横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装の臭いが気になる…。塗料の臭いが心配なときに知っておきたい対策や解決方法.....

    更新日 : 2023年05月22日

    更新日 : 2023年05月22日

    外壁塗装の臭いが気になる…。塗料の臭いが心配なときに知っておきたい対策や解決方法についてご紹介

    外壁塗装の臭いがご心配な方へ対策と解決方法をご紹介

     屋根や外壁の塗装を行っている建物の近くを通り、「塗料の臭い」を体感したことがある方も多いでしょう。風が吹いている日も吹いていない日も、塗装中は少なからず「臭い」が発生します。臭いに敏感な人はもちろん、多くの人にとって塗料の臭いは好まない臭いでしょう。健康を害さないのか…といった懸念もあると思います。
     近年では技術の進歩により、臭いの緩和や地球や人間への影響が少ない塗料も見られるようになりましたが、完全に臭いのしない塗料は現代には存在しません。

     「外壁塗装をしたくても臭いが不安でしかない」「周辺に臭いの影響がありそうで外壁塗装をためらっている」といった方のために、今回の記事では外壁塗装の塗料の臭いに関する対策をお伝えします。ご参考になれば幸いです。

    【動画で確認「外壁塗装の臭い対策」】
    長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。

    動画で見たいという方は是非ご覧ください!

    目次

    目次

    シーラー
    中塗り
    04-31

     「下塗り」と「中塗り・上塗り」では塗料が違います。
     中塗り・上塗り塗料の密着度を高めるために行う「下塗り」では、シーラーやサーフェイサー、プライマーといった下塗り専用の塗料を使います。これらはほとんど臭いがしません。使用する塗料の種類によって異なるものの、下塗り工程では「思っていたよりも臭わない」という感想をお客様からいただくこともあります。

     しかし、下塗りの臭いは気にならなくても、中塗り・上塗りでは打って変わって臭いが気になってしまう場合もあります。

    臭いが気になるかもしれない工程は仕上げ用の塗料を塗る中塗り・上塗りの工程です
    外壁塗装の各工程について詳しくはコチラ

     一般的な戸建て住宅であれば、下塗り・中塗り・上塗りという工程は各1日作業としてスケジュールが組まれます。下塗りはそれほど臭いませんから、臭いが気になる可能性が出てくるのは2日間ということになります。

    下塗り(1日)→中塗り(1日)→上塗り(1日)
    臭いが気になるかもしれないのは3日間

     ただ、「たった3日間我慢すればいい」と短く思えるか、それとも「3日間も我慢しなければならないなんて…!」と長く感じるかは、個人差があります。また、ご自分のお住まいを塗装されるならば、自分の家の工事の臭いなので我慢もできるでしょうが、近所の方にとっては「臭いが苦手なのに」というツラさがあるかもしれません。隣の家が少しでも離れていれば臭いもそれほど広がりませんが、住宅密集地ならどうしても近隣に臭いが漂ってしまいます。
     街の外壁塗装やさんでは、工事の前に必ず、ご近所の方にご挨拶へ伺っています。工程と詳細をご説明し、ご近所の方に少しでも安心していただけるように考えています。

    街の外壁塗装やさんは事前に必ずご近隣の方にもご挨拶に伺い工程と詳細をご説明しています!
    塗料の乾燥時間について詳しくはコチラ
    リフォーム前のご近所へのご挨拶について詳しくはコチラ

    点検・お見積りは街の外壁塗装やさんへ

    同じ塗り替えるなら臭いの出る期間を短く

     先ほど、臭いが気になるかもしれない期間は最短で3日とお伝えしました。昔ほど強烈な臭いの塗料が少なくなったとは言え、できるだけ「臭いの出る期間を短くしたい」と思うのは当然でしょう。

     やはり、外壁塗装をご検討中のお客様の多くは「臭いの出ない塗料はないの?」とお尋ねになられます。臭いが気になって外壁塗装に前向きになれない方もいらっしゃるかもしれません。
     外壁塗装はお住まいにとって必要なメンテナンスですから、臭いを心配するあまり塗装タイミングを逃すことのないようにしたいものです。

     「外壁塗装をしたいけれど、塗料の臭いが心配」というときは、ぜひ街の外壁塗装やさんにご相談ください。施主様ご家族はもちろん、近隣の方々へ“塗料の臭い”の負担がないように、臭いの少ない塗料をご提案いたします。

     次に、臭いの少ない塗料、そして選び方をお伝えいたします。

    臭いが少ない塗料を選ぶことによりご自身とご家族、近隣の方々への負担に感じる期間を短くします!
    外壁塗装・屋根塗装が必要な理由について詳しくはコチラ
    臭いが少ない塗料を選ぶ
    F☆☆☆☆(少ない)→F☆☆☆→F☆☆→F☆(多い)

    F☆☆☆☆の塗料

    日本ペイント「パーフェクトトップ」詳しくはこちら
    「ナノコンポジットシリーズ」詳しくはこちら
    日進産業「ガイナ」詳しくはこちら
    エスケー化研「クリーンマイルドシリーズ」詳しくはこちら

     塗料はもちろん、その他の建築資材にも様々な化学物質が使用されています。クロスや家具の接着材にも、塗料の有機溶剤成分であるシンナーが含まれており、これはシックハウス症候群の原因物質の一つとされています。

    21ロスや家具の接着剤、塗料の有機溶剤の成分であるシンナーはその粘度を保つためにどうしても必要です

     塗料の粘度を保つために必要なシンナーですが、有害物質と聞くと人体に影響がありそうで怖いですよね。シンナーには有機化合物であるホルムアルデヒドが含まれています。標本の防腐処理でよく使われるホルマリンは、ホルムアルデヒドの水溶液です。

     健康被害を起こすかもしれないホルムアルデヒドは、内装の建築資材に使う場合、発散量に応じて面積あたりの使用量が制限されています。
     塗料の種類によっては外壁だけでなく内装にも使われることがあり、ホルムアルデヒドの発散量次第では使用できる面積に制限があるケースもあるのです。

    22-26

     ホルムアルデヒドの発散量で「F☆☆」~「F☆☆☆☆」までの等級があり、最も最高位の「F☆☆☆☆」なら発散量が少ないため塗装面積に制限がありません。つまり、「☆」の数が多いほど塗装可能な面積も広く、「☆」の数が少なければ使える面積に限りがあります。
     「発散量の少なさ=臭いの少なさ」です。外壁塗装で臭いを減らしたいときは「F☆☆☆☆」という表示の塗料を選ぶことが効果的な方法と言えるでしょう。

    外壁塗装用塗料を室内に使った場合の使用面積制限

    外壁塗装用塗料を室内に使った場合の使用面積制限
    24-26

     塗料に含まれている色素や塗膜を形成する成分となる“樹脂”を溶かすためのものが溶剤です。
     油性塗料のうち、シンナーが弱めなものが「弱溶剤」、シンナーが強力なのが「強溶剤」です。

     塗料の臭いが気になる方は、臭いの少ない塗料を選ぶことが解決策となります。このように、最も臭いが少ないのは「水性塗料」です。

    25-24

     通常、戸建て住宅の塗装において選ばれるのは2液形弱溶剤塗料までです。強溶剤を使うケースがあるとすれば、ひどい錆が発生した鉄部に塗る錆止め塗料などになります。弱溶剤塗料には灯油に近い成分が含まれているので、臭いはさほどきつくありません。
     また、溶剤の強さは塗料の密着性とも深い関係があります。一般的に溶剤が強ければ密着力が高い塗料なのです。
     ただ、今は塗料も進化しているため、弱溶剤でも密着力は充分です。つまり、「密着力を高める」という目的で臭いの強い強溶剤を使わずともいいので、近年では外壁塗装で「臭いに困る」ことは減ってきたのです。

    26-25
    27-21
    現在の塗料は臭いが強い強溶剤が不必要になり外壁塗装時に「臭いに困る」ことがなくなりました!

     臭いに対してそれほど敏感でない方なら、臭いにはほとんど困りません。近年の塗料は「臭い」が本当にしなくなりました。
     ただ、いくら臭いがないとは言っても、やはり不安は払拭しきれないでしょう。ふだん塗料の臭いを嗅ぐことのない一般の方と、常日頃塗料の臭いをかいでいる私たち塗装業者とでは臭いに対する感覚が異なるのが当然です。

     塗料の種類はたくさんありますが、耐候性や低汚染性、耐用年数など機能性の高さにも注目したい一方で、「臭いはどうか」についても気にして選ぶことで、外壁塗装中の快適さにもつながるでしょう。

    現在、塗料の臭いは かなり少なくなり気楽に外壁塗装ができる時代になりました

     これまで述べてきたように、技術の進歩によって塗装工事中の臭いが気になるケースは減り、気軽に外壁塗装が行える時代になりました。
     しかし、昔ほどではないとは言え、少なからず臭いが出るのも事実です。どうしても臭いが心配という時には、さまざまな対策があります。

    塗料の種類の特徴はコチラ

     前述したように、人体や環境への影響を考えると「F☆☆☆☆」がおすすめです。それでも臭いに不安があるなら、なおかつ「水性塗料」を選びましょう。どちらも臭いが少なく、しかも安全性の高い塗料です。

    F☆☆☆☆の印
    臭いに対する感覚は個人差がある

     しかし、「臭いの感覚」は人それぞれです。油性塗料の臭いは大丈夫なのに、「F☆☆☆☆の水性塗料の臭いは苦手」というケースもあるかもしれません。

     塗料の臭いを事前に塗装業者に聞いておくと、つらい思いをせずに済むかもしれません。

    点検・お見積りは街の外壁塗装やさんへ

     外壁塗装や屋根塗装の塗料には、「水性塗料」や「2液型強溶剤塗料」などさまざまな種類があります。実は「溶剤の種類」と「1液型か?2液型か?」という組み合わせで「F☆☆☆☆」かどうかをある程度判別できます。

     水性塗料の場合、1液型・2液型のどちらでも、ほぼ「F☆☆☆☆」の塗料と考えることができます。油性(弱溶剤)で1液型弱溶剤塗料の場合はほぼ「F☆☆☆☆」ですが、2液型ならF☆☆☆☆以外のものが多くなります。

    水性塗料は1液型でも2液型でも、ほぼF☆☆☆☆の塗料です。油性は1液型弱溶剤塗料であれば、ほぼF☆☆☆☆

     水性塗料で臭いが少ないはずなのに「臭いが苦手」という方もいるでしょう。そこで、塗料に“良い香り”を混ぜたものをご検討ください。実は、「バラの香り」の塗料があるのです。「F☆☆☆☆」と「水性」の組み合わせで臭いの少ない塗料が日本ペイントのパーフェクトトップ。そのなかに、バラの香りをプラスした「パーフェクトトップローズ」があります。バラの香りに包まれながらの塗装を楽しめるでしょう。しかも、塗装が終わっても1~2週間くらいはバラの香りが続きます。

    バラの香りが楽しめるパーフェクトトップローズ

     これなら、外壁塗装中に臭いで憂鬱になることもありません。むしろ「良い香り」でリラックスできるかもしれません。塗装が終わった後も少しの間はバラの香りが残るので、綺麗になった外観と合わせて一層良い気分になりそうです。

     また、同シリーズにはF☆☆☆☆のファインパーフェクトトップという「耐久性の高さ」が自慢の油性塗料もあります。バラの香りはないですが、臭いもあまりなく、塗り替え時の安心につながります。このように、臭いの少なさと耐久性の高さが両立できる塗料もあります。

    パーフェクトトップシリーズについて詳しくはコチラ
    外壁塗装と一緒に屋根塗装も行えば臭いの発生機会を減し、費用の節約にもなります

     外壁塗装と屋根塗装を同じタイミングで行うことで、臭いの発生回数を減らすことができます。しかも、足場代も一回分で済むため、費用を節約できます。

    リフォーム工事をまとめると 足場の費用も1回で節約。塗料の臭いの発生回数を 減らせる!

     屋根塗装と外壁塗装は、おおまかな工事の流れは同じです。それぞれを別の時期に行う場合、数年ごとのサイクルで「臭いの発生」に不安を感じることになります。外壁塗装と同時に屋根塗装を行えば、臭いの発生機会は半分に減らせます。

    外壁塗装と屋根塗装を別々に行った場合、臭いの 発生機会は5年に一度
    外壁塗装と屋根塗装をまとめた場合、臭いの 発生機会は10年に一度

     また、耐用年数の長い塗料を選んだ場合、15~20年の塗装サイクルにすることもでき、コスト面でも近隣への配慮としてもおすすめできるメンテナンススパンです。
     昔は耐用年数20年もの塗料はありませんでしたが、「F☆☆☆☆」という塗料で身体的負担、コスト面の負担のどちらもカバーできると言えるでしょう。

    脅威の耐用年数を誇る遮熱塗料スーパーセランIRについて詳しくはコチラ

     日ごろ、窓を開けて部屋の空気を入れ替える方が多いと思います。塗装工事を行う際、業者に何も伝えなければ養生で窓が開けられなくなる場合があります。
     窓や扉を開閉できるように養生する方法もありますので、遠慮せずに「外壁塗装工事中に窓を開閉したい」と伝えておくことをおすすめします。

    工事中も窓の開け閉めをして換気ができるように養生をすることも可能

     窓を開閉できるように養生してもらったとしても、「開けていいタイミング」と「開けてはいけないタイミング」を聞いておくことが大事です。工期は天候次第でずれ込みますから、工事の進捗を把握することも忘れてはいけません。外壁塗装期間中には、工事の進捗とともに、どこの窓なら開閉してもいいかも報告してもらいましょう。

    程によって開閉できる窓が限られますので窓の開閉の可否を報告してもらいましょう

     気軽にできる換気の方法もあります。養生をしていても開けやすい箇所、玄関などから空気を取り込みつつ、室内側の淀んだ空気を外に追い出すです。扇風機やサーキュレーターを使って屋外へと空気が循環できれば、気軽に換気ができます。

    43-7

     しかし、外から取り込む空気の流れが弱い場合もあるでしょう。換気の大きな目的は「室内の空気と外の新鮮な空気の入れ替え」ですから、外からの空気が入らない日などは逆効果になる可能性もあります。あまり効果が感じられない場合には、日を改めるようにしましょう。
    外壁塗装時の塗料の臭いは、どちらかと言うと低層階に溜まる傾向にあるので、玄関扉等を通じて換気を試してみましょう。

    暖房で室温をできるだけ上げた後に、換気扇や扇風機で強制的に換気

    45-10

    ●シンナーの臭いに効果的な消臭スプレーもある

     近年、どんどんラインアップが増えていく消臭スプレー。お部屋用、トイレ用、車用など、どんな臭いを消臭するか目的別に多々あります。なんと「シンナーの臭い用」という消臭スプレーまで販売されています。外壁塗装を行うときに合わせて準備しておけば、臭いが気になるときにお部屋で使うことができます。

    点検・お見積りは街の外壁塗装やさんへ

    46-8

     外壁塗装において、塗料の臭いが気になるのは「中塗り」から数日程度です。その期間、なるべく在宅しないようにするのもいいでしょう。臭いの悩みが少し軽くなります。
     でも「工事中に不在にするのは不安…」というケースもあるかもしれません。そこで、朝の工事開始時間に塗装業者と打ち合わせを行い、作業が終わる時間を聞いておき、合わせて帰宅するのもいいでしょう。ほんの数日間、外出をして過ごすのもおすすめです。

     街の外壁塗装やさんでは、お客様が安心できる連絡方法をお伺いしています。対面で打ち合わせするのはもちろん、電話やメールなど、お客様のご希望に合わせて柔軟に対応させていただきます。お客様がご不在のケースでも、しっかりと作業内容についてお伝えしし、ご安心いただけるよう心掛けています。

     塗料の臭いの感じ方には個人差がありますが、街の外壁塗装やさんで施工したお客様の多くは「思ったよりも臭いがしない」「あまり気にならなかった」とおっしゃっています。もし、ご近所で外壁塗装をされているケースがあったら、少し近づいてみて実際の臭いを確認してみるのもおすすめです。

    街の外壁塗装やさんでは毎日の作業のご連絡を致します。お客様がご不在でも不安や負担をかけません。

     外壁塗装期間中、「外干ししても大丈夫?」「部屋干しやコインランドリーなどを利用すべき?」など、洗濯物の扱いについて気になる方もいるでしょう。外干しして塗料の臭いがつかないのか?塗料が飛んだりしないか?日常生活で必ず発生する洗濯に関わることですので、非常に重要です。

    48-8

     通常、これまでベランダやバルコニーなどの屋外に洗濯物を干していたケースでは、外壁塗装期間中は屋外に干すことはできません。塗装が終わるまでは部屋干しになってしまうでしょう。ただし、敷地が広く、お庭がゆったりとしていれば、建物から離れたスペースに洗濯物を干せるケースもあるかもしれません。風の流れによっては塗装時に塗料が飛び散ってしまうといったトラブルが起きる可能性がありますので、飛散した塗料が付着しないよう養生した上であれば、洗濯物を干すことは不可能ではないでしょう。
     “洗濯物への臭い移り”は、あまり心配いりません。極端に風向きが悪いケースを除いて、衣類が塗料の臭いを吸着することはないでしょう。ただし、“臭いに敏感な方”は少しばかり塗料の臭い気になるかもしれません。

     塗装期間中に洗濯物の外干しができるかどうかは、塗装する建物の形状や環境によってケースバイケースです。塗装前に塗装業者に相談してみることをおすすめします。

    49-8

     大人と違って体が小さいお子様や赤ちゃん、ペットがいる方は塗料の影響が心配ですよね。基本的には問題ありませんが、塗装時に普段の様子と変わったことがないか気を配ることは大事です。基本的には目を離さないようにしましょう。また、ペットの場合には個体差が大きく、なんともなかったという方もいらっしゃいますし、元気がないような気がしたという方もいます。もし、塗装時に体調が悪いような雰囲気が見られたらペットホテルなどを利用することもご検討ください。

     そして、臭いの少ない「F☆☆☆☆」で「水性塗料」を選んでおくと安心です。

    赤ちゃん・小さなお子様ペットなどがいるお家は臭いが少ないF☆☆☆☆や水性塗料がおすすめです!

    臭いなどの不安があるからこそ、親身になって相談に乗ってくれて、工程をしっかり説明してくれる業者を選びましょう!

     不安を抱えたままでは、なかなか外壁塗装に前向きになれませんよね。それに、塗装が始まっても、外の様子が気になって仕方がないかもしれません。「塗料の臭いが不安」というお客様がいたら、それを取り除けるよう親身に相談を受けてくれて、外壁塗装の工程を詳しく説明してくれる業者選びがとても大事です。

     街の外壁塗装やさんは、これまでにたくさんのお客様のお住まいの塗装を行ってまいりました。外壁塗装をしたいけれど不安がある…、そんなお客様の不安を解消し、安心して外壁塗装を行えるように考えてまいります。まずは、無料点検をご活用ください。現在の状況をしっかりとチェックし、ご希望や環境に合わせて最適な塗料を提案いたします。工程も事前にしっかりとご説明いたしますので、疑問があればお申し付けください。

    街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください!
    街の外壁塗装やさんの無料点検をご利用ください!
    外壁塗装の各工程について詳しくはコチラ

    外壁塗装時の気になる塗料の臭いのまとめ
    • ・外壁塗装の臭いは「中塗り」「上塗り」工程で発生します

    • ・一般的な規模の戸建ての場合、中塗りと上塗りには2日かかります

    • ・塗料を塗ったあと、どのくらいの期間臭いが残るかは塗料によって変わります

    • ・外壁塗装の臭いが心配なときは、臭いの少ない塗料を選びましょう

    • ・臭いが少ないのは「F☆☆☆☆」という記載がある塗料です

    • ・塗料に含まれる溶剤の種類の違いでも、臭いの強弱は変わります

    • ・最も臭いが少ないのは「F☆☆☆☆」と「水性塗料」の組み合わせです

    • ・塗料独特の臭いを打ち消すため、バラの香りがする塗料もあります。

    • ・塗装回数が増えれば、その回数分臭いが心配になります。「外壁塗装」と「屋根塗装」を同時に行うことで、少しでも臭いの発生する頻度を減らしましょう

    • ・業者によって対応はバラバラですが、「窓を開けたい」というお客様のために、窓が開閉できるような養生もできます

    街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

     街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイトへ移動します。

    街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

     街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

    お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ