法はいくつかございますが、今回は実際に疑わしい部分にホースで水を撒いて雨漏りが再現するかどうかを確認する散水試験をご提案させていただきました。散水試験により原因箇所を特定して、判明した原因に応じた工事方法を考えていく方向性です。

     

    散水試験で原因箇所を特定

    散水試験 クラック

     

     現地調査は無料で対応しておりますが、散水試験は別日程でスタッフ2名で行う調査となるため有料での対応となります。まずは南面のバルコニー周りから調査したところ、バルコニーからの雨漏りは無く、バルコニーの出入り口になっているサッシに取り付けられた水切りから雨漏りが再現しました。また、東面では配線周りからの雨漏りは確認できず、外壁のクラックに散水した際に雨漏りが再現しました。原因箇所の特定ができたため、それに対する補修方法のご提案となりますが、根本的な解決をするのであれば、外壁内部に埋め込まれた防水紙と言われる箇所まで外壁を剥がし、内側から補修を行い外壁を復旧する工事が必要になります。サッシについても同様で、周辺の外壁ごとサッシを取り外して再度防水処理を行った上で設置するという内容になりますが、足場も必須の工事となり費用も大変高額になります。U様のご希望は必要最低限の補修ができればよいというものであったため、今回は原因箇所をコーキング材で防水処理する簡易補修工事をご提案させていただきました。

     

    コーキング材での補修工事

    コーキング プライマー

     コーキング補修工事はしっかりと原因を特定してから行えば雨漏りを止めることができますが、コーキングが劣化して剥がれたり破れたりしてしまうと雨漏りが再発してしまいます。そのため、根本的な解決とは言えないのですが、極力費用をかけずに雨漏りを防ぎたいというご要望は叶えることができる工事です。

     施工前にマスキングテープなどで余計な箇所にコーキング材が付着しないように養生を行ってから、プライマーを塗布していきます。プライマーはコーキング材と対象箇所との密着性を向上させるために塗る液体です。透明の色をしていることと、プライマーを使わなくてもコーキング材そのものがある程度の密着性は持ち合わせているため、プライマー無しで施工してしまう業者さんも中にはいるのですが、プライマーを使うのと使わないのとでは今後の持ちが全然変わってきてしまうので、しっかりと施工していきます。

     

    15年超えの耐久性能「オートンイクシード」

    オートンイクシード

     

     コーキング材は安いものだと3年ほどで劣化してしまい、一般的なものでももって7〜8年の耐久性しかありません。それでもよいといえばそれまでですが、なるべくなら同じ工事を行う頻度を少なくしたいという気持ちもあるかと思います。そこで今回はオートンイクシードという高級コーキング材を使わせていただきました。耐用年数は15年以上のものとなり、一般的なものを使うよりも圧倒的に長持ちさせることができるコーキング材です。

     

    Vカットコーキング

    Vカット コーキング

     

     モルタル面へのコーキングはVカットという処理をしてから行いました。Vカットを行うことでコーキング材と外壁が接する面積を大きくすることができ、コーキング材が剥がれにくくすることができます。補修の跡はどうしても目立ってしまうので、その点だけ注意が必要です。高さ的には二階の外壁面の施工であったため本来なら足場を組みたいところでしたが、コーキング施工はそこまで複雑な作業でないことと、梯子がかけられる環境出会ったことから、二人作業で一人が梯子を支えながらもう一人が作業を行うという形で工事させていただきました。足場をかけるとなるとそれだけで10万円近い費用がかかってくるため、なるべく安く工事がしたいというU様のご希望に応える形で工事させていただきましたが、必ずしも全ての現場で同様の施工方法ができるとは限りませんのでご注意願います。

     

    コーキング補修工事完了

    補修完了 コーキング補修

    コーキング補修

     コーキングをヘラで成形して見た目を整えたらマスキングテープを剥がして工事完了となります。最初に見積もりをとった他社様のご案内では、壁を剥がして直すしかないから100万円以上かかると案内があったとのことで、早く安価に工事ができたことをU様にとても喜んでいただくことができました。確かに根本的に解決するならば壁を剥がす工事が適していますが、お客様のご要望・ご予算などと照らし合わせて、その他の解決策をご提案していくことも大事なことであると考えています。

     私たち街の外壁塗装屋さんでは、緊急事態宣言解除後も引き続き手指の消毒やマスクの着用を徹底して行い、新型コロナウィルスへの感染対策を実施しています。お問い合わせの際はご安心いただけますと幸いです。


     記事内に記載されている金額は2021年12月16日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-07-01
      横浜市栄区本郷台でアパートの陸屋根を調査。ウレタン防水を再施工し雨漏りを防ぎます

       横浜市栄区本郷台で陸屋根の調査を実施いたしましたので、その様子をご紹介いたします。建物は築年数がかなり経過しているビルで、陸屋根のメンテナンスも築年数同様に長年行っていないため、防水層が傷んでいるようです。現状で、雨漏りの心配もあるため調査にて必要な工事を...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-06-07
      横浜市西区藤棚町でビルの屋上防水を点検しました

      3階の部屋で雨漏り発生  横浜市西区藤棚町でビルの最上階である3階の部屋で雨漏りを起こしたので、調査をお願いしたいとお問合せをいただき現地にお伺いしてきました。3階の上は屋上防水となっているとのことだったので、早速屋上に上がってみること...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2022-05-24
      茅ヶ崎市中島にてベランダのひび割れを調査、ウレタン防水工事をご提案致しました

       茅ヶ崎市中島にてベランダの調査を行わせていただきました。雨漏りは発生していないとのことでしたが、かなり大きなひびが出来てしまっているとのお問い合わせを頂き、調査にお伺い致しました。お住まいは築20年以上が経ち、これまで防水工事は一度もされていないようです。...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ